RIDERS CLUB 2009年5月号 No.421

RIDERS CLUB 2009年5月号 No.421

作者名 :
通常価格 830円 (769円+税)
獲得ポイント

4pt

-
  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※電子書籍版には、表紙画像や中吊り画像に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または一部の画像が修正されている場合がありますので、内容をご確認の上、お楽しみください。

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

特集 今年こそ、悲願達成。
ヒザを擦りたい!-想像もしなかったアグレッシブなフォームを体感、バイクから体重が抜けないように・・・が鉄則、他
何が変わった09ドゥカテイ-モンスター1100S&848
イケてるライダー養成講座-倒立フォークの何がエラい?
※このコンテンツは、紙の雑誌をスキャンしたデータを元に制作しております。そのため経年変化による劣化画像や紙の雑誌とは内容が異なる箇所があります。
また、表紙や目次に掲載している画像、広告、付録が含まれない場合がございます。
※本コンテンツに掲載している情報は原則として、紙の雑誌の奥付に表記している発行時のものになります。

ジャンル
出版社
エイ出版社
ページ数
180ページ
電子版発売日
2016年03月10日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
113MB

ユーザーレビュー

レビューがありません。

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 90件
  • RIDERS CLUB 2011年8月号 No.448
    空冷ツイン特集3部作もついに最終回。 今回は「空冷ツイン、カスタム美学」と題し、ビューエル「S1」や、 ドゥカティ「M900」、さらにはキャプテン竹 田津の愛車「DB5CR」、 「XR1200X」など、6台のカスタムバイクを題材に、 カスタムという観点から空冷ツインのおもしろさを探ります。 第2特集 では、“自分だけの1台”を作るのに最適なホンダ「CB1100」をピックアップ。 ノスタルジック系、パフォーマンス...
  • RIDERS CLUB 2011年7月号 No.447
    バーチカルツインにフラットツイン、Lツインに縦置きVツイン……。 空冷エンジンにもそれぞれ個性があり、その違いがそれぞれの乗り味を生んでいます。 今回も、先月に続き「空冷ツイン特集」の第2弾! タイヤサイズやDOHC、パワーウエイトレシオ、カスタムなど、 シンプルな構造の中にある最新技術を検証します。 また、マーケットに存在するバイクライダーの中でも、 圧倒的なカスタム比率の高さを誇るカワ...
  • RIDERS CLUB 2011年6月号 No.446
    バイクの楽しさを左右する大切なファクターのひとつがエンジン。 そんな中でも空冷ツインは、歴史が育んだ美しさと心地よさをあわせ持っています。 今号の巻頭特集は、「躍動感で乗る空冷ツイン」と題し、 Nortonやモトグッツィ、DUCATI、W800など、国内外のマシンを紹介。 バイクの躍動感を楽しめる空冷ツインの魅力をお伝えします。 第2特集「40歳からの身体づくり」では、 プロライダーのトレーニングを...
  • RIDERS CLUB 2011年5月号 No.445
    「速く」ではなく「上手に」走りたい。 今回はそんな視点から、ハンドルに力を入れない“気持ちいい”乗り方を伝授。 分かっているのになかなか出来ない、力を抜いて走るためのコツをお伝えします。 第2特集では、ホンダのMotoGPマシン、RC212Vをピックアップします。 去年、投入した6種類のフレームから見つけた理想のバイク、RC212V。 HRC副社長の中本氏のインタビューを交え、その性能を詳細に解説しまし...
  • RIDERS CLUB 2011年4月号 No.444
    今号ではイタリアンバイクの雄“ドゥカティ”を大特集。 2010年ミラノショーで発表された同社の意欲作“ディアベル”にCaptain竹田津がスペインで試乗! クルーザーというカテゴリーを超越したこのディアベルに加え、 ファンにとって特別な意味を持つ“SP”の名を冠した2011年最新トップエンドモデル“1198SP”の正体に迫るなど、 新世代に突入したドゥカティの魅力を余すことなくお伝えします。 また、第2特集では...
  • RIDERS CLUB 2011年3月号 No.443
    今号では“ナロウスタイルのバイク”を大特集! ナロウなバイクの楽しみ方を掘り下げ、そのネオ・クラシック的なスタイリングから、 雰囲気だけで語られることの多かったこのジャンルのバイクを、 新しいスタンダードとして、あらゆる角度から検証。 エンジン回転2000~3000rpmからスロットルを開けたときのトラクションや、 多くのライダーがカーブで感じる前輪の接地感、 普段乗り+たまのツーリングで感じる...
  • RIDERS CLUB 2011年2月号 No.442
    「人と同じじゃ絶対にイヤ」。 そんな個性を求める感性に、ダイレクトに訴えるカワサキ車。 今号では、先のミラノショーで世界の度肝を抜いたZX-10R、 Ninja1000、W800といった意欲的なNewモデルを中心に、 カワサキがなぜ多くのライダーから支持されるのかを徹底的に検証していきます。 第2特集は「イタリアンバイクを愛したい!!」。 ホットなバイクが揃う海外メーカーの中でも、 イタリアンバイクの情熱...
  • RIDERS CLUB 2011年1月号 No.441
    今回の巻頭特集は、「トラクションを感じられる開け方が知りたい!」。 エンジン回転の低いトコロからスロットルを大きく開けてトラクションを引き出す。 これは本誌で何度も紹介してきた事ですが、それを理解して実践できている人は多くありません。 そこで、ここでは実際に車種やスキルの異なるライダーに登場 していただき、 「曲がるトラクションを活用するにはスロットルをどれくらい開ければイイのか...
  • RIDERS CLUB 2010年12月号 No.440
    巻頭特集 イタリアンにお金をかけるーとっておきの贅沢ガイド 夢中にさせる艶めかしさーMOTO BUZZI、V7 Cafe Classic イケてるライダー養成講座ー「2ストと4スト・どっちが速い?」 ※このコンテンツは、紙の雑誌をスキャンしたデータを元に制作しております。そのため経年変化による劣化画像や紙の雑誌とは内容が異なる箇所があります。 また、表紙や目次に掲載している画像、広告、付録が含まれない場...
  • RIDERS CLUB 2010年11月号 No.439
    巻頭特集 Tiamo! Italiana-みんなイタリア好き 走ってみたい・あの峠ー枝折峠 RIDING TECHNIC-なぜか右カーブが苦手・・・ ※このコンテンツは、紙の雑誌をスキャンしたデータを元に制作しております。そのため経年変化による劣化画像や紙の雑誌とは内容が異なる箇所があります。 また、表紙や目次に掲載している画像、広告、付録が含まれない場合がございます。 ※本コンテンツに掲載している情報は原則...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています