まだ見ぬ地球外生命 分子生物学者がいざなう可能性の世界

まだ見ぬ地球外生命 分子生物学者がいざなう可能性の世界

作者名 :
通常価格 2,024円 (1,840円+税)
獲得ポイント

10pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

SFファンの分子生物学者と楽しむ「生命の起源と進化」をめぐる思考実験

系外惑星で生命が誕生している可能性は?
その生命はどんな進化を遂げる?
ところで、地球人類の未来は?
地球外生命の起源と進化の可能性は、地球のそれらを手がかりに探ることができる。生命が誕生したのは、水のある地球が生まれたから。地球以外に生命はいるのだろうか。いるとすれば、どのような形をしているのか。SFに描かれるような知的生命はいるのだろうか。これから先、人類はさらなる進化を遂げるのか。SFファンの分子生物学者が、現在の科学的知識をもとに地球外生命の可能性や、人類の未来の可能性について思考実験を試みる。

【目次】
第一章 生命誕生のシナリオ
第二章 知的生命誕生の条件
第三章 天の川銀河での可能性
第四章 タイタンでの可能性
第五章 地球の生物に似ている可能性
第六章 最新科学で読むSFの想像力
第七章 地球人類のさらなる進化
第八章 SFが描く未来からの警鐘

【著者】
山岸 明彦
1953年、福井県に生まれる。東京大学大学院理学系研究科博士課程を修了。主な研究分野は極限環境生物、アストロバイオロジー、生命の起源と進化。ISS-JEM(国際宇宙ステーション・日本実験棟)で、宇宙生物学に関する実験研究プロジェクト「たんぽぽ計画」の代表を務めた。 著書に『生命はいつ、どこで、どのように生まれたのか』(集英社インターナショナル)『基礎講義 遺伝子工学Ⅰ』(東京化学同人)『アストロバイオロジー』(丸善出版)共著に『対論! 生命誕生の謎』(集英社インターナショナル)などがある。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 理工
出版社
株式会社dZERO
電子版発売日
2022年11月28日
サイズ(目安)
7MB

まだ見ぬ地球外生命 分子生物学者がいざなう可能性の世界 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング