アーマードール・アライブ Ⅰ ~死せる英雄と虚飾の悪魔~

アーマードール・アライブ Ⅰ ~死せる英雄と虚飾の悪魔~

作者名 :
通常価格 437円 (398円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「滅びゆく世界、戦闘機械の宿命。それでも私は恋をした——」

人工知能を操り人類を殺戮する謎の電子汚染現象【ゲーティア】の出現によって、滅亡の道を歩む世界。
残された人類は自我を持つ人型兵器【アーマードール】を開発し、心無き機械たちとの戦いを繰り広げていた。

英雄と呼ばれた操縦士の少年「愛生文楽」は、激戦の中で長年連れ添った愛機を失ってしまう。
落ち込む彼に、新たな乗機として与えられた機体〈メフィストフェレス〉——その人格を司る人形知能の少女フェレスは、戦闘よりも家事が得意というダメダメな兵器だった!

【著者】
FunnyCreative
商業出版経験を持つ元ライトノベル作家、幾谷正の運営する同人文芸サークル。流行や売れ線にこだわらない自由な作品発表の場を求めて個人出版を始める。工業大学出身のエンジニアで、作風もそれらの技術知識を活かしたSFの色が強い。
※本作品は 2017年9月25日まで、他出版社から販売しておりました同名の作品と同じ内容です。

ジャンル
出版社
ボイジャー・プレス
電子版発売日
2017年10月01日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
9MB

アーマードール・アライブ Ⅰ ~死せる英雄と虚飾の悪魔~ のユーザーレビュー

    購入済み

    とても面白いです。

    turtle 2019年02月28日

    とても面白いです。
    主人公もアーマードールたちも魅力的です。
    4巻まで読破しました。早く最新作が読みたいです。

    このレビューは参考になりましたか?

アーマードール・アライブ のシリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • アーマードール・アライブ Ⅰ ~死せる英雄と虚飾の悪魔~
    「滅びゆく世界、戦闘機械の宿命。それでも私は恋をした——」 人工知能を操り人類を殺戮する謎の電子汚染現象【ゲーティア】の出現によって、滅亡の道を歩む世界。 残された人類は自我を持つ人型兵器【アーマードール】を開発し、心無き機械たちとの戦いを繰り広げていた。 英雄と呼ばれた操縦士の少年「愛生文楽」は、激戦の中で長年連れ添った愛機を失ってしまう。 落ち込む彼に、新たな乗機として与え...
  • アーマードール・アライブ Ⅱ ~軛解きし色欲の悪魔~
    「サラはお兄ちゃんに乗って欲しい!!」 人工知能を操り人類を殺戮する謎の電子汚染現象【ゲーティア】の出現によって、滅亡の道を歩む世界。 残された人類は自我を持つ人型兵器【アーマードール】を開発し、心無き機械たちとの戦いを繰り広げていた。 かつての愛機との死闘を乗り越え、訓練学校で穏やかな日常を送る「愛生文楽」の前に表われた謎の少女サラ。 彼女は乗り込んだ操縦士の命を奪うと恐れら...
  • アーマードール・アライブ Ⅲ ~非情の人形は悪魔の虜~
    「こんな醜い存在にしかなれなかった私なんて、全て消してしまいたい」 人工知能を操り人類を殺戮する謎の電子汚染現象【ゲーティア】の出現によって、滅亡の道を歩む世界。 残された人類は自我を持つ人型兵器【アーマードール】を開発し、心無き機械たちとの戦いを繰り広げていた。 乗った操縦士を殺してしまうと恐れられる機体〈アスモデウス〉。その中に隠されていたもう一つの人格アリスは、かつて自...
  • アーマードール・アライブ Ⅳ ~いつか終わりゆく安息の日々~
    「死せる英雄《蛇遣い》……今一度、人類の英雄として殺されてくれ」 人工知能を操り人類を殺戮する謎の電子汚染現象【ゲーティア】の出現によって、滅亡の道を歩む世界。残された人類は自我を持つ人型兵器【アーマードール】を開発し、心無き機械たちとの戦いを繰り広げていた。 学長の計らいで、海沿いの温泉旅館へ修学旅行にやってきた訓練学校の生徒たち。海に水着に温泉に、ハメを外してはしゃぐ人形...
  • アーマードール・アライブ Ⅴ ~持たざる者と嫉妬の悪魔~
    「力を貸そう、剣菱雅能。キミとボクとで、憧れの《蛇遣い》を超えるんだ」 人工知能を操り人類を殺戮する謎の電子汚染現象【ゲーティア】の出現によって、滅亡の道を歩む世界。残された人類は自我を持つ人型兵器【アーマードール】を開発し、心無き機械たちとの戦いを繰り広げていた。友人だと思っていた愛生文楽の正体が、憧れの英雄《蛇遣い》だと知ってしまった操縦士の訓練生、剣菱雅能。「なぜ文楽...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています