灼熱の小早川さん

灼熱の小早川さん

作者名 :
通常価格 627円 (570円+税)
紙の本 [参考] 628円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

小早川さん。仲良くなったらなんになる?

人間関係も勉強もそつなくこなし、万事如才ない高校生となった飯嶋直幸(いいじま・なおゆき)。県下でもトップレベルの進学校に入学した彼は、なに不自由ない学園生活を手にした。

 そんな飯嶋くんの前に立ちはだかったのは、クラス委員の小早川千尋(こばやかわ・ちひろ)。自らクラス委員に立候補し、邪魔なので副代表は不要と言いはなった眼鏡女子だ。席は中央最前列。

 常にテンション高め、キレキレの彼女に、戯れに協力を申し出てみた飯嶋くんだったが、それは思いのほか純な反応で受け容れられてしまった。小早川さんの内面を知った飯嶋くんは、彼女を翻弄しにかかるのだが……。

 Key所属の原画家・樋上いたる氏が企画原案を担当したPCゲーム『Rewrite』では、竜騎士07氏、都乃河勇人氏とともにシナリオを担当。アニメ企画進行中の『人類は衰退しました』、読者はもちろん各界人より絶賛された『AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~』に続く、田中ロミオのライトノベル作品第3弾!

※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / ガガガ文庫
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ガガガ文庫
ページ数
272ページ
電子版発売日
2013年04月19日
紙の本の発売
2011年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

灼熱の小早川さん のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年09月12日

    数々の国宝級18禁ゲームを世に送り出してきた伝説的シナリオライター・田中ロミオ氏が手がける学園ドラマ。コメディに比重が置かれていた『AURA 〜魔竜院光牙最後の闘い〜』とはテイストが異なり、本作は一年間を通じて男女の関係変化を実直に描いた恋愛小説となっている。主人公・飯嶋直幸は規律を重んじるクラス代...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月16日

    懐かしや学校生活。

    いやー、こんな学校生活は絶対に送りたくない。送りたくないけど、ちょっとかっこいいかも。

    よくあるラノベとすると、ヒロインの心理描写がかなり少ない。こういうの珍しい。

    複数のテーマで書かれているのもすごい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月18日

    アウラと主人公とヒロインの関係は似ている。抱えているものは少し柔らかくなった感じで、その分小早川さんが可愛い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月07日

    『AURA 〜魔竜院光牙最後の闘い〜』と表面的には似ているけど、扱われているものはぜんぜん別物だった。

    こちらはもっと「政治」的な学園コメディで、スクールカーストによる集団同士の対立構造はなく「集団」と「個」が対立している。

    一人一人だと普通に話せる生徒であるのに、集団になったとたんに愚劣に堕落...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月05日

    「政治」を学ぶのに、今の地域の学校にいく必要ってあるんだろうか?

    そんな風に思った本なんで、他の人に読ませたいんだが、いかんせんラノベなのでそこに集中されると困るんだよね……

    どうなんでしょう?

    面白くて一気に読んだけれど。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月06日

     「クラス崩壊」は私も経験があって、よく理解できた。はやく静まって欲しいのに、呆然とした先生があきらめて出て行ったことがあった。私が所属するクラスはいつも一番やんちゃでごんたでダメなクラスだった。だから常に私もダメな人間のように思えていた。一番落書きが多く、一番私語が多いところに、中学から高校までず...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月09日

    『AURA』と同じく高校というある年齢集団が集う学校環境が舞台の人間関係もの

    「恋愛」という小説分野わけがあるのだから
    広く包括して「人間関係」という小説分野があってもよさそうだが
    人間が読み手である以上人間関係を描かない小説もないわけか
    登場人物が作者視点のほかに人間のいない小説でも作者と読者は...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月16日

    人間関係も勉強もそつなくこなす主人公。
    何不自由ない学園生活に水を差したのはガチガチに規律を守ることをモットーとするクラス代表小早川さんだった。

    簡単に感想を言うと

    『小早川さん最強!』

    といったところかな(笑)
    最後の展開のみ不満だったけど、それ以外の展開はありえる学園生活っぽくて面白かった...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月03日

    AURAに続いてですが前作に比べればリアリティに満ちた本作。ただ細部まで描写が行き届いているかは...
    ブログのくだりや仲違いの間のこと、もう少し肉付けしてほしかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年07月24日

    面白いです。一気読みしました。
    内容についてあれこれ語るのは無粋というものでしょう。

    終盤が若干物足りない感じがしましたがこれは無いものねだりなのかな。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています