日蓮大聖人の仏法による民衆救済をめざして、一人立った創価学会第二代会長・戸田城聖。その真実の姿と、発展しつづける創価学会の歴史を描いた大河小説。(1巻概要)1945年(昭和20年)7月3日の夕刻、一人の男が、東京・中野の豊多摩刑務所を出獄する。軍部政府の弾圧によって投獄されていた、創価教育学会の理事長・戸田城聖である。そこで彼が見たものは、戦火に焼かれた国土であり、誤った宗教・思想に導かれた国民の悲惨な結末であった。彼は決意する。“民衆の真実の幸福を築くには、日蓮仏法を広宣流布していく以外にない”と。やがて日本は敗戦。戸田は、壊滅した学会の再建に踏み出す。「創価教育学会」の名称は「創価学会」に変更され、彼の出版社「日本正学館」には四散していた学会員が集い始める。11月18日、獄中に殉教した師・牧口常三郎会長の1周忌法要が営まれ、獄中で地涌の菩薩の使命を自覚した戸田は、「広宣流布は私がやる」と決意する。翌21年が明けると、戸田は数人の同志に法華経講義をスタート。彼を中心にした広布の歯車が、少しずつ動き始めた。(1巻目次)黎明/再建/終戦前後/占領/一人立つ/千里の道/胎動/歯車

ジャンル
出版社
聖教新聞社
電子版発売日
2013年11月29日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • 人間革命1
    通常版 1巻 734円(税込)
    日蓮大聖人の仏法による民衆救済をめざして、一人立った創価学会第二代会長・戸田城聖。その真実の姿と、発展しつづける創価学会の歴史を描いた大河小説。(1巻概要)1945年(昭和20年)7月3日の夕刻、一...
  • 人間革命2
    通常版 2巻 734円(税込)
    日蓮大聖人の仏法による民衆救済をめざして、一人立った創価学会第二代会長・戸田城聖。その真実の姿と、発展しつづける創価学会の歴史を描いた大河小説。(2巻概要)いかに遠くとも、広布の幾山河を踏破...
  • 人間革命3
    通常版 3巻 734円(税込)
    日蓮大聖人の仏法による民衆救済をめざして、一人立った創価学会第二代会長・戸田城聖。その真実の姿と、発展しつづける創価学会の歴史を描いた大河小説。(3巻概要)昭和23年元旦、同志の惰性を戒めた戸...
  • 人間革命4
    通常版 4巻 734円(税込)
    日蓮大聖人の仏法による民衆救済をめざして、一人立った創価学会第二代会長・戸田城聖。その真実の姿と、発展しつづける創価学会の歴史を描いた大河小説。(4巻概要)1行目に「生命論 戸田城聖」と書いた...
  • 人間革命5
    通常版 5巻 734円(税込)
    日蓮大聖人の仏法による民衆救済をめざして、一人立った創価学会第二代会長・戸田城聖。その真実の姿と、発展しつづける創価学会の歴史を描いた大河小説。(5巻概要)昭和26年5月3日、事業の苦難をすべて...
  • 人間革命6
    通常版 6巻 734円(税込)
    日蓮大聖人の仏法による民衆救済をめざして、一人立った創価学会第二代会長・戸田城聖。その真実の姿と、発展しつづける創価学会の歴史を描いた大河小説。(6巻概要)昭和27年4月27、28日には、総本山で「...
  • 人間革命7
    通常版 7巻 734円(税込)
    日蓮大聖人の仏法による民衆救済をめざして、一人立った創価学会第二代会長・戸田城聖。その真実の姿と、発展しつづける創価学会の歴史を描いた大河小説。(7巻概要)昭和28年、戸田は7万世帯の達成へ、年間5...
  • 人間革命8
    通常版 8巻 734円(税込)
    日蓮大聖人の仏法による民衆救済をめざして、一人立った創価学会第二代会長・戸田城聖。その真実の姿と、発展しつづける創価学会の歴史を描いた大河小説。(8巻概要)破竹の勢いで邁進する学会には、幾千幾万...
  • 人間革命9
    通常版 9巻 734円(税込)
    日蓮大聖人の仏法による民衆救済をめざして、一人立った創価学会第二代会長・戸田城聖。その真実の姿と、発展しつづける創価学会の歴史を描いた大河小説。(9巻概要)舞台は北海道・小樽。地元の学会の中心者...
  • 人間革命10
    通常版 10巻 734円(税込)
    日蓮大聖人の仏法による民衆救済をめざして、一人立った創価学会第二代会長・戸田城聖。その真実の姿と、発展しつづける創価学会の歴史を描いた大河小説。(10巻概要)昭和31年初頭、山本伸一は一人、深い決...

人間革命5

Posted by ブクログ 2018年08月01日

第5巻は、第10巻のように、何度も読み返すべき内容を含む書であった。
朝鮮戦争の動向、それに伴う米ソ冷戦時代の幕開け、さらにそれと連動したGHQの占領政策の方向転換など、以前読んだ時には難しく感じられたところが、今回はよく理解でき、全般に渡って重要な示唆を含むのが第5巻であった。
それは、戸田先生が...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

人間革命10

購入済み

生きる勇気と希望が湧く

カメちゃん 2016年05月06日

日蓮大聖人様、牧口常三郎先生、戸田城聖先生や山本伸一さん、並びに全学会員さんの日日の言動に、真心と命の尊さや、人権の尊さ、並び、無限大に生きる勇気と希望が湧いてくるヒューマン・ドキュメンタリーの書という実感がします。宿業を使命に変と不幸に呻吟していた人々が正しい仏法に出会い、幸福になり境涯革命即ち人...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

人間革命6

Posted by ブクログ 2018年08月10日

人間革命第6巻は昭和27年が舞台である。
立宗700年祭を語る中では、大聖人の立宗について描かれている。
また、池田先生の結婚について描かれている。
しかし、多くのページを割かれていたのが、笠原慈行(小笠原慈聞)の事件である。
彼の神本仏迹論が、学会の弾圧につながり、牧口先生の獄死の原因になった。そ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

人間革命1

Posted by ブクログ 2018年05月16日

『人間革命 第1巻』のリライト版を初めて読んだ。
昔読んだときは、歴史的な件にはあまり興味がなかったが、今読み返してみると、GHQによる日本の間接統治と、そのもとで人々がどう動いていたかが学べて面白い。
敗戦の焼け野原の東京で、マッカーサーを「梵天くん」と呼び、「広宣流布のときが来た」と確信する戸田...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

人間革命2

Posted by ブクログ 2018年06月02日

第2巻は、山本伸一青年と戸田城聖の出会いである。
山本伸一青年の質問は3つ。

①正しい人生とは?
牧口先生の価値論で言えば「善」にあたるのが、この質問であろう。戸田先生の答えは「仏法を実践してみたまえ」であった。
何が正しいかは時代によって変化する。しかし、最善とすべきものがある。それさ生命である...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?