お金の哲学

お金の哲学

作者名 :
通常価格 576円 (524円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

お金を手にして、なおかつ幸せに暮らしたいと思ったら、
いいお金といい関係を築くこと。

あなたが手にするお金は、あなたがどれだけの人を喜ばせたかで決まります。
言い換えれば、どれだけの人を幸せにし、豊かにしてきたかです。
そういう人だけが、お金に好かれ、本当に豊かな人生を送れるのです。

本書は、巷にあふれる「こうすれば儲かる」というような本ではなく、
お金の根本を理解し、お金といい関係を結び、お金に好かれるための本です。
うわべだけの稼ぎ方の模倣本ではなく、もっと根本的なことをお伝えする本なのです。

それは、お金の本質や、お金の哲学といったものです。
著者は、世間一般の収入の感覚から言えば億万長者と言えますが、ただ富を築いただけではありません。
世界中の貴族・王族・政治家・実業家・アーティスト・アスリートなどの大富豪や成功者を見、交わり、
また自らのビジネスではたくさんの人を成功させ豊かにしてきたのです。

その著者だからこそ語れる、
「お金とともに歩む、本当に豊かな人生への道」が、この本では語られています。

私たちは実は、お金というものに関しての考えが、普段からあいまいです。
しかし、お金に関するスタンスや考え方があいまいなままでは、
お金を稼ぐことも儲けることもなかなか難しいと言えます。
つまり、「お金オンチ」ではだめだということです。
お金を稼ごう、自分が望む収入を手にしようと思うなら、
自分なりのお金に関する哲学というものがなければ無理なのです。
そして、それがないために、せっかくセンスはあるのに、
本来は取れるはずの収入が取れていない人もたくさんいるのです。

この本を読んで、お金に関する基本的かつ根本的な考え方と、
それを応用して自分なりのお金の哲学を身につける方法をぜひみつけてほしいと思います。


*目次より
◎「お金がなくても幸福に生きられる」の本当の意味
◎中島薫流「お金の法則」
◎人にはそれぞれのお金のものさしがある
◎「お金脳」のつくり方
◎ツイてる人をマークするのはお金持ちへの近道
◎お金持ちになれる人となれない人は、ここが違う
◎人が喜ぶとお金も喜ぶ
◎お金の神様に好かれる方法

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 自己啓発
出版社
サンマーク出版
電子版発売日
2013年08月16日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

お金の哲学 のユーザーレビュー

    購入済み

    凄いです!

    ゆき 2016年04月27日

    感動でした

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月06日

    【キーアイデア】
    人を喜ばすためにお金を使う

    【目的】
    お金に対する価値観を身に付けるため

    【引用】
    ・お金が足りないというのは生き方の努力が足りないということ
    ・マークするのは「あなたはどうしてそんなにお金持ちなんですか」と聞かれたときに、「実はね」という物語を持っている人です
    ・お金がないと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    【要旨】
     お金とは後からついてくるものであり、「努力に応じた報酬」である。お金が足りないというのは、お金に対して努力が足りていないということ。だからこそ、お金の入り方も重要である。
     お金はただ沢山あればよいというものではない。自分のサイズに合った幸せがあるはずである。お金は自分らしく生きるた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月01日

    ・お金とは、自分らしく生きるための予算でしかない
    ・貧乏人の方がお金を持った時の勘当は大きい
    ・好きなことで生きてたら、つらい。けど、いつか成功する。好きだから、成功するまで頑張れるから。
    ・収入を増やせる環境で働くべき
    ・嫌だけどとりあえず従った結果、成功するということが起こりうるメンターをみつけ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月16日

    ためになることが多く書かれていましたが、自慢話(?)も多く、そちらのほうがより印象に残ってしまいました。まだ自分自身が小さいですね。
    良い本であることは間違いないです。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年07月11日

    チェック項目13箇所。お金に関するスタンスがあいまいなままでは、お金を稼ぐことも儲けることもなかなか難しい。お金自体は平等だけどそれが何かいろいろな不平等をたくさん生む。お給料が少ないからと言える人は、少ないということを知っていてそれで足りないのは生き方の努力が足りない、今までの自分の生き方が手ぬる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています