まちの病院がなくなる!? 地域医療の崩壊と再生
作者名 :

1巻配信中

価格 1,641円 (税込)

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

夕張市の病院はなぜ崩壊したのか?自治体の財政難、医師不足などの要因により、地域医療の中核である自治体病院は崩壊の危機にある。夕張市立総合病院をはじめ、数々の病院再建に立ち会った著者が、自治体病院の破綻の原因を明らかにし、事例分析を通して防止や再生への道筋を示す。

ジャンル
出版社
時事通信社
ページ数
287ページ
電子版発売日
2013年09月20日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

まちの病院がなくなる!? 地域医療の崩壊と再生

Posted by ブクログ 2011年12月17日

元埼玉県職員の著者が自治体病院破綻の原因を明らかにし、打開への処方箋を探った本である。愉快な内容ではないがとても面白い。出来るだけ公正冷静に語ろうとしているのには好感がもてる。本書は医療分野だけでなく、行政全般の改革のためにも参考となる重要な本でありオススメです

このレビューは参考になりましたか?

まちの病院がなくなる!? 地域医療の崩壊と再生

Posted by ブクログ 2008年08月18日

2008/8
地方自治体の医療行政に関った著者が、全国の主な事例を深く取り下げ、自治体医療、というよりも現在の医療界を取り巻く問題について適格に書かれている。ステレオタイプの公務員批判などからだいぶ離れた次元での問題提起など、医療行政に関わっていなくても自治体職員としてはぜひ読んでおくべき。

このレビューは参考になりましたか?

まちの病院がなくなる!? 地域医療の崩壊と再生

Posted by ブクログ 2008年01月28日

自治体病院の危機的状況についての本。力作ではある。自治体病院がここまでダメになった理由としては、コンビニ的医療を当然と思う住民エゴや小児医療の無料化に代表される需要の増加による現場の疲弊、訴訟の頻発による防衛医療、療養病床のうち介護型13万床を全廃し、医療型25万床も12年後までに15万床に減らすと...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?