漫画・うんちく書店

漫画・うんちく書店

作者名 :
通常価格 924円 (840円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

青年が本屋で立ち読みをしていると、トレンチコートの男が声をかけてきた。「知っているか? その本に挟まれた二つ折りの紙の名を――」。これを皮切りに、男の薀蓄が怒涛のように炸裂。書店員の習性や業界用語、誰もが知る大型書店チェーンや本の街・神保町についてまで、蘊蓄紳士「雲竹雄三」が語り倒す、うんちくコミック第2弾!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
メディアファクトリー新書
シリーズ
うんちくシリーズ
電子版発売日
2013年11月15日
サイズ(目安)
78MB

漫画・うんちく書店 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年10月18日

    毎日変わる平台、意外な本に出会える棚、静かなたたずまい。都心の大きな書店も、町の小さな書店も、本屋さんは魅力的な場所だ。この環境を維持するために書店の人々は努力を惜しまないし、それゆえ書店には、語りたくなる奥深い話が山とある。どこからともなく現れては薀蓄を語り倒す男、雲竹雄三の「うんちくシリーズ」第...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年07月23日

    「うんちくシリーズ」第2弾。雲竹雄三が本屋をテーマに薀蓄を語る。

    私は近い業界にいるが書店のことはほとんど知らないので、書店員あるあるが非常に面白かったし、在庫管理や流通の仕組みが参考になった。

    1ページの中で複数の薀蓄が、怒涛の勢いで語られる。セリフの割合が多いが、読むのに窮屈感はない程度。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月30日

    面白い!
    ビブリオものは、ミステリー等のなかに書籍、書店に関する蘊蓄を散りばめるのが常道なのだが、これはストレートに蘊蓄だけに絞っている。突如登場して蘊蓄を言いまくる雲竹雄三(うんちく ゆうぞう)と別居中の妻である雲竹優子(うんちく ゆうこ)の登場人物も魅力的だ。
    雲竹雄三はツイッターアカウント(@...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています