生物と細胞 細胞説をめぐる科学と認識

生物と細胞 細胞説をめぐる科学と認識

作者名 :
通常価格 1,987円 (税込)
紙の本 [参考] 2,484円 (税込)
獲得ポイント

9pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

科学的認識はどのようにして成立していくかを生物学の基本といえる〈細胞〉概念の過程にそって検証。その成果を適用して,生物の分野で初めて作られた仮説実験授業の授業書《生物と細胞》の最新版を完全収録。細胞説という科学の原理原則を楽しく学べます。
 「何をするにも目的意識が決定的に大事」「たのしい研究にはその成果を喜んでくれる仲間が必要」……といった,研究の本質と楽しさが伝わってくる研究物語も。

★★ もくじ ★★
〔1〕 授業書《生物と細胞》
1.生物と細胞
2.細胞と生物

〔2〕 《生物と細胞》研究物語
1.なぜ「細胞説」を研究したのか
2.〈細胞の発見〉から〈細胞説の提唱〉まで
3.いくらきれいなスケッチをしても細胞説は提唱できない
4.授業書案検討会 まえ&あと
5.〈赤血球〉の語源を調べる

ジャンル
出版社
仮説社
ページ数
238ページ
電子版発売日
2013年11月29日
紙の本の発売
1999年11月
コンテンツ形式
EPUB

「生物と細胞 細胞説をめぐる科学...」のユーザーレビュー

まだレビューはありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「宮地祐司」のこれもおすすめ

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,919

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!