美容整形手術で鬼の目にされた女/読者体験!本当にあった女のスキャンダル劇場Vol.4

美容整形手術で鬼の目にされた女/読者体験!本当にあった女のスキャンダル劇場Vol.4

作者名 :
通常価格 220円 (200円+税)
獲得ポイント

1pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

【41歳・OLの体験】雅美(まさみ)と敦子(あつこ)は小学校時代からの親友で、お互いに成人して社会人になってからも仲良くつきあう間柄だったが、双方の職場の愚痴や不満を言い合ううちに「じゃあ二人で仕事辞めちゃおうか!」ということに。そしてそのタイミングで一緒に京都を旅行するのだが、そのおもな目的は敦子の美容整形手術だった。実は敦子は幼い頃から自分の細い一重の目にコンプレックスを抱いており、京都の病院の評判を聞いて今回の旅行先を選んだのだ。そしてついに念願の手術を受け、これでパッチリ二重の明るい顔に生まれ変われると期待に胸膨らませるのだが、包帯をとったその顔はなんと、見るも無惨なまるで『鬼の目』を思わせるグロテスクさだった――…!(※本コンテンツは合冊版「読者体験!本当にあった女のスキャンダル劇場Vol.4-1~特集/絶対に許せないヤツ」の内容と重複しています。ご注意ください)

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
女性マンガ
出版社
ユサブル
掲載誌・レーベル
スキャンダラス・レディース・シリーズ
電子版発売日
2021年10月01日
サイズ(目安)
34MB

新刊オート購入

美容整形手術で鬼の目にされた女/読者体験!本当にあった女のスキャンダル劇場Vol.4 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

読者体験!本当にあった女のスキャンダル劇場Vol.4 のシリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • 美容整形手術で鬼の目にされた女/読者体験!本当にあった女のスキャンダル劇場Vol.4
    【41歳・OLの体験】雅美(まさみ)と敦子(あつこ)は小学校時代からの親友で、お互いに成人して社会人になってからも仲良くつきあう間柄だったが、双方の職場の愚痴や不満を言い合ううちに「じゃあ二人で仕事辞めちゃおうか!」ということに。そしてそのタイミングで一緒に京都を旅行するのだが、そのおもな目的は敦子の美容整形手術だった。実は敦子は幼い頃から自分の細い一重の目にコンプレックスを抱いており、京都の病院の評判を聞いて今回の旅行先を選んだのだ。そしてついに念願の手術を受け、これでパッチリ二重の明るい顔に生まれ変われると期待に胸膨らませるのだが、包帯をとったその顔はなんと、見るも無惨なまるで『鬼の目』を思わせるグロテスクさだった――…!(※本コンテンツは合冊版「読者体験!本当にあった女のスキャンダル劇場Vol.4-1~特集/絶対に許せないヤツ」の内容と重複しています。ご注意ください)
  • ザ・差別婚~家柄と学歴に苦しめられて~/読者体験!本当にあった女のスキャンダル劇場Vol.4
    【35歳・専業主婦の体験】看護師として働いていた真紀(まき)は、篠宮洋二郎(しのみや・ようじろう)という男性に見初められ彼のもとに嫁ぐのだが、そこはとんでもない家だった。なんでも代々続く由緒正しい武家の家柄で、最高権力者である姑は後継ぎの洋二郎のことを「18代目」と呼び、さらには孫の勇馬(ゆうま)のことを「19代目」と呼んで可愛がり、同じ孫でも女の子の美加(みか)とは明らかに差別するという時代錯誤ぶりだった。それでも、やさしい洋二郎のことを愛する真紀は、まるで使用人のような嫁入り生活に耐え続けるのだが、ある日大事件が…! 数千万円の値打ちがあるという家宝の香炉が紛失し、それを盗んだのはおまえだろうと姑に言いがかりをつけられたのだ。もちろん身に覚えのない真紀は激しく否定し、それは真紀の実家まで巻き込んだ大騒動に発展していくのだった……。(※本コンテンツは合冊版「読者体験!本当にあった女のスキャンダル劇場Vol.4-1~特集/絶対に許せないヤツ」の内容と重複しています。ご注意ください)
  • 他人の性生活に土足で踏み込む狂信女/読者体験!本当にあった女のスキャンダル劇場Vol.4
    【36歳・主婦の体験】主婦の清乃(きよの)はある日偶然、思わぬ人物と再会する。彼女は須磨子(すまこ)といい、実は清乃が昔入信していたとある新興宗教団体の信者仲間だった。清乃はもともと両親に無理やり入信させられたこともあって、結婚してからはどんどん教団から離れていったのだが、須磨子のほうはまだ信仰活動を続けているようだった。この再会を機に二人は度々会って話すようになり、須磨子の明るい人柄もあって清乃は次第に彼女に対して心を開くようになっていく。ところがその挙句須磨子は、34歳になるのにまだ子供がいない清乃夫婦の性生活のことにまで口出ししてくるようになり、さすがの清乃も怒りを露わにするのだが、須磨子の非常識すぎる言動はこれだけでは収まらなかった――…!(※本コンテンツは合冊版「読者体験!本当にあった女のスキャンダル劇場Vol.4-1~特集/絶対に許せないヤツ」の内容と重複しています。ご注意ください)
  • 弟家族は寄生虫!~もうガマンの限界です~/読者体験!本当にあった女のスキャンダル劇場Vol.4
    【26歳・自営業の体験】野田里子(のだ・さとこ)は26歳の独身で、両親の経営する小さな部品工場の仕事を手伝っていた。不況のなか苦しい経営だったが、それでもなんとか家族三人で平穏に暮らしていた。ところがそこへ思わぬ疫病神が…! かつて勝手に家を飛び出した弟のワタルが、妻のルイ子と幼い息子のユタカを連れて転がり込んできたのだ。仕事は辞めてしまったといい、自分が工場のほうを手伝うし、妻のルイ子に家事は全部やらせるから実家の一部屋に住まわせてほしいと懇願され、両親は渋々承諾するのだが…フタを開けてみるととんでもない! ワタルは気分次第で工場の仕事をサボりまくるわ、ルイ子はいい加減な性格で家事などからっきしだわ…これじゃあ話がちがうじゃないの! 堪忍袋の緒が切れた里子と両親は弟夫婦を厳しく追及するのだが――…!?(※本コンテンツは合冊版「読者体験!本当にあった女のスキャンダル劇場Vol.4-1~特集/絶対に許せないヤツ」の内容と重複しています。ご注意ください)
  • 実の母親に処女膜を張れと言われて/読者体験!本当にあった女のスキャンダル劇場Vol.4
    【45歳・専業主婦の体験】専業主婦の田辺真知子(たなべ・まちこ)は、物心ついた頃から実の母親のことを嫌い、疎んじていた。それというのも昔から母は真知子の言うことをいっさい信用してくれず、いつもウソつき呼ばわり…おかげで真知子は少しでも早く母親のもとから離れたくて、結婚して家を出ようと見合いをするのだが、そのとき母から言われた言葉も衝撃的だった。「アンタ処女よね? もし処女じゃなかったら病院へ行って処女膜張り直してもらわないと。相手に失礼だからね!」…実の娘にそんなこと言う!? 一事が万事だった。その後も母親からさんざんな目に遭い続けた真知子は、ある日とうとう逆上! 「アンタの老後の面倒なんて絶対に見ない!」と言い放つのだが――…?(※本コンテンツは合冊版「読者体験!本当にあった女のスキャンダル劇場Vol.4-1~特集/絶対に許せないヤツ」の内容と重複しています。ご注意ください) 

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

スキャンダラス・レディース・シリーズ の最新刊

無料で読める 女性マンガ

女性マンガ ランキング