BMW Motorrad Journal(ビーエムダブリューモトラッドジャーナル) Vol.8

BMW Motorrad Journal(ビーエムダブリューモトラッドジャーナル) Vol.8

作者名 :
通常価格 1,019円 (927円+税)
獲得ポイント

5pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※電子書籍版には、表紙画像や中吊り画像に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または一部の画像が修正されている場合がありますので、内容をご確認の上、お楽しみください。

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

BMWのバイクはひとたび動き出してしまえば、
高い運動性を発揮してくれるバイクです。
そこで、多くのライダーが苦手としていることが
「走り出す」までの動作。
たとえば、バイクを取回したり、センタースタンドを掛けたり、
といった操作になかなか手こずっているのが現状です。
そこで今号では、そんな苦手項目である
バイクの取り扱いを徹底レクチャー。
講師としてBMWの認定公認インストラクターであり、
BMWのライダーから絶大な支持を受ける山田純さんにご登場いただき、
バイクを軽々扱うノウハウを一挙に掲載します。
また、RナインTの派生モデル・スクランブラーの海外試乗記も
速報でご紹介します。

012 BMW Motorrad Days Japan 2016 8月最後の週末は白馬へ!
016 BMW GROUP Tokyo Bay ドライビングエリアも含む体験型のBMWグループ新拠点がオープン!
020 BMWグループ創立100周年を記念した特別限定モデルが登場‼
022 BMW R nineT Scrumbler 話題のスクランブラーを徹底リポート!


山田純直伝取回しの極意
030 ビーエムを軽く操る!!


034 Problem 1 フラフラして押し引きが怖い
036 Problem 2 カッコよくシートに跨りたい
038 Problem 3 足着きの不安を解消したい
040 column 「身長」は“アイデア”と“コツ”でカバー‼
042 Problem 4 コンパクトにUターンできない
044 Problem 5 センタースタンドが立てられない
046 Problem 6 スマートにタンデムしたい

2016鈴鹿8時間耐久ロードレース
050 限界を超えた、その先にあるもの

S1000XRなら長距離でも面白い
056 散歩気分で本州南端へ

Department
063 New Products
068 EVENT REPORT
072 METZELER「ウェット路面での圧倒的なグリップ力」
074 GSの醍醐味は林道にあり‼
モトラッド阪神・神戸
076 認定中古車コレが買い!「F800R」
080 ランドマスタージャパン
「ジワっと効くブレーキシステムキットが登場!」
081 Life Style with BMW
084 F-GSなら踏み込める!
F700GS/F800GS Adventureインプレッション
090 GSトロフィー@福島で
F700GS&F800GSオーナーに“魅力”を聞いちゃいました!
092 ヨーロッパのカスタムの潮流を探る
098 RECOMMEND ITEMS
104 K&H「GSとつながるお尻で感じる操作感!」
105 MOTORRAD MEISTER
108 MOTORRAD NEWS
112 モトラッドお便り広場
115 日本全国のBMW正規ディーラーリスト
118 BMW Motorrad Full Line Up
122 日本人初のF800Rエクストリームライダーが誕生!
124 ビーエム先端テクノロジーの未来
127 姉妹誌「BikeJIN」がオフロードイベントを後援!
128 編集部員のディーラー探訪記
130 メトロ&中部ディーラー最新情報
135 読者プレゼント

カテゴリ
雑誌
ジャンル
趣味・スポーツ・トレンド / 趣味・生活
出版社
エイ出版社
ページ数
120ページ
電子版発売日
2016年08月16日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
100MB

新刊オート購入

BMW Motorrad Journal(ビーエムダブリューモトラッドジャーナル) Vol.8 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

BMW Motorrad Journal(ビーエムダブリューモトラッドジャーナル) のシリーズ作品

※予約作品はカートに入りません

1~19件目 / 19件
  • BMW Motorrad Journal(ビーエムダブリューモトラッドジャーナル) Vol.19
    ■巻頭特集「史上最大のビッグボクサーR18」 排気量1802ccを誇る、新型モデルであるR18を徹底解明! BMW試乗最大排気量の空冷「新型エンジン」、 クルーザーという「新カテゴリー」であることから 大注目のR18。 そんなR 18の成り立ちから実車の細かなディテールまで一挙にご紹介します。 ●特集目次 クルーザーの王道スタイル BMWモトラッド史上最大の排気量 細部に宿るBMWのこだわり メーカー純正カスタ...
  • BMW Motorrad Journal(ビーエムダブリューモトラッドジャーナル) Vol.18
    ■巻頭特集「ライバルはビーエム!」 アドベンチャーの絶対的王者であるGS、ラグジュアリーなKシリーズ、 ミドルクラスからスクーターまで、ありとあらゆる用途、趣向を網羅しているBMW。 今回はそんなビーエムの最新機能や乗り味を含めて徹底比較。 BMWならではのモノづくりや技術をそれぞれ検証、解説しています。 どんなライダーの趣味嗜好を押さえた車種を用意し、 最新技術で安心安全なバイクライフ...
  • BMW Motorrad Journal(ビーエムダブリューモトラッドジャーナル) Vol.17
    ■巻頭特集「GSで人生変わりました!」 現在のアドベンチャーカテゴリーをけん引するGS。 今回はそんな“GS”に人生を変えられてしまった人たちを紹介します。 バイクを降りようと思っていたのにGSに乗ったらさらに乗るようになってしまったり、 たまたま見た目で選んだGSなのに、気が付いたら世界中に友人がいる人など、 GSが運んできた縁、GSの魅力をご紹介。 GSはあの景色が、人同士が、より近くなるアイテ...
  • BMW Motorrad Journal(ビーエムダブリューモトラッドジャーナル) Vol.16
    ■巻頭特集「BMWが作り上げた“GS”の真価」 現在のアドベンチャーブームの火付け役でもあるR-GS。現在でもアドベンチャーバイクカテゴリーをけん引し続けているGSが進化し、R1250GSに。続けてFシリーズも進化。 そこで今回はBMWが送り出すRとFのGSをイッキ乗り! ワインディングからオフロードまで様々なシーンで検証。テスター5人で徹底討論しました。 新・GSが気になる方必見の内容となっています! その...
  • BMW Motorrad Journal(ビーエムダブリューモトラッドジャーナル) Vol.15
    ■巻頭特集「R1250GS誕生!」 BMWの大ヒットモデルR1200GS。大陸を横断するための冒険バイクの元祖と呼べるのがこのGSシリーズ。このGSの人気ぶりから今では各メーカーがこぞってアドベンチャーバイクを投入しています。このR1200GSの後継モデルとして、ついにフルモデルチェンジを果たしてR1250GSとなります。このバイクの海外試乗会が行われ、日本人ジャーナリストである鈴木大五郎さんが試乗。そのインプ...
  • BMW Motorrad Journal(ビーエムダブリューモトラッドジャーナル) Vol.14
    BMWのバイクは、一般的な国産モデルと比べて「疲れにくい」のが特徴です。そのため、BMWに乗るライダーはもっと遠くへ走りたくなり、ロングツーリングの虜となります。ツーリングで1日500km以上走るライダーも多く、1泊2日で1000km程度を走る方も少なくありません。 そこで今号は、BMWならではの大人のロングツーリングを提案します。ロングツーリングの定番エリア・東北地方の旅紀行のほか、夫婦でタンデ...
  • BMW Motorrad Journal(ビーエムダブリューモトラッドジャーナル) Vol.13
    ■巻頭特集「今こそ空冷ツイン」 BMWの伝統的なエンジン形式であるフラットツイン(別名:ボクサーツイン)。 Rシリーズに搭載されるこのエンジンは、 今ではほとんどのモデルが水冷モデルへと移行していますが、 趣味性の高い空冷フラットツインも現行モデルとして健在です。 BMWの伝統を受け継ぐヘリテイジモデルがRnineTというモデルとして登場し、 世界中のライダーから高い支持を得ています。 そんなRn...
  • BMW Motorrad Journal(ビーエムダブリューモトラッドジャーナル) Vol.12
    BMWのバイクは雨天などのタフな状況でも、 難なく走れてしまう安全性や快適性が持ち味です。 そのため、BMWに乗っているとおのずとツーリングの距離が延び、 ロングツーリング派のライダーになっていきます。 そこで今号ではBMWの持つ旅性能をあらためて検証。 最新モデルであるK1600Bと、 最強のアドベンチャーモデルR1200GSで一気乗りを敢行。 その魅力に迫ります。 また、BMWの素晴らしさはフラッグシッ...
  • BMW Motorrad Journal(ビーエムダブリューモトラッドジャーナル) Vol.11
    世界的な好セールスを記録するBMWのGSシリーズ。そのクロスオーバー・コンセプトにより、楽な乗車姿勢でありながらオンロードにおける高い走行性能を実現しています。そして、バイクのカテゴリーにおいて「アドベンチャー」という新ジャンルを生み出し、かつ確立させたモデルとして知られています。 このGSシリーズのフラッグシップR1200GSはデビューから30年以上が経ちますが、空冷だったエンジンが水冷化...
  • BMW Motorrad Journal(ビーエムダブリューモトラッドジャーナル) Vol.10
    今回の巻頭特集は「キャンプ、林道でタフに遊ぶ」がテーマ。 キャンプツーリングを成功させるための積載ノウハウや、 憧れの焚火を楽しむためのグッズ紹介などをご紹介。 また、林道ツーリング編では準備の方法から走り方まで、 これから初めて林道を走るエントリー向けノウハウを掲載しています。 キャンプや林道ツーリングというと、敷居を高く感じるかもしれませんが、 BMWのバイクとは相性バツグン。 ...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています