定年夫が退職金3千万円を失くしました/人生の選択を迫られた女たちVol.5

定年夫が退職金3千万円を失くしました/人生の選択を迫られた女たちVol.5

作者名 :
通常価格 220円 (200円+税)
獲得ポイント

1pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

その日、西原(にしはら)家の面々…母親と、長女の春英(はるえ)、次女の夏英(なつえ)、三女の冬英(ふゆえ)…の四人はごちそうを用意し、世帯主である父親が会社から帰ってくるのを、今か今かと待ちかねていた。なんといっても今日は、父親が42年間勤めあげた会社を定年退職となり、退職金の3000万円を手に戻ってくる日なのだ。事前の取り決めでそのお金は家族五人で等分に分け合うことになっており、一人アタマ600万円…それぞれがあれこれと使い道に想いを馳せ、あてにしていたのだ。ところが、ようやく帰ってきた父親の言葉に一同は愕然とする。「通帳とカードを失くして、手元には現金で受け取った50万円しか残っていない…」さて、茫然自失の家族の運命や如何に…!?(※本コンテンツは合冊版「人生の選択を迫られた女たちVol.5-1~特集/どうする!?突然の不幸」の内容と重複しています。ご注意ください)

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
女性マンガ
出版社
ユサブル
掲載誌・レーベル
スキャンダラス・レディース・シリーズ
電子版発売日
2021年09月01日
サイズ(目安)
44MB

新刊オート購入

定年夫が退職金3千万円を失くしました/人生の選択を迫られた女たちVol.5 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

人生の選択を迫られた女たちVol.5 のシリーズ作品 1~9巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~9件目 / 9件
  • 定年夫が退職金3千万円を失くしました/人生の選択を迫られた女たちVol.5
    その日、西原(にしはら)家の面々…母親と、長女の春英(はるえ)、次女の夏英(なつえ)、三女の冬英(ふゆえ)…の四人はごちそうを用意し、世帯主である父親が会社から帰ってくるのを、今か今かと待ちかねていた。なんといっても今日は、父親が42年間勤めあげた会社を定年退職となり、退職金の3000万円を手に戻ってくる日なのだ。事前の取り決めでそのお金は家族五人で等分に分け合うことになっており、一人アタマ600万円…それぞれがあれこれと使い道に想いを馳せ、あてにしていたのだ。ところが、ようやく帰ってきた父親の言葉に一同は愕然とする。「通帳とカードを失くして、手元には現金で受け取った50万円しか残っていない…」さて、茫然自失の家族の運命や如何に…!?(※本コンテンツは合冊版「人生の選択を迫られた女たちVol.5-1~特集/どうする!?突然の不幸」の内容と重複しています。ご注意ください)
  • セクハラの果てにダイエット死した女/人生の選択を迫られた女たちVol.5
    フリーライター・須崎(すざき)のアシスタントをしている由利(ゆり)ちとせのもとに、ある日友人・美湖(みこ)の訃報が届く。死因は神経性食欲不振症による重度の低血糖昏睡であり、世間的には『過剰なダイエットの果ての拒食症による死』という、いかにも美醜に執着する女の愚かさをあげつらうような取り沙汰され方をされていたが、それが事実ではないことをちとせは知っていた。美湖を死に追いやった本当の原因は上司からの悪質なセクシャル・ハラスメント被害にある――実はかつて、美湖の同僚だったちとせも同じ上司からのセクハラに苦しめられていたのだ。美湖の無念を晴らし、男社会である世にはびこるセクハラの実態を白日の下にさらすべく、今、ちとせの魂をこめた戦いが始まる――…!(※本コンテンツは合冊版「人生の選択を迫られた女たちVol.5-1~特集/どうする!?突然の不幸」の内容と重複しています。ご注意ください)
  • 私、介護奴隷じゃありません!~愚図でノロマな嫁の最後の決断~/人生の選択を迫られた女たちVol.5
    5才年上の会社の先輩・楢崎慎一(たるざき・しんいち)から突然プロポーズされ、玲子(れいこ)は驚いた。まだほんの数回食事をしたぐらいの付き合いなのに…彼のことを愛してるというわけでもないけど、玲子は受け入れることにした。昔から家族皆に愚図だノロマだとそしられてきた玲子にとって、慎一の「物静かで控えめで、しっかりしていて仕事ができて…玲子はオレの理想の女だ」という評価は、この上なく心に響くものだったから。そして楢崎家に嫁いだ玲子だったが、そこで姑から押し付けられたのは寝たきりの舅の介護という、まるで使用人のような役回りだった。しかも楢崎家にとって実は玲子は3人目の嫁で、前の二人はその介護奴隷のような生活に嫌気がさして出て行ったのだという。その待遇にとまどいながらも、一生懸命自分の務めを果たそうと励む玲子…しかし、一人の近所の嫌われ者の老婆との出会いが彼女の心の中にある変化を生んでいくのだった――…。(※本コンテンツは合冊版「人生の選択を迫られた女たちVol.5-1~特集/どうする!?突然の不幸」の内容と重複しています。ご注意ください)
  • 横暴夫の涙~亡き妻へのあふれ出る想い~/人生の選択を迫られた女たちVol.5
    元・内科のベテラン看護師だった本橋多江子(もとはし・たえこ)は、実母の介護も終わり、子育ての手も離れたということで、訪問看護師として再就職することになった。豊富な経験とスキルで順調に担当患者宅の信頼を得ていく多江子だったが、その中の一軒の脳卒中で倒れ片マヒとなった江尻茂太(えじり・しげた/72歳)という男性患者はちょっと難物だった。一代で会社を成功させた資産家ゆえに傲慢な性格で、妻に先立たれたあとは息子夫婦との関係も険悪という、非常に扱いづらい相手だったのだ。それでも、そんな江尻の気持ちに少しでも寄り添おうと心砕く多江子は、いつしか心開くようになった彼の、知られざる亡き妻への本当の思いの深さにふれることになるのだった――…。(※本コンテンツは合冊版「人生の選択を迫られた女たちVol.5-1~特集/どうする!?突然の不幸」の内容と重複しています。ご注意ください)
  • 玉子焼きに負けた不倫女/人生の選択を迫られた女たちVol.5
    水墨画家として活躍する萩野円(はぎの・まどか/29歳)はトビ職人の父親(60歳)と二人暮らし。母親は円が7歳のときに他界していた。そんな円は笹井優(ささい・ゆう/32歳)という画材屋の若主人と不倫の関係にあったが、妻がいて双子の女の子の父親である彼の本当の愛を勝ち得ているのは自分だという自負があった。彼にとって家庭はあくまで『生活』、『愛情』は私のほうにこそあるのだと…。しかしそんなあるとき、父が脳溢血で急逝してしまったことを境に円の生活は激変し、3ヶ月に渡って笹井と会わない時間が続いてしまう。すると、二人の関係性に微妙な変化が生じてきて――…?(※本コンテンツは合冊版「人生の選択を迫られた女たちVol.5-1~特集/どうする!?突然の不幸」の内容と重複しています。ご注意ください)
  • はまぎく~大津波と戦災を生きのび、女性デザイナーの先駆者となった波乱の生涯~/人生の選択を迫られた女たちVol.5
    昭和8年。東北の三陸海岸を大津波が襲い(「昭和三陸地震津波」)家屋の98%が倒壊、入江の村は更地状態になり、人口3000人のうち42%が死亡、その津波の高さは25メートルにも及んだという。そんな大災害の中、母親のとっさの機転によってタライに乗せられ九死に一生を得て生き残った一人の少女がいた。名前は中村菊(なかむら・きく)。実の家族が全滅した彼女は宮古市の小さな寺の住職夫婦に引き取られすくすくと育ち、その後太平洋戦争の苦難の中を生き延びながら、持ち前の絵の才能を開花させていく。やがて同じく絵を志し『図案家』として修業中の青年・浜口基輝(はまぐち・もとき)と出会った菊は恋に落ち結婚、二人の子供にも恵まれ幸せな暮らしを送るのだが、予期せぬ不幸はある日突然やってきた――…。東北が生んだ女性商業デザイナーの草分けとして知られる浜口菊の波乱と葛藤に満ちた人生をドラマチック&センシティブに描く、長編ヒューマン・ストーリーの決定版!(※本コンテンツは合冊版「人生の選択を迫られた女たちVol.5-2~特集/ああ、ドン底からの再出発!」の内容と重複しています。ご注意ください)
  • リストラ子連れ30男との恋…あり?ナシ?/人生の選択を迫られた女たちVol.5
    派遣社員として働いている水野涼子(みずの・りょうこ)は、かつて心底愛した男の子供を中絶し、その挙句に捨てられるという苦渋を舐めた過去があった。その男を見返すためにも誰よりも幸せになりたいと願い、よりいい肩書を持ちステイタスの高い男と結婚するべく努力してきたものの、その甲斐なく5度に渡る手痛い失恋を繰り返していた。そんなある日、アパートの隣室に相葉祥司(あいば・しょうじ)とその息子の光(ひかる)の父子が引っ越してくる。バツイチでしがない鉄工所勤め、しかもリストラの危機にあるというコブツキ30男の相葉は、普通なら涼子が歯牙にもかけない存在だったが、親しくなった光を介してその人間性にふれるうちに、特別な感情を抱いていくようになるのだった――…。(※本コンテンツは合冊版「人生の選択を迫られた女たちVol.5-2~特集/ああ、ドン底からの再出発!」の内容と重複しています。ご注意ください)
  • 余命短い失踪夫の帰還、そのとき妻は?/人生の選択を迫られた女たちVol.5
    迫田和人(さこだ・かずと)は、肉体労働で日銭を稼ぐしがない現場作業員だが、かつては父親を継いで二代目社長として自らの会社を率いる責任ある立場だった。しかし不運にも会社は倒産、すべての財産を失った挙句に自暴自棄になり、身勝手にも妻子を捨てて失踪した末に現在に至っていた。そんなある日のこと、長引く体調不良から病院を受診すると、告げられた診断はなんと肺がんで半年後の生存率はわずか20%という絶望的なものだった。がぜん妻子のことが恋しくなった迫田は、二人の住む場所近くの商店街のアルバイトでマスコットキャラの着ぐるみを身につけ、密かに見守ろうとするのだが、思わぬ事態が巻き起こって……!?(※本コンテンツは合冊版「人生の選択を迫られた女たちVol.5-2~特集/ああ、ドン底からの再出発!」の内容と重複しています。ご注意ください)
  • 陰キャ地味OLの自分改造大作戦/人生の選択を迫られた女たちVol.5
    伊達(だて)アキヨは建設会社の総務課で働く仕事のできるOLだったが、その地味で暗い性格が災いしてか、専務の伯父を持つ総務課のボス的存在のOL・二本柳(にほんやなぎ)まみを中心とするグループの格好のいじめのターゲットとなっていた。そんなある日のこと、アキヨは街で危ういところをリサ・相馬(そうま)というハーフの女性キックボクサーに救われ、自分とは真逆のその明るくたくましいキャラクターに憧れ、彼女のようになるべく同じジムに通うようになる。それが功を奏して日増しに自信を持てるようになっていくアキヨ…しかしそんなとき、驚天動地の事態が彼女らの上に降りかかるのだった…!(※本コンテンツは合冊版「人生の選択を迫られた女たちVol.5-2~特集/ああ、ドン底からの再出発!」の内容と重複しています。ご注意ください)

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

スキャンダラス・レディース・シリーズ の最新刊

無料で読める 女性マンガ

女性マンガ ランキング