「スケッチ・トーキング」とは、相手の頭の中に絵を描くように話していく話術。言葉の意味だけでなく、その場の音や情景、話し手の感情までもイメージさせてしまうから、しっかり伝わり、ググッと話に引き込むことができるのです。

ジャンル
出版社
大和書房
ページ数
184ページ
電子版発売日
2013年10月18日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

「話がわかりやすい!」と言われる技術 スケッチ・トーキング

Posted by ブクログ 2012年06月03日

どうしたら、伝わる話し方が出来るんだろうって思ってた時に出会った本。
スケッチ・トーキングとは、絵を描くように話すことで、相手とイメージを共有する話し方。
客観的に事実を伝えながら、五感に響く言葉を選ぶことで、相手の感情を動かすことが出来るのです。
これがマスター出来たら、相手に伝わる、ググッと引き...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

「話がわかりやすい!」と言われる技術 スケッチ・トーキング

Posted by ブクログ 2015年10月13日

客観的に話す。アウトラインから話す。『すごい』など形容詞を動詞に起きかえる。『私は』を無くす。耳に聞き新しい言葉を使い注意を引き寄せる。
話し方の本の中ではピカイチで頭の中にすうっと入ってくる良書だと思います。
確かにビジネスの世界ではより簡潔に、自分の考えを述べることが必要とされているので、ビジネ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

「話がわかりやすい!」と言われる技術 スケッチ・トーキング

Posted by ブクログ 2012年07月07日

ラジオDJが解説する、ちゃんと伝わり引き込む事ができる技術=スケッチ・トーキングとは何か。

この本の著者はラジオのDJ、もともとはあがり症で人見知りのサラリーマンだったそうですが、ラジオで話せるようになったちょっとしたコツ。これがスケッチ・トーキング。
今回初めて聞いた言葉ですが、聞き手をその場に...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?