東日本大震災の影響で甚大な問題を引き起こした福島第一原発。日本には50基以上の原発が存在する。地震大国であるこの日本に、どうしてこんなに多くの原発が建設されることになったのか。何か“カラクリ”があるに違いない―そう思った著者は調査を始めた。調べていくにつれ、政・官・司法の驚くべき癒着・天下りの実態が浮き彫りになっていく。時代遅れの危険な原発を阻止できない日本。「電力」という巨大な腐敗権力が、この国を破滅へと導くのか?
※本作品は紙書籍から口絵または挿絵の一部が未収録となっています。あらかじめご了承ください。
(底本発行日:2011/11/09)

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 中経出版
掲載誌・レーベル
新人物文庫
電子版発売日
2014年02月28日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

日本を滅ぼす電力腐敗

Posted by ブクログ 2012年04月05日

政・官・司法の驚くべき癒着、天下りの実態…

政・官・学・財・報の癒着のついてはよく取り上げられているが、司法については驚いた。
東芝に天下った司法関係者一覧…

このレビューは参考になりましたか?

日本を滅ぼす電力腐敗

Posted by ブクログ 2011年12月14日

主に電力会社と経産省あたりの人的なつながりを中心、電力にむらがる腐敗の構造を追求している。
自治体との融合や、裁判所判事と電力メーカーとの癒着などにもメスを入れている。それなりに読ませるが、その深層にもうちょっと迫ってほしいような気もする。

このレビューは参考になりましたか?