赤き騎士と黒の魔術師

赤き騎士と黒の魔術師

作者名 :
通常価格 583円 (530円+税)
紙の本 [参考] 586円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

女騎士と、怪しい魔術師の不思議な恋

実は、私たちの知らない裏の世界で、魔術師が活躍してるって知ってますか?災厄が起こらないよう、魔術師達が、あらゆる術を駆使して、この世を守ってくれているのです。
だから、魔術師の身に危険が訪れてしまうと、この世の全てが統制を失ってしまう。そこで魔術師を護衛する、騎士が必要になってくるのです。
 バレット王国イチバンの魔術師・ユハは、他の国からも一目置かれる凄腕の魔術師。しかしその反面、とんでもなく変人で、護衛の騎士達が、つぎつぎと辞めていってしまうのだ。いつ起きるとも知れない、ユハの身の危険。ユハの魔力を欲して他国の人間が掠いにこないとも限らない。だから、時間をおかずに騎士を立てなくてはならないのだ。最後の切り札として、士官学校一、腕の立つ女騎士ビビアナに指令が下り、ユハをお守りすることに。
変人魔術師ユハと、はりきり豪腕女騎士・ビビアナ。最初は、はりきりすぎて失敗してばかりのビビアナ。しかし、ビビアナの一生懸命さに、ユハが心惹かれ始め・・・

※この作品は底本と同じクオリティのイラストが収録されています。

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ルルル文庫
ページ数
256ページ
電子版発売日
2013年04月19日
紙の本の発売
2012年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

赤き騎士と黒の魔術師 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年02月24日

    くまの柚子さんのイラストに惹かれて購入。

    お風呂の時間にちまちまと読み進めていました。

    コバルト文庫の「橘屋本店閻魔帳」シリーズでくまのさんを知って。

    で、このシリーズは和風なので、登場人物たちのほとんどが和装なんです。

    色っぽい弘人もかわいい美咲ちゃんも基本着物。

    他の作品でくまのさんの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月22日

    こういう話好みなのかも。何かがツボにはまったらしく、かなり楽しめました。
    熱血天然主人公なラブコメ。

    出だしは空気読めない感じの主人公にちょっと引きましたけど、すごい勢いでガンガン突き進んでくれるから、吹っ切れて楽しくなりました。サラッと書いているけど、コウモリをピーーーできるヒロインは貴重だと思...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月30日

    無駄に熱い女騎士・ビビアナと超インドア引きこもり魔術師・ユハ。騎士として誰よりも熱い心を持ち、「教官殺し」という異名を持つほどの熱血娘ビビアナはある日、上官から地下に引きこもり毎日怪しげな魔術を研究する偉大な魔術師ユハを地上へ連れてくるよう命令を受ける。ユハは恐ろしい噂がつきまとう変人魔術師で、彼を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年07月31日

    ひきこもりの魔術師を外に出すべく、新米騎士が奮闘する物語なのですが、なかなかの熱血女の子が面白かったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月17日

    主人公のキャラがしっかりしているわりに、魔術師であるユハの立ち位置がややあやふや。
    ツンデレの引きこもりかというと、それほどでもないし、天然という訳でもなし。
    次巻以降に更なる展開があるか?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月28日

    ラブ成分が足りない。やたらと元気で空振った女の子主人公は変な意味で面白くはあるけど、ユハの性格が微妙で、はっきりと変わった性格であるディノとの絡みの方が楽しかったかも。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年02月25日

    最初はテンション高めの主人公、ビビアナにちょっと引き気味でしたけど、突出しすぎて、途中から気にならなくなりました。

    ビビアナとユハが初めて出会ったとき、コウモリを捌いて、内臓とか血とかっていう描写が続いて、普通ならウェーって感じになるはずが、ビビアナの気合い入りまくりの行動に、全然嫌な感じにならず...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています