日本国債先物入門 ──債券市場の指標からこの国の「方位」が分かる![改訂版]

日本国債先物入門 ──債券市場の指標からこの国の「方位」が分かる![改訂版]

作者名 :
通常価格 2,310円 (2,100円+税)
獲得ポイント

11pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

日本国債は“安全”なのか?
マーケットの生き字引が語るJGBのすべて

債券とは、不特定多数の投資家からまとまった資金を調達するために発行され る、いわば「借用証書」である。日本政府が発行する債券を日本国債(JGB= Japanese Government Bond)という。

債券は株式や通貨、商品と並ぶ取引市場のひとつだ。ところが、個人トレーダー の運用対象として考えると、株式には現物株や日経225などの株価指数先物、通 貨にはFX(外国為替証拠金取引)、商品には原油や金などの先物があるのに、債 券には“ない”。

いや、けっしてないのではない。東京証券取引所には日本初の金融先物として 1985年に上場された長期国債先物――通称「JGB先物」――があるのだ。

JGB先物は金融市場のプロからは指標として重視され、内外の機関投資家には ヘッジ・運用市場として活発に利用されている。しかし、日経225やFXに比べ て、マイナーな印象があるのも否めない。

その理由のひとつは、売買単位の大きさだろう。JGB先物は単価100円・利率 6%・期間10年の“仮想”国債を1億円単位で取引する。価格が1銭動くと、1 単位当たり1万円の損益が発生する計算だ。1日で1円以上動くこともあるの で、多くの個人トレーダーにとっては、かなりハイリスク・ハイリターンな投資 対象となるわけだ。

また、JGB先物を個人向けに取り扱う証券会社がほとんどないのも、地味な印象 をもたらす理由のひとつであろう。

しかし、著しく増加する債務残高と一向に改善されない財政赤字を反映して「日 本国債の価値下落」が、より強く懸念されている。最近ではミニ先物や差金決済 取引(CFD)など、個人トレーダーに手が届きやすい金融商品も登場してきた。 “目の前にある機会”に参加する環境が整いつつあるのだ。

本書の執筆者は、草創期から14年以上にわたってJGB先物ディーラーとして活躍 し、今も最前線で情報を配信する債券アナリスト。いわばJGB先物の「生き字 引」である。

トレーダーの視点から債券・国債・JGB先物の仕組みと市場構造について分かり やすく解説してもらうだけなく、経験者だからこそ語れるトレードで生き残るた めのコツとJGB先物の激動の歴史を惜しみなく紹介してもらった。

この市場でのトレードに必要とされる知識やノウハウが網羅された本書から、 JGB先物の魅力と可能性を知ってもらいたい。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / マネープラン・投資
出版社
パンローリング株式会社
電子版発売日
2015年12月12日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
14MB

日本国債先物入門 ──債券市場の指標からこの国の「方位」が分かる![改訂版] のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年02月03日

    日本国債のしかも先物という一般に馴染みにくい分野を広く網羅していると思われる.教科書的な書き方ではなく,著者の久保田さんのディーラー時の経験をもとに書いている箇所もあり,実際の取引者がどのように考えているかが分かる.
    一番最後のページに日本国債先物のチャートが乗っている辺り,久保田さんは日本国債先物...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

日本国債先物入門 ──債券市場の指標からこの国の「方位」が分かる![改訂版] に関連する特集・キャンペーン