1分間コトラー 顧客を虜にする戦略的マーケティング77の原則

1分間コトラー 顧客を虜にする戦略的マーケティング77の原則

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

本書は、マーケティングの神様=フィリップ・コトラーのメッセージを77個紹介する語録集。そのメッセージを通して、通勤時間や待ち時間など、「スキマ時間の1分間」を活用して、コトラー流マーケティングをマスターすることができる。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネス教養
出版社
SBクリエイティブ
ページ数
184ページ
電子版発売日
2013年08月23日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
10MB

関連タグ:

1分間コトラー 顧客を虜にする戦略的マーケティング77の原則 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年12月13日

    タイトル通りサラッと読めます!マーケティングってマーケセクションの人だけがやるもんじゃないはずなので、マーケ担当者以外の人にも読んでいただきたいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月28日

    ・勝者を決めるのは競合他社ではなく、顧客なのである。
    ・すべての企業は、サービス業でなければならない。
    ・直接顧客に奉仕していないとしたら、直接顧客に奉仕している人に奉仕すべきだ。
    ・販売は製品が完成してスタートする。マーケティングは製品が存在する以前にスタートする。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月18日

    印象は「コトラーのマーケティングについての"あらすじ"」といったイメージです。
    マーケティング初心者の私にも分かりやすかったのですが、それにしても情報が少ないので入門書にしては少し物足りない気も・・・
    とはいえコトラーの名言をいろいろメモしたので、これを元に他の書籍を読んでみたい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年06月27日

    授業で紹介されたコトラ―のマーケティング理論を知りたくてこの本を手に取りました。見開きを1分で読めるとてもお手軽な本。導入にはぴったりな1冊だと思います!
    「販売は製品が完成してスタートする。マーケティングは製品が存在する以前にスタートする。」

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月13日

    マーケティングの神様=フィリップ・コトラーのメッセージを77個紹介する語録集。

    第1章 「顧客優先とサービス」がうまくいく
    第2章 「販売と利益」が最大化する
    第3章 「成長と製品」がリンクする
    第4章 「情報と未来」が的確に見えてくる
    第5章 「マネジメントとコスト」の問題解決
    第6章 「イノベ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月03日

    コトラーをこれから読んでみたいと思い、手始めに読みました。まず、ざっくりとエッセンスを把握できました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月18日

    マーケティングといえばコトラー。そのエッセンスを集めた本ですが、いいとこ取りばかりで、名言集っぽくなっています。コトラーのここが大事だとか、課題だとか、もう少し考えさせてくれる内容だとよかったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月30日

    消費者の信頼は企業ではなく他の消費者に移りつつあるとの解説を読んで、日頃の行動を見直そうと思いました。
    「なぜおたくから買ったほうがいいのか」という質問に答えることができる営業マンでありたい。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年11月16日

    ・ユーザー(顧客)ファーストであること
    ・目先の利益に囚われず長期的な信頼関係を築くこと
    ・自らの事業を壊せなければ未来は見えない
    ・景気が良い時ほどコスト意識を
    ・新しいアイデアは時間と場所を選ばない
    ・ビジョンを明確に、そしてブランドを理解してくれる人材を採用すべき

    当たり前のようで、日々仕事...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています