ぼっちゃまのため、ばあやは少女になりました。一人暮らしの古糸史(こいとふみ)の家に、ひとりの少女がやってきた。二十代も半ばの彼にむかって、ぼっちゃまと呼びかけるその少女。自らを史の実家で家政婦をしているハッカばあやだと名乗るが、ハッカばあやこと夏焼鳩子は、御年数えで八十歳。目の前の少女は、せいぜい小学二、三年生。どうみても、ばあやのはずはないのだが。若返ったおかげでぼっちゃまのお世話ができると、本人はいたって気楽な様子。
少女で老女、老女で少女のハッカとぼっちゃま。どちらにせよ年の差な、ふたりの共同生活が始まります。

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
サンデーGX
ページ数
198ページ
電子版発売日
2014年03月17日
紙の本の発売
2013年09月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • 薄花少女(1)
    通常版 1巻 648円(税込)
    ぼっちゃまのため、ばあやは少女になりました。一人暮らしの古糸史(こいとふみ)の家に、ひとりの少女がやってきた。二十代も半ばの彼にむかって、ぼっちゃまと呼びかけるその少女。自らを史の実家で家政婦...
  • 薄花少女(2)
    通常版 2巻 648円(税込)
    見た目はかわいらしいおんなの子のハッカ。しかし、中身は御年数えで八十歳のハッカばあや。ひとり暮らしのぼっちゃまをお世話するため、不思議な薬で体だけ少女になったという。 少女と青年、老女と青年、...
  • 薄花少女(3)
    通常版 3巻 648円(税込)
    桜の花びらが舞う下でハッカが出会ったのは、自分と同じ制服姿の少女。どこか懐かしいのに、なぜか思い出せない…「うたかたの」 ぼっちゃまが物心つく前に亡くなった母親のお墓参りへ。ぼっちゃまの知らな...
  • 薄花少女(4)
    通常版 4巻 648円(税込)
    見た目はかわいらしいおんなの子のハッカ。 しかし、中身は御年数えで八十歳の“ハッカばあや”。 ひとり暮らしのぼっちゃまのお世話をするため、不思議な薬で体だけ少女になりました。 少女(ばあや)と青年...

薄花少女(1)

Posted by ブクログ 2018年04月15日

 「ロリババア」という特殊な属性がブームだそうだが、本作のヒロインであるハッカばあや(本名:夏焼鳩子)は正にそれだ。
齢80の老婆が怪しげな薬を飲んで9歳ぐらいの姿にまで若返るという多少ファンタジーな設定だが、かつて世話をしていた(多分)二十代の青年の家に押しかけて小さな体で必死に世話を焼く姿が微笑...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

薄花少女(1)

Posted by ブクログ 2017年06月30日

絵柄も内容も最高だった。
カラーページの色味といい質?といいツボを突きまくってくる。

頑張り屋で健気で妙に頑固で強気なハッカばあや可愛い…。
自分のおばあちゃんを思い出してしまう。

このレビューは参考になりましたか?

薄花少女(1)

ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年08月27日

青年と表紙の少女が二人暮らしをしている、何気ない毎日を描いた漫画。
表紙のロリ少女が、実は主人公の祖母。というところに罪深いものを感じます。
祖母なので、主人公のことをその幼少時代から良く知っていて、祖母目線から彼の幸福を願っている、という関係。「おばあちゃんあるある」感が味わい深いです。
ロリババ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

薄花少女(2)

Posted by ブクログ 2014年11月25日

漂う空気がたまりません。2巻もハッカの少女の見た目と見た目にそぐわぬ歳を得た女性らしさがとてもよかったです。ニーソックスのお話がとてもかわいかったです。

このレビューは参考になりましたか?

薄花少女(1)

Posted by ブクログ 2014年07月30日

ロリババアです。
ペド要素とノスタルジアがイイ塩梅に混ざり合っていて不思議な読後感があります。作者が女性というのも興味深い。

このレビューは参考になりましたか?

薄花少女(1)

Posted by ブクログ 2014年01月13日

 エロのない三浦靖冬なんて! とおもったらそういう邪念と関係なく綺麗な世界でした。『えんじがかり』が非エロとはいえ非常に邪念の湧く感じだったので。
 「萌え」とはまた違った、人形を愛でるような空気。

このレビューは参考になりましたか?

薄花少女(2)

Posted by ブクログ 2014年12月03日

1年待ったかいがありました。
今回はハッカとぼっちゃんの閉じていた空間に、それぞれが持つ外の世界との繋がりが隙間から入り込んで来たように感じました。その僅かながら開いた隙間によって物語のフィールドも拡がりはじめ、前巻よりも更に面白さが増したように思います。
それにしても本作に漂う、懐かしいような、切...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

薄花少女(1)

Posted by ブクログ 2013年11月04日

萌えとしても漫画表現としてもすごい。
あとは、この設定を活かしきる年齢による文化の違いをいかに物語にひきつけていけるか。
などと書きながら、やっぱりハッカの可愛さにくらくらしてしまうわたくし。

このレビューは参考になりましたか?

薄花少女(4)

Posted by ブクログ 2017年01月29日

もはや中身がばあやというエクスキューズをもとに、やりたい放題やっているようにしか思えなくなってきた。
いいぞもっとやれ。

このレビューは参考になりましたか?

薄花少女(2)

Posted by ブクログ 2014年11月28日

郷愁と、弩級の少女愛と。
うすーい紙を利用した本1ページ目の仕掛けなど。
またカバーを外したときの、表紙と裏表紙。

このレビューは参考になりましたか?