世界ピクト図鑑 サインデザイナーが集めた世界のピクトグラム

世界ピクト図鑑 サインデザイナーが集めた世界のピクトグラム

作者名 :
通常価格 2,200円 (2,000円+税)
獲得ポイント

11pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

作品内容

※この商品は固定レイアウトで作成されています。お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいたうえでのご購入をお願いいたします。

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。


世界26 か国80 都市のピクトグラム約1000点の写真を収録した図鑑。駅や空港のサインデザイナーである著者が世界で撮影したピクトグラムの写真を項目別、国別に分類し、わかりやすく解説しています。
項目別のページでは、非常口やトイレなどのアイテム別にピクトグラムを分類し、国ごとの表現の違いを一覧できます。また、国別のページでは、イタリアのスリ注意やタイの僧侶用優先席の表示など、その国らしいピクトグラムも登場。ピクトグラムを通して、世界の文化や風習の違いを垣間見ることができます。
ピクトグラムの選定にかかわる専門家がユニークで鋭い視点からピクトグラムを紹介した今までにない一冊です。


タイプ・ディレクター、小林章氏推薦
「一般の旅行者の目線と専門家の目線とをあわせ持つ本」
この本は、これまでのサイン関係の資料と違って、サインデザインの専門家でない人たちと距離がとても近いです。標識のピクトグラム化された人物を「かっこいい」とか「カワイイ」とか言っているあたりはまったく一般人の感覚ですが、実はこの著者の児山氏は JSA(日本規格協会)とISO(国際標準化機構)の委員なのです。日本の主要な空港や交通機関のサインを手がけ、海外での会議にも参加している専門家の目線からの解説もありますし、国ごとの比較ができるように膨大なサインをテーマ別に分類してあるところも親切です。
巻末のエピソードでは、海外出張の空き時間を使ってサインの収集をしようと子供のように走り回る児山さんの姿が浮かんできます。道路標識の「止まれ」文字の各国での使われ方を集めてきた私には、その気持ちがよくわかります。この本のおかげで、私はいつでも世界旅行ができます!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
趣味・実用 / 伝統・芸能・美術
出版社
ビー・エヌ・エヌ
電子版発売日
2021年08月19日
紙の本の発売
2021年08月
サイズ(目安)
68MB

世界ピクト図鑑 サインデザイナーが集めた世界のピクトグラム のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年05月06日

    同じようなピクトに見えても微妙にお国柄がうかがえたりするのがなかなか興味深いと思った。
    これまであまり意識したことがなかったけれど、日本のピクトも気にして見てしまいそう。
    説明文の内容が正直で面白い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月24日

    著者もまさかオリンピック開会式でピクトグラムがあそこまで注目されるとは予想していなかったろうが(21.8.15発行)、時期に合った出版です。

    あるようでなかった図鑑。著者の最大の趣味は、街歩きや空港待ち時間でのピクト採取らしい。よって、同行の妻や仕事仲間からは「つまんないやつ」という評価らしい。で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月24日

    案内図記号の国際委員・国内主査の著者による、ピクトグラムについての真面目な写真集です。
    面白味を求めたものではなく旅先での研究資料収集といった内容なのですが、見ていて楽しいものもちらほらとありました。
    国によって微妙に異なるのは当然ですが、そこに絶妙な笑いも潜んでいます。
    言葉に頼らず相手に意味を伝...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月11日

     筆者が資料として撮り集めたピクトグラムが入った写真をまとめたもの。なので、生活に溶け込んだピクトグラムを見ることが出来る。ピクトグラム言えども国によって表現は様々。なのに、なんとなく分かる。改めておもしろさを感じた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月14日

    オリンピックで一躍話題になったピクトグラム。
    それを研究(というか愛好)する職業があることにまず驚き。

    五輪で最初にピクトグラムが採用されたのはなんと1964東京五輪のときだと書いてありまた驚き。
    だから2020東京五輪でああいうピクトグラムの演出があったのね。

    ジャンルや国別にさまざまなピクト...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 趣味・実用

趣味・実用 ランキング