旦那が突然死にました。

旦那が突然死にました。

作者名 :
通常価格 1,540円 (1,400円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品はファイルサイズが大きいため、Wi-Fi環境でのダウンロードを推奨いたします

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

【今日、あなたの大切な人が死んだら? だれもが経験する「大切な人の死」と真正面から向き合った、泣けて笑えるコミックエッセイ】

~結婚4年目、愛する夫が突然死んだ。
3歳と1歳の子どもを残して。
なんの予兆もない晴天の霹靂だった~

夫の突然すぎる死とその後の日々を綴った話題のブログ、待望の書籍化!


心が引き裂かれる痛み、悲しみ、
当たり前の日常を失った絶望。
生きている意味もわからない、
希望も見えない……。
自分の生き方を模索する一年目。

仕事復帰、
過酷なワンオペ育児と子ども達への苛立ち……。
大きな仕事への挑戦、プレッシャーのなか、
初めて子どもの道連れを考えた二年目。

卒園と入学、
ひとりで迎えた子どものハレの日。
自分で稼ぐ覚悟、
子ども達を育て上げる覚悟、
自分の力で生きる覚悟を決めた三年目。

死を考えるほどの悲しみ、苦しみ、怒りを
直球で描いた話題作。
愛する家族がいる人、
別れを経験した人、
孤独とたたかっている人……。
すべての人の心を打つ、
ほろりと泣けてくすりと笑える実話です。


〈本書の内容〉
■第1章 はじまり
■第2章 1年目
■第3章 2年目
■第4章 3年目
■第5章 これから
■第6章 きみへ

〈著者プロフィール〉
せせらぎ
33歳、結婚4年目で最愛の旦那と突然死に別れる。残された子は当時、3歳と1歳の男の子。ほぼ無職の状態で思いがけずのシングルマザーに。気持ちの吐露として始めたブログ「きみといっしょに」は、その飾らなすぎる正直な人柄が支持を集め、人気ブログになる。幽霊の旦那を心に抱え、思い通りにいかない人生と育児に一人向き合い生きている。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
エムディエヌコーポレーション
電子版発売日
2020年08月27日
紙の本の発売
2020年08月
サイズ(目安)
168MB

旦那が突然死にました。 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年09月01日

    この本に出会えて良かった。

    日頃、些細なことで悩み、
    そのことを引きずって貴重な時間を無駄にしている。

    くだらないことに悶々と悩むのではなく、
    大切な家族と過ごす時間や自分をハッピーにする時間を多く持ちたい。

    誰の人生でもない
    私の人生なのだから
    今を生きよう

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    泣いた泣いた…

    ふわふわちゃん 2021年03月19日

    終始泣きながら読みました。
    ストレートで偽りのない表現が余計に胸に響く…。
    私の母も、ある日突然旦那を亡くした人でした。
    当時3歳だった私はお子さんの目線にもなれるし、母親になった今はせせらぎさんの目線にも…。
    せせらぎさんの痛みが乗り移ったかのように
    胸がしめつけられました。
    遠回りでも苦しくても...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月31日

    読んで涙が止まりませんでした。
    大切な人が亡くなるのは突然で、今ある当たり前は奇跡なんだと気づくことのできる内容でした。

    日々をもっと大切にしようと思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月22日

    すごく心に残った。読んでよかった。
    筆者は、夫、子供2人の4人家族。普通の生活を送っていたのに、突然、夫が亡くなってしまった。
    今までの普通が、もう戻らない。当たり前は奇跡なのだと痛感した。
    私も、過去、ああすればよかったと振り返り、悔やむことが多い。悔やんでも仕方ないとわかっていても、考えてしまう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月23日

    夫と死別した人が語る「生きる意味」は重い。(本の構成上かもしれないが)時間が経つにつれ、まーくんを「そばで感じられる」ようになったことに救いを感じた。子供の成長が頼しすぎる。がんばってるお母さんをそばで見て育った彼らは、間違いなく良い子たちに育ちます。
    せせらぎさんガンバレ!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月08日

    号泣。(目腫れる)
    自分も小さい子供がいるのでより辛さが染みた。
    正直な言葉で語られた、死別者のエッセイコミック。
    作者の言うとおり、大切な人を大事にしよう。当たり前が当たり前にあると思わずに。
    今後、家族揃って過ごしてたあの時以上の幸せを感じることなんてない、ってわかって生きていくのってキツイなぁ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年12月30日

    わたしが描く未来予想図は、なぜかおじいちゃんおばあちゃんになってからで。
    でも最愛の人と、必ずしも一緒におじいちゃんおばあちゃんになれるわけじゃないと、当たり前のことに気づかされました。
    遠い何十年後の未来に目を向けるのではなく、電話したら声が聞けて、姿が見れて、抱きしめてぬくもりを感じられて。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年10月05日

    大切な人と死別した後の心の変化が言語化されていて、未知の世界だけれど想像して共感できる部分だけでも涙が出そうになった。旦那さんが死んだことは変わらないから、それを抱えて生きていくしかない。本当にそうだなぁと思った。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    子どもたちはどうなんだろう

    ユイ 2021年03月17日

    最愛の家族と早くに死に別れてしまうことは、本当に辛くて苦しかったことだろうと思います。
    読みながら、何度も泣いてしまいました。
    しかし、ひとつ気になったことがあります。お子さん達のことです。
    基本的にこのエッセイの中では、作者さんの辛い心境が綴られており、お子さん達がどのように感じていたか、な...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています