月刊不動産流通 2020年 12月号

月刊不動産流通 2020年 12月号

作者名 :
通常価格 942円 (857円+税)
獲得ポイント

4pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※電子書籍版には、表紙画像や中吊り画像に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または一部の画像が修正されている場合がありますので、内容をご確認の上、お楽しみください。

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

年末恒例の特集「活躍する地場企業の戦略を探る」では、今年は過去にご登場いただいた6社を再取材。時代の変化とともに深化した営業手法や新たなチャレンジ、現在の経営戦略等についてレポート!寄稿は、コロナ禍発生により、ニューノーマルとなるこれからの時代、ワークプレイス、オフィスはどのように変化していくのか、変わらないものは何かなど、専門家が考察します。ぜひご一読ください。

カテゴリ
雑誌
ジャンル
ニュース・ビジネス・総合 / ビジネス
出版社
不動産流通研究所
電子版発売日
2020年11月05日
サイズ(目安)
56MB

新刊オート購入

月刊不動産流通 2020年 12月号 のユーザーレビュー

レビューがありません。

月刊不動産流通 のシリーズ作品

※予約作品はカートに入りません

1~85件目 / 85件
  • 月刊不動産流通 2021年 2月号
    NEW
    編集部レポート「動画活用で集客・成約アップ」では、YouTubeチャンネルを開設して独自の動画を配信し、自社のブランディングや集客などに成果を上げている不動産事業者を取材しています。特集「編集部が選ぶ!! 不動産業界2020年のトピックス」では、コロナ禍での不動産業界の取り組み、120年ぶりの民法改正、賃貸住宅管理業法の成立など、業界を取り巻くさまざまな変化を振り返ります。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 月刊不動産流通 2021年 1月号
    特集「空室を出さない! 賃貸管理ひと工夫」では、入居者との良好な関係づくりのため、他社にはないサービスやイベントを実施し、退去抑制や空室リスクの回避につなげている各社の取り組みを紹介しています。編集部レポート「不動産コンサルビジネス 最新事情」では、「不動産コンサルティング技能試験」制度が開始され四半世紀が経った今、不動産コンサルがフィーを受領できるビジネスとしてどのように花...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 月刊不動産流通 2020年 12月号
    年末恒例の特集「活躍する地場企業の戦略を探る」では、今年は過去にご登場いただいた6社を再取材。時代の変化とともに深化した営業手法や新たなチャレンジ、現在の経営戦略等についてレポート!寄稿は、コロナ禍発生により、ニューノーマルとなるこれからの時代、ワークプレイス、オフィスはどのように変化していくのか、変わらないものは何かなど、専門家が考察します。ぜひご一読ください。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 月刊不動産流通 2020年 11月号
    特集「コロナでどうなる?不動産市場」では、トレンド、マンション、既存住宅流通、賃貸住宅という4つの分野について、アナリストが「ウィズコロナ/アフターコロナ」を踏まえたこれからの市場を展望します。特別企画「ニューノーマル時代の接客マナー」では、「来店時」「接客時」「物件案内時」「内覧時」というシチュエーションに分け、今後求められる顧客対応のポイントを分かりやすく解説しています。...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 月刊不動産流通 2020年 10月号
    コロナ禍により、大手、中小事業者問わず、不動産流通業務の「テック化」が加速。物件情報の作成や申し込み、管理業務などの事務作業を、ITツールやRPA技術等で効率化する動きも活発化しています。特集では、そうした変化により流通業務や管理業務がどう変わっているのか、最新事情をレポートします!また、関連法規Q&Aと行政情報コーナーでは、「水害ハザードマップ」の重説義務化についてを取り上げます。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 月刊不動産流通 2020年 9月号
    トピック「新法成立で賃貸管理業は」では、6月19日に公布、1年以内に施行が決まっている賃貸管理業の適正化に関する法律について、その背景や内容を分かりやすく解説!行政や関係団体トップのコメントも掲載します。特集「こんなときどうする? 重説書類作成Q&A」では、弊社の「不動産業務 相談窓口」に寄せられた質問の中から、重要事項説明・重要事項説明書に関する内容をピックアップ。賃貸編・売買編に...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 月刊不動産流通 2020年 8月号
    特集は、コロナ禍で芽生えてきた「新しい生活様式」の中での不動産業の在り方を模索。マンション分譲、流通、注文住宅、管理、オフィス各分野の企業への取材から、「ウィズコロナ・アフターコロナ」の事業手法を考察しています。また、コロナ禍を受け、自然災害と感染症防止の両面を踏まえた不動産業のBCP(事業継続計画)策定・実践について、NPO法人事業継続推進機構理事長の丸谷浩明氏が解説!
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 月刊不動産流通 2020年 7月号
    特集「『コロナ』に負けるな! 営業現場は? 働き方は?」では、緊急事態宣言下、全国50社超の不動産会社の対応を取材しました。厳しい状況の中でも、さまざまな手段で「働き方」や「営業手法」を変え、地域で奮闘する事業者の姿を紹介。取り組みの中から新たなビジネスアイディアも!事業継続のための公的支援や海外事業者のコロナ対応についても掲載しています。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 月刊不動産流通 2020年 6月号
    令和2年度より改正された、住宅や土地に関する税制のポイントを紹介します。不動産仲介の営業現場において重要と思われる項目について、改正点と実務上の留意点について解説しています。その他、人気コーナー「宅建業者が知っておくべき『重説』に関する調査実務」では、既存マンションの売買について、専有部分の設備に関する紛争を解説するなど、実務に役立つ情報を多数掲載しています。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 月刊不動産流通 2020年 5月号
    解説「民法改正 ここだけは押さえておこう!10のポイント」は、弁護士・江口正夫氏が、賃貸管理、仲介の現場で実務上注意しておきたい重要ポイントをQ&A方式で分かりやすく解説します。編集部レポート「『二地域居住』『ワーケーション』で地方創生」では、個人や企業の間でニーズが高まる二地域居住(デュアルライフ)やワーケーションのニーズに応えつつ、ヒトやモノを地域へ誘致するビジネスを実践する...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 月刊不動産流通 2020年 4月号
    特集「どうなる?2020年の不動産市場」では、各分野の専門家が、マンション、戸建住宅、既存住宅流通、住宅リフォーム、オフィス、物流不動産等々…、それぞれの市場動向を分析し、予測しています。また、人気連載コーナー「宅建業者が知っておくべき 『重説』に関する調査実務」では、実務に役立つポイントを分かりやすく解説。既存マンションの売買における 「管理規約」の説明誤りに関する紛争について、...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 月刊不動産流通 2020年 3月号
    編集部レポートは「ICT活用で変わる不動産流通」。2017年10月、賃貸借契約でのIT重説の本格運用が開始され、19年10月には売買においても社会実験がスタートするなど、不動産流通の現場でICT活用が進展しています。そこで今回、日々の業務フローでICTを積極的に活用し、業務効率化や集客力アップにつなげている6社の取り組みを紹介! 特集は「物件案内、ひと工夫」。来店したユーザーに候補物件を見せるだけ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 月刊不動産流通 2020年 2月号
    編集部レポートは、「ビジネスが拡大!最新資格活用術」。「宅建マイスター」「公認ホームインスペクター」「空き家相談士」等々、注目されている資格にスポットを当て、資格を取得・活用することで、既存の事業を深化させたり、新たな領域にチャレンジしている事業者の取り組みを紹介します!特集は「編集部が選ぶ!!不動産業界2019年のトピックス」。四半世紀ぶりの不動産業ビジョン策定、モビリティサー...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 月刊不動産流通 2020年 1月号
    今号の編集部レポートは、「官民連携で進む 空き家対策」をテーマに、全国各地で不動産事業者と自治体が連携して挑む空き家対策をレポートします。行政による事業者の収益確保の仕組みづくりや、事業者による空き家物件の掘り起こし、入居希望者とのマッチングを図る手法などなど、各地の取り組みを紹介!特集は、「ハザードマップ有効活用法」。編集部が実施したアンケート結果と合わせ、不動産仲介・管理...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 月刊不動産流通 2019年 12月号
    毎年恒例の特集「活躍する地場企業の戦略を探る」では、各地の不動産会社の画期的な経営戦略、営業手法を紹介。付加価値賃貸の開発でまちに人を呼び込み、入居者・近隣住民同士の交流の場を設けて地域に活気を生む企業や、従業員の労働環境を改善し、残業を減らしても、売り上げ増に成功した企業など、全国11社をレポート。また、人気連載コーナー「宅建業者が知っておくべき『重説』に関する調査実務」で...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 月刊不動産流通 2019年 11月号
    入居者自身が内装を自由に造作できる「DIY 賃貸」。編集部レポートでは、仲介・管理する賃貸住宅でDIYを導入している不動産会社を取材。現状や導入の効果、ユーザーの反応をはじめ、DIYをサポートするオーナーの取り組みについても紹介します。少子高齢化、人口減少、ユーザーの価値観の多様化等、大きな変化の時を迎えている不動産流通業。座談会では、さまざまな取り組みに挑戦している 5人の若手実務者...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 月刊不動産流通 2019年 10月号
    2019年4月、外国人労働者の受け入れ拡大を目指して、改正入管法が施行されました。編集部レポートでは、改正による不動産業への影響を考察するとともに、新たな商機と捉え、動き始めた不動産会社各社の取り組みを取材。特集では、異業種から不動産業へ転身し、活躍している事業者を取り上げ、前職の経験を今の仕事にどのように生かしているのかをご紹介します!
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 月刊不動産流通 2019年 9月号
    近年、各分野で急速に参入が進むシェアリングエコノミーサービス。不動産業界でもそのサービス手法は多様化を見せています。編集部レポートでは、空き店舗の休業期間を利用した「間借り」や、空き家を活用した「多拠点居住」、倉庫の空きスペースを「個人の物置」にしたりと、「シェア」を軸に、空き室・空き家の有効活用に取り組む不動産事業者を取材!その詳しい仕組みや反響などは、誌面を要チェック!
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 月刊不動産流通 2019年 8月号
    不動産業の持続的な発展に向けた中長期ビジョン「不動産業ビジョン2030」が、この4月、国土交通省から公表されました。特集では、「不動産最適活用」の実現に向け、 不動産事業者はどのような役割を担うのかなどを考察します。編集部レポートでは、生産性の向上などを目的に、従業員の健康管理に取り組む不動産事業者を取材、その成果をレポートします。健康に役立つ知識を紹介する新連載「知ってお得! 健...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 月刊不動産流通 2019年 7月号
    近年、各事業者で急速に導入が進む「〇〇pay」などのスマホ決済サービス。今号の特集では、その仕組みについて分かりやすく解説すると共に、既に仲介の現場でサービスを導入した不動産事業者を取材!導入のメリット、課題などを、現場の取り組みを取材しました。編集部レポートでは、自社制作の広報誌やWEBメディア、SNSなどを活用し、顧客認知度の向上につなげている事業者を紹介します。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 月刊不動産流通 2019年 6月号
    平成31年度より改正された住宅や土地に関する税制のポイントを解説。不動産仲介現場において重要と思われる項目について、改正点や実務上の留意点についてまとめています。その他、人気コーナー「宅建業者が知っておくべき『重説』に関する調査実務」では、心理的瑕疵についての調査実務を解説するなど、日々の業務に役立つ情報を多数掲載しています!
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 月刊不動産流通 2019年 5月号
    30年余り続いた「平成」という時代。不動産業界でもさまざまな出来事がありました。今回の特集では、「不動産流通の『平成』」と題し、不動産流通、政策、分譲、賃貸管理、オフィスビル、マンション管理といった分野ごとに、平成時代における歩みを写真・年表などを交え解説します。平成の不動産業界の振り返りに。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 月刊不動産流通 2019年 4月号
    2019年の不動産市場はどうなるのか。マンション、戸建住宅をはじめ、住宅リフォーム、オフィスビル、リゾート等々…、各分野の専門家がそれぞれの市場動向を分析し、予測しています。その他、「地方創生・ストック活用の時代」が連載スタート!国の支援策等を利用し、遊休不動産を活用、地域の活性化へとつなげている不動産事業者の取り組みを紹介しています。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 月刊不動産流通 2019年 3月号
    運用開始から1年余が過ぎ、導入する事業者が増えてきたIT重説(ITを活用して重要事項説明を実施)。特集では、利用状況や効果などを事業者に取材し、有効な活用方法について探っています。編集部レポートでは、社内コミュニケーションの活性化など、風通しのよい職場環境づくりに取り組む企業5社を取材。社員のモチベーションや職場の変化、得られた成果などを紹介!課題解決型からユニークなものまで、ビ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 月刊不動産流通 2019年 2月号
    高齢者や障害者、シングルマザーなど、住宅確保に困難を抱えている人たちの入居を促進する「改正住宅セーフティネット法」施行から1年余が経過しました。同制度の現状と住宅登録事業者の取り組みのほか、「住宅弱者」といわれる人々に独自に住まいを提供している不動産会社の活動を取材。住宅弱者に向けた支援のあり方について探りました。特集では、2018年に起こった不動産業界のトピックスをご紹介します!
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 月刊不動産流通 2019年 1月号
    不動産業界でも活用が広がるICT、IoT、AI。営業の効率化や、これまでは不可能だった新たなサービスが提供できるようになるなど、不動産実務が変わりつつある。活用の現状を探るとともに、今後業界がどのように変わっていくのかを模索する。また、新連載では、建物の老朽化や入居者の高齢化等といった課題を抱える大規模住宅団地にスポットを当て、コミュニティの活性化など団地再生の取り組みをレポートする。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 月刊不動産流通 2018年 12月号
    毎年恒例の特集「活躍する地場企業の戦略を探る」では、各地の不動産会社の画期的な経営戦略、営業手法を紹介。被災地の“負”動産の活用提案で復興に貢献する企業や、相続発生前の「対策」をコンサルし業績を伸ばした企業など、全国11社をレポート。また、人気連載コーナー「宅建業者が知っておくべき『重説』に関する調査実務」では、生活関連施設の調査として「電気」について解説する。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 月刊不動産流通 2018年 11月号
    この夏、西日本各地を襲った「平成30年7月豪雨」。今号では、岡山、広島で被災した不動産会社に取材し、被害の実態や直後の対応、既存顧客のケア、みなし仮設入居への対応等について特集します。台風21号や北海道地震など、特に今年は災害が多く発生し、多大な被害を及ぼしています。いざという時に不動産会社は何ができるのか、また災害に備えてどういった準備ができるのか。必読のルポです。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 月刊不動産流通 2018年 10月号
    近年、借り上げ賃料の減額改定など、さまざまなトラブルがメディア等に取り上げられるサブリース事業。本来は、オーナー負担を軽くしながら効率的な賃貸経営が行なえるビジネススキームです。編集部では、既存物件のサブリース事業にスポットをあて、良好な運営を実現する事業者の手法を取材しました。特集記事は「駅から遠い」「狭い」など、条件の悪さを克服し、集客効果を上げている不動産店舗を紹介。...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 月刊不動産流通 2018年 9月号
    高齢化が進む中、後継者が見つからず事業継続に悩む経営者、廃業せざるを得ない不動産会社は少なくない。編集部レポートでは、事業承継を終えた5社を取材。承継にまつわる各社のストーリーを紹介する。特集は、不動産業でも活用事例が増えている「クラウドファンディング」。資金調達により既存ストックの活用につなげた不動産会社の事例を紹介し、狙いや注意点など、活用のポイントを探る。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 月刊不動産流通 2018年 8月号
    4月から宅建業法の改正により、不動産事業者には、既存住宅の売買契約時などに、買い主・売り主に対し、「インスペクション」(建物の状況調査)に関する情報提供が義務付けられました。編集部レポートでは、実務上の変化や顧客の反応、営業現場での対応方法などについて事業者に取材しています。特集では、若い起業家や新たなビジネスを支援する不動産会社を紹介。既存物件を活用したスペースの提供や、継...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 月刊不動産流通 2018年 7月号
    6月15日より、いよいよ解禁となる「民泊」。TOPICでは、宿泊施設不足の解消や空き家対策としても注目される民泊について、不動産事業者の取り組みや、地域特性によりさまざまな対応がみられる主な自治体の動きをご紹介!特集では、地場の不動産会社が、遊休不動産をさまざまな空間に再生させ、エリア活性化に貢献した事例を紹介しています。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 月刊不動産流通 2018年 6月号
    平成30年度より改正された住宅や土地に関する税制のポイントを解説。「取得したとき」「保有しているとき」「譲渡したとき」「相続・贈与があったとき」などについて、改正点や不動産業の実務上の留意点についてまとめています。その他、不動産トラブル判例を紹介する人気コーナー「適正な不動産取引に向けて」や「営業に役立つ建築基礎講座」など、日々の業務に役立つ情報を多数掲載しています。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 月刊不動産流通 2018年 5月号
    家具や小物で既存住宅を魅力的に演出する「ホームステージング」。より高い価格・早い成約を実現する営業支援手法として、注目が集まっている。編集部レポートでは、同手法に先進的に取り組む不動産事業者を取材。その成功ノウハウや注意点等を探りました。特集では、ネット時代にあっても効果を発揮する、紙の物件図面にスポットを当て、活用している各社の手法や工夫、その成果を紹介しています!
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 月刊不動産流通 2018年 4月号
    2018年の不動産市場はどのような動きをしていくのでしょうか。マンション、戸建住宅をはじめ、既存住宅流通、賃貸住宅、オフィスなど、各分野のアナリストがそれぞれの市場動向を分析し、今後を予測しています。その他、実務に役立つ情報コーナー「不動産登記の現場から」の連載もスタート!
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 月刊不動産流通 2018年 3月号
    ネットでの集客が主流の時代だが、優良顧客を得るためには、直接的な関わりや信頼関係の構築が重要となる。特集では、地域住民や顧客とのFACE to FACEの付き合いを通じ、不動産の潜在需要の掘り起しにつなげている地場不動産会社の手法を紹介します。また、編集部レポートでは、「DIY賃貸」に取り組む事業者等を取材、ユーザーニーズの実態や事業の可能性、課題について探っています。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 月刊不動産流通 2018年 2月号
    不動産特定共同事業法の一部改正をはじめ、まちづくりファンド、クラウドファンディングなど、空き家や空き店舗といった、ストック再生のビジネス手法に多様性が出てきました。そうした資金調達手法を解説し、地域の不動産会社のビジネス拡大の可能性について探っています。特集では、編集部が選んだ2017年の不動産業界のトピックスをご紹介します!
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 月刊不動産流通 2018年 1月号
    編集部レポートでは、入居者に長く住んでもらうための賃貸管理会社の工夫について、入居者の心をつかみ、入居率維持につなげている、一風変わった取り組みをご紹介。また、特集では、業歴13年から40年まで各地で活躍するベテラン実務者に「不動産業界で生きていこう」と決意したきっかけや、教訓としていることなど、体験談を語ってもらいました。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 月刊不動産流通 2017年 12月号
    企業の画期的な経営戦略、営業手法を紹介する特集「活躍する地場企業の戦略を探る」では、独自のサービスで紹介率45%超を獲得している企業や、働きやすさ向上で社員の定着率が上昇した企業など、全国10社の取り組みをレポートします。また、人気連載コーナー「知っ得!営業に役立つ建築基礎講座」では、自然素材を使用する場合の注意点について紹介しています。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 月刊不動産流通 2017年 11月号
    賃貸契約に関する取引について、10月から本格運用を開始した「IT重説」。特集では、IT重説の内容や具体的な手法、社会実験参加事業者が感じたメリット・デメリット等についてまとめています。また、特別企画では、建物の老朽化や居住者の高齢化などの課題に直面する「多摩ニュータウン」を取り上げて、“高齢者が健康に、生き生きと暮らすため”の活動に焦点を当て、産・官・民の取り組みを紹介しています。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 月刊不動産流通 2017年 10月号
    多様な就労形態やオフィス環境の実現によって生産性を向上させる「働き方改革」に着目。不動産業界各社の取り組みを紹介しています。また、9月1日の防災の日に合わせ、社内体制構築・顧客対応などさまざまなアプローチから、地場企業の防災対策を特集。さらに、「既存物件が生まれ変わる!」では、建て替えからリノベーションに方針を変え、築35年の賃貸マンションの賃料収入が1.6倍になった事例を取り上げ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 月刊不動産流通 2017年 9月号
    多様化する高齢者の住宅ニーズ。特集では「アクティブシニア」の悩みやニーズに着目し、ビジネスを手掛ける不動産会社の取り組みを紹介しています。また、前号から2回にわたって連載している編集部レポート<後編>は、既存住宅流通市場拡大に寄与してきた仲介事業者のサービスに焦点を当て、さらなる可能性について展望。さらに、行政情報コーナーでは、空き地・空き家関連のとりまとめ等について掲載して...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 月刊不動産流通 2017年 8月号
    これまでは、「新築を変えない人が買う」というイメージが強かった既存住宅。近年は、質の向上や情報開示の進展などを背景に、市場が拡大してきています。そこで、今号から2回にわたって、既存住宅市場躍進の経緯、さらなる成長への課題は何かレポートします。第1回目は、住宅政策がストック重視へと大転換した「住生活基本法」制定以降、既存住宅流通活性化を後押ししてきた政策展開について振り返ります...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 月刊不動産流通 2017年 7月号
    ユーザーから不動産の売却や購入の依頼を受けた不動産事業さんはさまざまな営業努力と工夫でユーザーの希望を叶えようとするもの。今回は地域密着で仲介業を営む不動産事業者さんの取り組みや工夫を紹介しています。また編集部レポートでは、高齢者や子連れ単身者など「住宅確保要配慮者(住宅弱者)」と言われる人たちに 住宅のお世話をしたり、生活をサポートするなどしている地場不動産会社を取材。 そ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 月刊不動産流通 2017年 6月号
    平成29年度より改正された住宅や土地に関する税制のポイントを解説。「取得したとき」「保有しているとき」「運用しているとき」「譲渡したとき」「相続したとき」のそれぞれについて、改正点や不動産業の実務上の留意点についてまとめています。合わせて、資料編では特例に関連する計算例や基準などを分かりやすく掲載しています。そのほか、法律、建築基礎講座、営業マナー講座、外国語講座など日々の実...
  • 月刊不動産流通 2017年 5月号
    年々増加し深刻化している空き家問題。国や自治体でも本腰を入れて取り組み始めました。そこで今回は行政の空き家政策の最新動向に加え、空き家の活用で新たなビジネスモデルの創出や地域の活性化につなげようとする不動産事業者の取り組みなどをレポートします。また、スマホ等の普及とともに昨今は不動産各社のPRの手法にも大きな変化が見られます。そうしたスマホ時代にマッチした各社のプロモーション...
  • 月刊不動産流通 2017年 4月号
    2016年は英国のEU離脱、アメリカ大統領選など世界を騒がせる出来事がありました。今年は世界で、そして日本で、どのような出来事が起こるでしょうか。そして不動産市場はどのような動きをしていくのでしょう。マンション、戸建住宅、オフィス、既存住宅流通、賃貸住宅、住宅リフォームなど、各分野のアナリストが17年の不動産市場について解説するとともに、市場を予測するキーワード挙げています。その他...
  • 月刊不動産流通 2017年 3月号
    個人や法人が所有する物や場所など、有効に活用する手段としてイシェアリングエコノミーが普及しつつあります。「民泊」「一時貸駐車場」「貸し農園」などといった遊休スペースの活用もそうしたトレンドの一部。さまざまな形で新たなサービス・商品の提供などが始まっています。そこで今号では、住宅・不動産を取り巻くシェアリングエコノミービジネスを取材、その可能性を探っています。また、戸建住宅の...
  • 月刊不動産流通 2017年 2月号
    最近話題のIoTやICTですが、不動産業界でも新たな技術「不動産テック」の活用により、サービス向上や営業の効率化を図ろうという試みが進んでいます。不動産テックへの取り組みの現状をレポートしつつ、今後の方向性を探ります。また、今年不動産業界で注目されたトピックを編集部がピックアップ。2016年を振り返る特集記事も掲載。そのほか税務や法律解説、建築基礎講座、営業マナー講座など、実務や営業...
  • 月刊不動産流通 2017年 1月号
    かつては賃貸仲介事業者が仲介業務の一環として行なってきた賃貸管理業ですが、近年ではそれを主とする事業者も増え、その認知度も増しています。2011年には事業の適正化に向け賃貸管理業者登録制度が創設されましたが、2016年8月に同制度の見直しが行なわれました。同制度はが今後の賃貸管理業やオーナー、入居者にどのような影響を及ぼすのでしょう。関連事業者・団体への取材を通じ検証しています。また...
  • 月刊不動産流通 2016年 12月号
    全国各地で実績を伸ばしている不動産事業者を特集。外国人向け仲介・管理に特化した企業、社内交流を図ることにより業務改善・業績アップを図る企業、田舎暮らしの推進、移住者間のコミュニティづくりに取り組む企業、物件管理から資産管理へのシフトを試みる企業、「仲介+リフォーム」、さらにインテリアまでワンストップで提案する企業、客観的データを活用し顧客の決断をサポートする企業など、各社独自...
  • 月刊不動産流通 2016年 11月号
    従来、対面が原則であった不動産契約時の重要事項説明をインタ-ネットを介して行なう「IT重説」の社会実験実施から1年。当初賛否両論あったものの、社会実験に参加した事業者・消費者からはおおむね好感触を得られています。一方で、機器トラブルや同意書に関する手間などの検討課題も…。今号では、IT重説をめぐる動きや実験参加事業者をレポート。その可能性を探っています。また、市場創設15周年を迎え...
  • 月刊不動産流通 2016年 10月号
    不動産実務に役立つ記事満載。「もっと早く購読するべきでした」という声を頂戴しています。 1982年創刊、不動産業に携わる方に向けた日本唯一の月刊専門誌。不動産実務・営業現場に役立つノウハウ、知識を、徹底した取材や専門家による解説をもとにわかりやすく提供しています。 税制、法律、行政情報、マーケットトレンド等、不動産ビジネスに必要なさまざまな情報も豊富に掲載。売買・賃貸仲介業から分...
  • 月刊不動産流通 2016年 9月号
    不動産実務に役立つ記事満載。「もっと早く購読するべきでした」という声を頂戴しています。 1982年創刊、不動産業に携わる方に向けた日本唯一の月刊専門誌。不動産実務・営業現場に役立つノウハウ、知識を、徹底した取材や専門家による解説をもとにわかりやすく提供しています。 税制、法律、行政情報、マーケットトレンド等、不動産ビジネスに必要なさまざまな情報も豊富に掲載。売買・賃貸仲介業から分...
  • 月刊不動産流通 2016年 8月号
    不動産実務に役立つ記事満載。「もっと早く購読するべきでした」という声を頂戴しています。 1982年創刊、不動産業に携わる方に向けた日本唯一の月刊専門誌。不動産実務・営業現場に役立つノウハウ、知識を、徹底した取材や専門家による解説をもとにわかりやすく提供しています。 税制、法律、行政情報、マーケットトレンド等、不動産ビジネスに必要なさまざまな情報も豊富に掲載。売買・賃貸仲介業から分...
  • 月刊不動産流通 2016年 7月号
    「新たな『新生活基本計画(全国計画)』が今年3月閣議決定されました。そこで掲げられた「8つの目標」について取り上げ、その内容を紹介。住宅関連団体・事業者等にビジネスへの影響や課題、方向性などを聞いています。また2015年7月に交付された「建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律」(建築物省エネ法)。なぜこのような法律が必要になったのか、今後、住宅仲介の現場で必要となる対応などに...
  • 月刊不動産流通 2016年 6月号
    平成28年度の住宅・土地税制に関する改正について、「取得したとき」「保有しているとき」「運用しているとき」「譲渡したとき」「相続・贈与があったとき」、それぞれの場面ごとに新たに創設された項目や不動産実務での留意点も含め重要なポイントを解説しています。住宅ローン控除の計算式や特例についてなどをまとめた資料編も充実!そのほか、法律、税務、建築基礎講座や営業マナーまで、役に立つ情報...
  • 月刊不動産流通 2016年 5月号
    東日本大震災から5年。震災直後には被災地の不動産市場は大混乱し、その後は著しい儒王像から価格が急騰しました。大規模な被害を受けた、宮城県仙台市、石巻市、気仙沼市、福島県いわき市を中心とした不動産市場の現状をレポートしています。また特集では、大規模リフォーム・リノベーションを施すのではなく設備などのピンポイント改修で、ユーザーニーズを捉え、賃貸住宅の入居率アップに成功している事...
  • 月刊不動産流通 2016年 4月号
    特集:『どうなる? 2016年の不動産市場』 株価や為替の動き、世界の経済・政治・軍事情勢等々はどのように日本の不動産市場に影響してくるでしょうか? 建築コストの上昇や大都市の地価の上昇による不動産価格の上昇、加えて消費税の再増税を間近に控えるなど、ユーザーや投資家の動きを左右する要因も多様にうごめいています。 12名のアナリストが、分野毎に今年の不動産市場を展望します。 また、事業に取...
  • 月刊不動産流通 2016年 3月号
    賃貸住宅の管理会社は空き物件の解消のために管理会社はさまざまな取り組みをしています。中でも、自社物件の客付けをしてくれる不動産仲介会社には、日ごとからさまざまな働きかけを実施。どのような工夫をしているのか、レポートしています。また特集では、国の後押しもあり、さまざまな制度の構築、環境整備の促進・支援などが進められているワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)について、積...
  • 月刊不動産流通 2016年 2月号
    外国人旅行者が増加し宿泊施設不足が指摘される中、一般の民家や賃貸住宅を「宿泊施設」として貸し出す「民泊」に注目が集まっています。新たなビジネスチャンスと期待する声がある一方、課題も多く指摘されており、その賛否は分かれるところ。そこで今号では、民泊についてどう考えているか、不動産事業者、オーナーから寄せられたさまざまな声を紹介しています。また、2015年不動産業界で話題となった出...
  • 月刊不動産流通 2016年 1月号
    買取リノベ再販住宅が今、首都圏の一次取得者層を中心に人気を集めています。また、仲介事業者も安心安全で魅力ある中古住宅の販売に向けさまざまなサービスを提供しはじめています。そこで今号では、買取リノベ再販事業で実績を上げている各社を取材。物件買取時の留意点、リノベーション方法、売却時の工夫など、事業成功のポイントを紹介しています。特集では、売買・賃貸契約における重要事項説明書類...
  • 月刊不動産流通 2015年 12月号
    全国各地で活躍する地場不動産会社を紹介する毎年恒例の特集。今回は、外国人への対応を積極化している企業、リノベ賃貸、DIY賃貸に注力する企業、空き家買い取り再生やまちの活性化に取り組む企業、学生の地元企業就活支援サービスを提供する企業など、独自の経営線略・営業手法で実績を上げている9社を取材しています。そのほか、宅建ケーススタディ、税務や登記簿、建築基礎講座、営業マナー講座など、...
  • 月刊不動産流通 2015年 11月号
    本来はオーナー・不動産事業者がWin-Winの関係を築ける仕組みのはずのサブリース事業ですが、さまざまなトラブルが生じているのが現状です。そこで、今号では実際にどのようなトラブルが発生しているのか、良好にサブリース事業を進めている企業の取り組み・活用方法を探りながら、トラブルを発生させないためにはどのような工夫が必要なのかをレポート!また、特集では、まちの人が集えるような空間を地域...
  • 月刊不動産流通 2015年 10月号
    本年5月に「空き家等対策の推進に関する特別措置法」が施行されたのを機に、国や自治体、不動産業各社の「空き家」対策が加速してきました。そこで、いち早く空き家対策を講じた自治体の取り組みや、業界団体、NPO、不動産流通事業者の空き家ビジネス・サービスについてレポート。特集では、さまざまな背景のなか、先代から事業を継承し、現在堅調に経営を継続させている不動産会社社長のエピソード、経営...
  • 月刊不動産流通 2015年 9月号
    創刊400号を迎えた今号は、本誌が創刊した1980年代から現代までの約30年間、不動産・住宅市場がどのような変化を遂げてきたのか、また、今後の市場動向について、分譲マンション、注文住宅、中古住宅、賃貸住宅、オフィスビル、マンション管理、不動産証券化の各分野のアナリストがそれぞれの視点から解説。さらに各不動産業界団体トップに、不動産・住宅市場についての展望も聞いています。その他税務や法...
  • 月刊不動産流通 2015年 8月号
    高齢者人口の増加とともに、住宅に対するニーズも多様化してきています。そこで今号では、高齢者の住宅ニーズをつかみ、それに対応した住宅や生活サービスを提供することで成果を上げている6物件をレポートしています。また、イベントや職場環境の工夫などで従業員満足度(ES)向上を図っている不動産事業者に注目し、各社の取り組みについて特集。その他、税務や法律、建築基礎講座、営業マナー講座など、...
  • 月刊不動産流通 2015年 7月号
    3月31日、100年ぶりの大改正と評される民法改正案が閣議決定され国会に提出されました。当初の予定項目が500から200ほどに絞られたものの、不動産事業者にとっては実務を変更せざる得ない項目も。そこで、今回の主な改正事項、それにともなう実務上の変更点について解説しています。特集では、ネット検索の普及に伴い、物件情報以外の付加価値として改めて「接客」を見直す動きに注目し、仲介事業者による...
  • 月刊不動産流通 2015年 6月号
    4月1日、平成27年度税制改正が施行されました。不動産事業者等の業務に関わる土地・住宅税制改正項目のうち、重要なポイントについて解説。相続税、贈与税の計算例一覧も掲載しています。また特集では、最近注目度が高まっている「コミュニティを重視した賃貸住宅」を取材。人気物件から見えてくる賃貸ユーザーのさまざまなニーズや住まい方へのこだわり等についてレポートしています。その他、法律、税務...
  • 月刊不動産流通 2015年 5月号
    4月より「宅地建物取引主任者」が「宅地建物取引士」に名称変更されました。これにより今後の不動産流通業界にどのような変化があるのでしょう。業界に寄せられる期待や「取引士」に求められるものは…。そこで、行政、業界団体、不動産事業者など関係者への取材を通し考察。有資格者による座談会も実施し、取引士の資格の意義、期待される変化や役割などについて語っていただいています。また、新入社員が...
  • 月刊不動産流通 2015年 4月号
    アベノミクス、消費増税の影響などで、昨年はさまざまに揺れ動いた不動産市場。さて、2015年の不動産市場はどのような動きをするのでしょう。マンション、戸建、中古住宅、賃貸住宅、リフォーム、競売、リゾート、物流、オフィス、証券化など、各分野のアナリストがそれぞれの市場動向を分析、今後を予測しています。また、本年1月末に最終とりまとめが発表された「ITを活用した重要事項説明等のあり方に係...
  • 月刊不動産流通 2015年 3月号
    地域密着型の中小不動産会社・オーナーによる座談会を開催。地域の中で生きていくための課題、解決策、差別化戦略から事業継承まで、多方面にわたりお話しいただいています。事業者として地域密着策に取り組むうえでヒントになる内容が多々あります。その他、中古不動産流通の活性化に向け、注目度が高くなっている「中古+リフォーム」ローンを取り上げ、選択するに当たってのポイント等を解説。税務や法...
  • 月刊不動産流通 2015年 2月号
    ユーザーニーズの変化や老朽化により、空物件となった建物を再生し、有効活用している例を特集します。オフィス、古民家、銭湯、料亭、病院などがコンバージョンにより大変身し、高稼働物件に!! before・after形式で紹介しています。また、2014年に不動産業界で注目された話題や出来事をアンケート調査し、その結果をランキングで発表。そのほか、税務や法律解説、建築基礎講座、営業マナー講座など、実...
  • 月刊不動産流通 2015年 1月号
    2015年1月で「阪神・淡路大震災」の発生から20年目となる。当時自らも被災しながら被災者への住居の提供やまちの復興に尽力された地元の不動産事業者に集まっていただき座談会を開催。罹災時の救済活動やまちの復興までを振り返るとともに、今後の災害対策やまちづくりへの課題についても語っていただきました。また編集部レポートは、女性目線の空間づくり、本格ログハウス、猫中心の住空間など…、オーナ...
  • 月刊不動産流通 2014年 12月号
    特集「活躍する地場企業の戦略を探る―2014」は、全国各地で活躍する不動産会社12社を訪問。貸スペース、シェアハウス、町屋再生、空き家管理等の新ビジネスに挑戦する企業や、開業医、サーファー等にターゲットを絞った営業に徹する企業、相続コンサル等専門ノウハウを活用する企業などなど。独自の取り組みを紹介。宅建ケーススタディ、税務や登記、建築基礎講座、営業マナー講座など、不動産実務や営業の...
  • 月刊不動産流通 2014年 11月号
    中古住宅の仲介時に顧客の好みの間取りや設備にリフォームするビジネスモデルが注目されています。中古住宅の仲介から引き渡しまでをワンストップで行なうため、時間やコストの短縮にもつながり、ユーザー指示も高まってきました。各社の取り組みや他社との差別化策をレポートします。また、人材獲得が難しくなりつつある状況下でも、優良な人材を発掘・活用している地場不動産会社の工夫についても特集。...
  • 月刊不動産流通 2014年 10月号
    社会のIT化が進む中、不動産業界においても、対面が前提となっている重要事項説明や契約書面の交付について、IT化の可能性を探ろうという動きが出てきています。7月に国土交通省が発表した「ITを活用した重要事項説明等の在り方に係る検討会」の中間とりまとめを踏まえ、不動産流通業の実務に携わる不動産事業者にIT化の賛否について緊急アンケートを実施。その結果を掲載します。また、編集部レポートでは...
  • 月刊不動産流通 2014年 9月号
    居住者が必要に応じケアサービスを受けながら生活できるサービス付き高齢者向け住宅。登録制度開始から3年、供給数は年々増加しています。一方、介護付有料老人ホームのような特定施設も手厚いケアサービスでアピール。そこで今号では、高齢者住宅事業に取り組む事業者を取材し、高齢者住宅事業の“今”を探っています。また編集部レポートでは、生活に「農」を取り入れる動きに注目。不動産業界における「+...
  • 月刊不動産流通 2014年 8月号
    入居者が自分好みの壁紙などの内装を選択できたり自から改装できたりする「カスタマイズ賃貸」が注目を集めています。しかし、本格的な普及にはオーナー、入居者の意識改革が必要で、まだまだ課題も…。今号ではそうした中で、先進的にカスタマイズ賃貸に取り組む不動産事業者や地方自治体の事例をレポートしています。また、特集では、不動産業界で活躍されている方々の、今だから笑って話せるものから思い...
  • 月刊不動産流通 2014年 7月号
    中古住宅取引におけるユーザーの不安や不満を解消し、満足度の高い仲介を行なおうという「付加価値仲介」への取り組みが加速している。その取り組みにいち早く取り組んできた事業者4社と、行政担当者による座談会を掲載。各社のビジネスモデルやユーザー動向、国の支援策等について語り合います。特集では、昨今の人気の高い賃貸住宅の設備にスポットを当て、導入効果や入居者の反応などをレポート。また、...
  • 月刊不動産流通 2014年 6月号
    4月1日、平成26年度税制改正が施行されました。そこで今号では、不動産事業者等の業務に関わってくる土地・住宅税制改正項目のうち、重要なポイントについて解説しています。相続税、贈与税の計算例一覧も掲載。特集では社員のモチベーションアップに向けちょっと変わった社員支援制度を設けている企業を紹介しています。また3月に国土交通省がまとめた「個人住宅の賃貸流通の促進に関する検討会」の報告書...
  • 月刊不動産流通 2014年 5月号
    新たな居住形態として注目が高まっている「シェアハウス」。年々参入事業者も増え、その在り方も多様化しています。それに伴い、違法を行なう事業者も出てきており、行政も対策を打ち出すなど市場環境は変化しつつあります。そうしたシェアハウス市場の現況や課題とともに、各事業者の戦略についてもレポート!また、顧客満足度のさらなる向上が求められる不動産業界で、2013年流行語ともなった「おもてな...
  • 月刊不動産流通 2014年 4月号
    日銀の金融緩和やアベノミクスによる経済効果により、不動産業界でも明るい話題が多くなってきました。このような状況下、2014年の不動産市場はどのような動きをするのでしょう。 マンション、戸建、中古住宅、賃貸住宅、住宅リフォーム、競売、リゾート、物流、オフィス、証券化…。今号では、各分野のアナリストがそれぞれの市場の動向を分析、今後を予測するとともに、今年のキーワードについても解説し...
  • 月刊不動産流通 2014年 3月号
    4月1日から、消費税率が引き上げられます。国も不動産市場の冷え込みを最小限に抑えるべく負担軽減策を施しているものの、増税が消費者に与える影響は少なくありません。住宅販売現場、仲介・リフォーム営業現場でのユーザーの動きはどうなのでしょう。それぞれの市場の動向をレポートしています。また、プロカメラマンのアドバイスを基に効果的な物件撮影術やポイントを紹介する特集も掲載!ホームページ...
  • 月刊不動産流通 2014年 2月号
    2015年1月より相続税が大幅に課税強化されることに伴い、一般ユーザーの「相続」への関心も高まりつつあります。住宅・不動産業界も「相続ビジネス」へのシフトを強め、新たな商品・サービスの展開やスキルアップに向けた取り組みを始めています。今号では、そうした各社の相続ビジネス最前線をレポート!併せて、13年に不動産業界で話題となったトピックについてアンケート調査し、その結果をランキング。...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています