貧しい家に生まれたエミーネは、エルトゥールル帝国の後宮で皇太后に仕える女官。美しいと評判の姉の代わりに後宮へと差し出されて以来、コンプレックスを持ち、煌びやかな後宮で常に目立たぬようにふるまってきた。新帝の即位を祝う宴で、ラレンデ君侯の世子バヤジットから皇太后の情報を教えてほしいと頼まれる。彼の大胆さに驚くエミーネだが、後宮を一生出られないという絶望の中、バヤジットの間者となる決心をする!

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社X文庫ホワイトハート
ページ数
224ページ
電子版発売日
2014年02月21日
紙の本の発売
2013年12月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

惑いの鳥籠 ~身分違いの恋人~

ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年03月19日

エルトゥールル帝国シリーズ4作目。
1作目の囚われの歌姫と同じ時期、政変のその時の話。
政変のあたりをもっと詳しく読みたかったのでうれしい。
あっちのほうでああいう駆け引きがあったのかあ、とか、にやける。

このレビューは参考になりましたか?

惑いの鳥籠 ~身分違いの恋人~

Posted by ブクログ 2014年01月07日

よかったと思うけど、ヒロインの性格がちと暗すぎて辛かった。暗いというか、あとがきでも書かれてた通り、後ろ向きって感じ? まあ元々大人しい性格の子が後宮なんて場所で育てば、そうならざるをえないのかもしれないが。終わり方はたとえ小さくても確かな一歩って感じで好感触でした。

このレビューは参考になりましたか?