ハングルを読もう となりの国の文字

ハングルを読もう となりの国の文字

作者名 :
通常価格 1,296円 (税込)
紙の本 [参考] 1,620円 (税込)
獲得ポイント

6pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

朝鮮=韓国は日本に一番近い国。そこで使われている文字・ハングルは,今から500年ほど前に,セジョンという国王が「誰でもかんたんに読んだり書いたりすることができる文字をつくろう」と研究して創った文字です。
 この本は,問題に予想をたてながら,謎ときするように読み進めると,数時間でハングルが読めるようになる,これまでにない入門書です。学校や家庭で,みんなで予想をたてながら楽しめます。もちろん一人で読んでも楽しめます。
 ハングルと仲良くなると,お隣の国が身近になるというだけでなく,世界がスーッと広がったような楽しさが味わえるでしょう!
 
★★ もくじ ★★
1 となりの国って?
2 さあ韓国の街へ行ってハングルを読もう
3 ハングルはどんなしくみの文字か
4 ハングルの「あいう」
5 ハングル24字すべて登場
おはなし ハングルの誕生とセジョン大王

ジャンル
出版社
仮説社
掲載誌・レーベル
オリジナル入門シリーズ
ページ数
92ページ
電子版発売日
2013年10月11日
紙の本の発売
2003年08月
コンテンツ形式
EPUB

「ハングルを読もう となりの国の文字」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2012年12月09日

 本書は,そのままコピーして配布しながら授業を進めることができるように編集されています。仮説実験授業の授業書の一つです。
 これまで,5,6年生を対象に数回授業をしてきましたが,どのときも,子どもたちから歓迎されました。おとなりの国の言葉を勉強するって,英語よりも楽しいんです。ハングルが,少しずつバ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「井藤伸比古」のこれもおすすめ

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,979

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!