メル友に誘われて、まぶらいの島にやってきたひろみ。魂がその人を護るという島で人々と暮らす日々。不登校を続けるひろみの心も癒されていく…。第50回毎日児童小説コンクール最優秀賞作品。

ジャンル
出版社
くもん出版
ページ数
189ページ
電子版発売日
2014年02月21日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

まぶらいの島

Posted by ブクログ 2010年07月10日

 あらすじは、不登校をしているひろみが、パソコンを通じて知り合ったメル友に誘われて、奄美の加計呂麻島までやってくる。そこでは、ひろみを捨てた母が民宿のオーナーを勤めていた。短い間だが、島に住み、島の人たちと触合っていくうちに、ひろみの心もゆっくりと癒されていく――。
 という感じ。ひろみの鬱積、屈折...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?