中華文明の歴史が嘘をつくり、その嘘がまた歴史をつくる無限のループこそが、中国の主張する「中国史の正体」なのである。だから、一つ嘘を認めれば、歴史を誇る「中国」は足下から崩れることになる。中国の歴史とは巨大な嘘なのである。だからこそ、中国人は死んでも真実の歴史を認めない。

ジャンル
出版社
産経新聞出版
ページ数
240ページ
電子版発売日
2013年08月28日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

中国人が死んでも認めない捏造だらけの中国史

ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年02月09日

読み始めてとりあえず筆者の背景を確認してしまう。なるほど台湾の人か・・・中国史を忘却の彼方にやっていた私としては文章が当初宇宙後。
思わず受験のときに使用していた現代史の教科書をパラ見(苦笑)でもまあ常識のように書いてある歴史的事実(つくられた)の詳細はそんなにわからない。
難しいながらもなんとか読...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

中国人が死んでも認めない捏造だらけの中国史

Posted by ブクログ 2013年01月05日

自分が知っている中国史は、いつ誰がつくったものだろうか。
歴史というのはおよそ、時の権力者が都合の良いように書き換えてきた。それは中国史をみるまでもない。この著者がここで暴露していることも果たして事実と言えるのだろうか。僅かな事実の上に、大いなる虚偽が隠されているのかもしれない。
歴史の真実はどうし...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?