フェルメール 静けさの謎を解く

フェルメール 静けさの謎を解く

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

レンブラントやゴッホと並び、いまやオランダを代表する画家になったフェルメール。彼には“静謐(せいひつ)の画家”という異名が冠せられている。しかし、「なぜフェルメールの絵が静かなのか」という問題が真正面から語られたことはなく、専門書にもその理由は記されていない。本書は、フェルメールの絵における色彩や構図、モチーフ、光などへの考察をはじめ、17世紀オランダの時代背景や精神文化に至るまでを分析し、フェルメールの静けさの謎に迫る。【目次】はじめに/第一章 フェルメールブルー/第二章 構図と素材の秘密/第三章 女たちの姿態/第四章 剥奪される意味/第五章 穏やかな光、霞む空気/第六章 静けさを描くことの理由/第七章 静かでないフェルメール/あとがき

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社新書
ページ数
232ページ
電子版発売日
2014年01月17日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
17MB

    Posted by ブクログ 2012年10月31日

    フェルメールの特徴を「静けさ」という観点から述べている一冊。フェルメールの絵の魅力の秘密が分かりやすくまとめてあるので、フェルメールに興味のある人は読んでみたらいかがだろうか。個人的にはデ・ホーホとテル・ボルフの絵画を一度見てみたいと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月29日

    フェルメールと同時代のオランダを生きたテル・ボルフやデ・ホーホが登場するのが肝。個人的にはフェルメールよりお気に入りの画家だ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月27日

    何でもそうですが、絵画鑑賞には周辺知識が必須。それが絶対的に不足していると痛感しましたわ。
    それにしてもデルフト眺望はmasterpieceと呼ぶに相応しい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月02日

    フェルメールはなぜ"静謐の画家"と呼ばれるのか。

    分析の対象として
    《窓辺で手紙を読む女》
    《牛乳を注ぐ女》
    《窓辺で水差しを持つ女》
    《青衣の女》
    《真珠の耳飾りの少女》
    《天秤を持つ女》
    《真珠の首飾り》
    といった作品がメインで取り上げられています。

    フェルメールの絵画が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月08日

    フェルメールの絵は何度か観にいったことがあったけど
    こんな見方もあったとは!

    「牛乳を注ぐ女」の窓はほんの少し割れている。
    これが一番印象に残りました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月02日

    大事だよね謙虚さって。自分がちょっと調子のいいときは、ついつい大きな声を出してしまいがち。そんなときに客観的・俯瞰的に自分を見れるかどうか。この本を読んでふとそう思った。

    フェルメールの絵は凛として静謐。フェルメール絵画の「静けさ・静謐さ」にスポットをあてた新書。主にピーク期の絵中心。青衣の女あた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年02月27日

    先日、フェルメール・センター銀座の「フェルメール光の王国展」に行き、「真珠の首飾りの少女」しか知らなかった私ですが、すっかりフェルメールの絵に魅せられてしまいました。
    もっとフェルメールについて知りたいと思い、手にした本。
    『フェルメールの静けさの謎を解く』
    彼には”静謐の画家”という異名が冠せられ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています