インデックス投資は勝者のゲーム ──株式市場から利益を得る常識的方法

インデックス投資は勝者のゲーム ──株式市場から利益を得る常識的方法

作者名 :
通常価格 1,980円 (1,800円+税)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

市場に勝つのはインデックスファンドだけ!
勝者への道はインデクスファンドを買い、永遠に持つこと!!
改訂された「投資のバイブル」に絶賛の嵐!

本書は、市場に関する知恵を伝える一級の手引書である。もはや伝説となった投資信託のパイオニアであるジョン・C・ボーグルが、投資からより多くの果実を得る方法を明らかにしている。つまり、コストの低いインデックスファンドだ。ボーグルは、長期にわたって富を蓄積するため、もっとも簡単かつ効果的な投資戦略を教えてくれている。その戦略とは、S&P500のような広範な株式市場のインデックスに連動する投資信託を、極めて低いコストで取得し、保有し続けるということである。

本書の第1版が出版された2007年4月以降、ひとたび下落した株式市場が、その後、上昇を続けるなか、ボーグルの運用方針は投資家に成果をもたらし続けている。今回の記念すべき改訂版第10版では、データが更新され、新たな情報も盛り込まれた。また、ボーグルはアセットアロケーションと退職後の投資に関する2章を新たに設けたが、初版からの一貫した長期的視点に変わりはない。

インデックスファンドに特化したポートフォリオこそが、株式市場のリターンから公平な分け前を効率的かつ確実に獲得する唯一の投資戦略である。この戦略はウォーレン・バフェットも支持するもので、彼はボーグルについて次のように語っている。「アメリカの投資家にもっとも貢献した人物を称えるための像を建てるとしたら、ジョン・ボーグルが選ばれることは疑いのないことだ。ボーグルは数十年にわたり、コストの極めて安いインデックスファンドに投資するよう投資家たちに呼びかけてきた。そして、今日、何百万もの投資家たちに貯金するよりもはるかに大きなリターンを獲得できることを知らしめたことを知れば、彼も満足するであろう。ボーグルは彼らの英雄であり、そして私にとっても英雄なのだ」

この最新版でも、これまでの版と同様、将来の財政的基盤を構築するための堅実な戦略を提示している。

●個別株やファンドの選択、またはセクターローテーションに伴うリスクを避けながら、広く分散された低コストのポートフォリオを構築する
●流行や派手な売り込みに流されることなく、現実世界で有効なものに集中する
●向こう10年での株式のリターンに対する期待を合理的なものにするために、株式のリターンは3つの源泉(配当利回り、利益成長、市場によるバリュエーションの変化)からもたらされることを理解する
●長期的には事業の実態が市場の期待を凌駕することを認識する
●コストが積み上げるのを避けながら、複利というマジックを操る術を学ぶ

インデックス運用を行えば、居ながらにして市場が働いてくれるのであるが、夢中になって株式を売買することで、勝者のゲームを敗者のゲームとしてしまう投資家があまりに多い。本書は、財政的な将来を築くための堅実な手引書である。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / マネープラン・投資
出版社
パンローリング
電子版発売日
2019年04月12日
サイズ(目安)
5MB

インデックス投資は勝者のゲーム ──株式市場から利益を得る常識的方法 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年06月21日

    資産運用方針についての本です。
    投資信託を始めるのであれば、読む価値は大いにあります。

    ↓↓↓

    ・株式市場ではインデックスファンドを推奨する
    ・仮に投資信託のパフォーマンスが平均以上であったとしても、長期的には、10年〜20年単位では、平均へ回帰する
    ・投資信託で市場平均を上回るという事は、他の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月19日

    ここ数十年の歴史が、ほとんどの確率インデックス運用がアクティブ運用に勝つことを証明してきた。世界初のインデックス投資信託を組成した(らしい)バンガードの創業者、ジョン・C・ボーグル氏が、これでもかというほどインデックス運用が優れた運用方法であるかを説いている。

    それでも人間たるもの自分が特別だと思...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月16日

    投資に成功してる人でも不安になったり、現状でいいのか感じることがあるらしい。
    ただ、ぼーっとしてるとだけというのともリスクになるのだと感じた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月04日

    ・極力コストを使わずに株式市場を買うインデックスファンドの長期保有が成功手段
    ・リターンは時間にとって味方、コストに関しては時間は敵である。
    ・数学が科学の基本であり安全な母
    ・ファンドマネージャーは交代するし長期続かない。ファンドを選ぶのは難しい
    → 株式市場の全銘柄をインデックスで買うのが賢明
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月27日

    投資の勉強中。理論立てて、これでもか、というくらいインデックス投資派の立場を主張。面白かった。
    これと橘さんの本を読むと、全部インデックス投資でいいんじゃないかという気にもなるけれど、逆に本当にそれでいいのかな、と一抹の不安も。他の立場の本も、色々読んでみたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月24日

    「幅広いマーケットを対象にしたコストの低いインデックス投資が最良」ということを、様々な観点から解説してる本。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月22日

    言い回しが難しくてなかなか頭に入ってこない。「とにかく安いコストのインデックスを長期間保持すること」が大事ってこと。
    ある程度知識があれば本の後半の方が得られる知識がある。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月25日

    インデックス投資の中で、どのようなものがいいのかを解説してくれる。
    ETFの意味合いが参考になる。トレードしないで長期保有すれば欠点を克服し、通常のインデックスファンドと同様に扱うことができ、信託報酬の低さという利点を享受できる。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング