巣鴨プリズン 教誨師花山信勝と死刑戦犯の記録

巣鴨プリズン 教誨師花山信勝と死刑戦犯の記録

作者名 :
通常価格 1,015円 (税込)
獲得ポイント

5pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

敗戦直後、連合国軍によって巣鴨プリズンと名づけられた巣鴨拘置所に、数多くの人々が「戦争犯罪人」として収容された。ここの初代戦犯教誨師となった花山信勝は、彼らと接し、三四名の死刑囚の最期を看とった。東条英機、広田弘毅、そして若いBC級戦犯たちを見送る懊悩の日々の中、彼はこの過酷な任務をいかにとらえ、戦争犯罪をどううけとめて教導活動にあたったのか。回想をもとに心の軌跡を辿り、太平洋戦争について考える。

ジャンル
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
中公新書
ページ数
302ページ
電子版発売日
2013年11月29日
コンテンツ形式
EPUB

「巣鴨プリズン 教誨師花山信勝と...」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2017年08月23日

東京都豊島区東池袋の複合商業施設サンシャイン60。開業したのは
子供の頃だったので、以前、この場所に拘置所があったことを知らな
かった。

覚えているのは開業を伝えるテレビニュースを見ていた祖母が、テレ
ビ画面に向かって手を合わせていた姿だ。その姿を、きっと私は不思
議そうに見ていたのだろ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年04月11日

【目次】
はじめに [i-iii]
目次 [iv-v]
写真(昭和23年11月に撮影された巣鴨プリズン) [vi]

第一章 混乱と糾弾 003
第二章 つのる収容者のいらだち 053
第三章 教誨師の決断 095
第四章 懊悩の日々なおも 141
第五章 遺書の朗読 195
第六章 A級処刑と新聞...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年04月23日

巣鴨プリズンとは何だったのかを、巣鴨プリズンの教誨師を中心として書いたもの。巣鴨プリズンに入っていた人々はいわゆる犯罪者とは異なる。また、教誨師という仕事の物凄さも伝わってきた。とても興味深く読んだ。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは14,124

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!