上海 大陸精神と海洋精神の融合炉

上海 大陸精神と海洋精神の融合炉

作者名 :
通常価格 749円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

90年代に急成長した上海。そこは古来、漢民族が定住しシルクロードへと続く中央の大陸世界と、貿易が盛んな南方の海洋世界とを繋ぐ、文明の交差点だった。本書の第1部では、上海の歴史をひも解く。国内と海外の市場を結び、東アジア経済の中心をなす地勢の形成。そして時の政権や中国特有の自然の作用などによる発展と停滞。こうした変遷から、上海という街の本質に迫る。第2部では、筆者の留学体験や、政治・経済・社会・思想・文化の動向などをまじえながら、人材や資本が流入する街と人の魅力を探る。ホームレスの身から巨万の富を築いた浙江(せっこう)商人。企業の生産拠点を移しつつある台湾人。身一つで出稼ぎにくる安徽(あんき)人。租界(そかい)時代さながらに進出する外国資本…。様々な人間によってもたらされる多様な外来文化を取り入れ、ボーダレスなネットワークを築く上海人。その開け放たれた可能性を気鋭の中国研究者が読み解く。

ジャンル
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHP新書
ページ数
340ページ
電子版発売日
2013年03月22日
コンテンツ形式
XMDF

関連タグ:

Posted by ブクログ 2010年02月22日

さぁ行くぞ、上海。
ということで予習の第1段。
歴史から学びました。
が、結構内容がどっしり書いてあるのでやや難しい。
でも上海の成り立ちや、中国内・世界での位置づけを認識するには面白い本だったと思います。

あとは頭の中でイメージされた上海とどれくらい一致したり違いがあるかを楽しみにします。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています