田園都市生活 Vol.62

田園都市生活 Vol.62

作者名 :
通常価格 611円 (556円+税)
獲得ポイント

3pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※電子書籍版には、表紙画像や中吊り画像に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または一部の画像が修正されている場合がありますので、内容をご確認の上、お楽しみください。

作品内容

今号は大人気たまプラーザ・あざみ野エリアを大特集!
たまプラーザ・あざみ野は美しい街並みと利便性の良さから、田園都市エリアでも屈指の人気を誇るエリアです。
本誌『田園都市生活』でもたびたび取り上げてきましたが、今号では「名店のランチ&ディナー」や「朝からやっているママ会向けのお店」など、時間帯や利用シーンをより明確にして、街の魅力を掘り下げています。
また「ニューオープンのお店」や「お家で作れる人気店レシピ」など、興味をそそる企画もたっぷり!
お一人様はもちろん、若いカップルやお子様連れのご家族、老夫婦など世代を超えて“田園都市人”にとって必読の内容となっています。
ぜひ手にとってご覧になってくださいませ。
※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。

カテゴリ
雑誌
ジャンル
趣味・スポーツ・トレンド / 趣味・生活
出版社
エイ出版社
ページ数
126ページ
電子版発売日
2017年01月11日
サイズ(目安)
81MB

田園都市生活 Vol.62 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

田園都市生活 のシリーズ作品

※予約作品はカートに入りません

1~13件目 / 13件
  • 田園都市生活 Vol.67
    900円(税込)
    田園都市線沿線には、特別なハレの日も、何気ない日常でも、頼りになるレストランがたくさん存在する。今号では、過去本誌に登場した街の名店や、新しくオープンした新進気鋭の店まで、今行っておきたいレストランをエリア別にご紹介。 また、第二特集では街ごと生まれ変わった南町田を大解剖。 『南町田グランベリーパーク』の気になるトピックスから、過ごし方までこの1冊で予習バッチリです! <contents> 第一特集:ベストオブ田園都市レストラン ●誇るべき街の名店 ●エリア別レストランガイド  二子玉川・二子新地/溝の口・高津・梶が谷/鷺沼・宮前平・宮崎台/たまプラーザ・あざみ野 ●地元に愛される名店の手土産 ●田園都市生活的、偏愛カレー 第二特集:新しく生まれ変わった南町田を大解剖 etc… 表紙 denentoshi news 目次 特集:ベストオブ田園都市レストラン 田園都市線FOOD TOPICS 我が街の誇れる名店 いま、行っておきたい エリア別最旬レストランガイド [AREA1]二子玉川・二子新地 [AREA2]溝の口・高津・梶が谷 AREA COLUMN1 沿線のコーヒースタンドでちょっと一息。 [AREA3]鷺沼・宮前平・宮崎台 [AREA4]たまプラーザ・あざみ野 AREA COLUMN2 田園都市線沿いの公園で食べたいテイクアウトグルメ [AREA5]青葉台・市が尾・藤が丘 [AREA6]港北ニュータウン AREA COLUMN3 田園都市生活的、偏愛カレー 人気ベーカリー渾身の逸品 地元に愛される名店の手土産 Minami-machida Grandberry Park 生まれ変わった新しい南町田へ― 第二特集:新しく生まれ変わった南町田で過ごす休日 こんな家に住みたい
  • 田園都市生活 Vol.66
    611円(税込)
    今号は、田園都市エリアきっての人気タウン 「たまプラーザ」「二子玉川」を取り上げます。 この2エリアを一冊に集約するという、 まさに田園都市沿線のイイとこ取りの内容です。 第一特集は、「普段着のたまプラーザ」。 いまをときめく肉グルメや、たまプラの代名詞とも言うべき名物グルメ、 人気店がおすすめするパン、さらに子育て事情まで、 住む街・たまプラーザの醍醐味をお伝えします。 第二特集「週末、二子玉川の理由。」では、 日々進化を遂げる二子玉川の最新情報をアップデート。 オープンしたばかりの必食グルメ、さらに蔦屋家電2階にオープンしたばかりの コミュニティスタジオ「RELIFE STUDIO FUTAKO」の全貌まで、 次の週末に出かけたくなる過ごし方を提案します。 ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 田園都市生活 Vol.65
    611円(税込)
    これほどまでにこのエリアを取り上げた雑誌は、いままでなかったはず。 今号の田園都市生活の特集は、“東急東横線の下町”白楽、東白楽、妙蓮寺。そこに、交通アクセスの拠点・東神奈川が加わり、このエリアの奥深い魅力を届けます。 まず紹介するのは、人気店のグルメ。まず最初に頼みたい“看板メニュー”と、常連になって頼みたい“通メニュー”を同時に紹介する「ワン、ツウごはん」を吟味して、リピーターになれる店を見つけてください。 そして、このエリアといえば知る人ぞ知るラーメン激戦区。はたしてあの絶品風味は、どのように作られているのか? 名うての職人さんたちに聞いてきました。 そして、白楽、東白楽、東神奈川が属する神奈川区の暮らしやすさを徹底調査。家賃から治安の良さ、そして介護にイベントなど、さまざまな視点からこの街の生活環境を掘り下げています。住人は必見です! ほかにも、地域のランドマーク的存在・六角橋商店街の魅力を大分解したり、老舗パン屋さんに東白楽の歴史を語ってもらったり、江戸時代の幻の宿場町をリサーチしたり。古き良きこの街の魅力を再発見できるはずです。 もちろん呑兵衛のニーズにも応えます! 東神奈川の立ち呑みスポットや、カクテル大会のグランプリスト、マストの名物など、読んだらきっと千鳥歩き。 また、ママの暮らしの質を高めるコラム集や、東急沿線に暮らす人たちのライフスタイルショーケースも。日常を豊かにすることを、約束します。 ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 田園都市生活 Vol.64
    611円(税込)
    東急沿線、なかでも横浜市の街には、おいしいスイーツショップがたくさんあります。 そこで、今号では、東急田園都市線、東急東横線、そしてみなとみらい線の各沿線の街から、定番ケーキから和スイーツ、かき氷など夏のスイーツまで、人気のスイーツを一挙にご紹介! さらに、横浜といえばパンも有名。 各沿線の街ひとつずつからパン屋さんと、パンを食べたい公園をセレクトしています。 第二特集では、横浜市のオススメホテルランチをご紹介。 また、暮らしを“ちょっと”豊かにするコラム集など、新連載も続々登場。 東急沿線ローカルのためのライフスタイルマガジンとして、新しくなった田園都市生活をぜひ手にとってみてください。 ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 田園都市生活 Vol.63
    611円(税込)
    今号の「田園都市生活」は3年振りの日吉、そして初めましての綱島・大倉山・菊名の4エリアにお邪魔しました。 活気に満ちた日吉は、朝から晩まで実にさまざまな人が交錯する街。 綱島は下町的なニオイのする街だったのが再開発によって大きく変わろうしている目が離せないエリア。 4エリアの中で唯一急行の停まらない大倉山はどこかのんびりゆったりした雰囲気が魅力。 菊名は菊名桜山公園や昔ながらの職人技など、誇れるモノが多数あります。 それぞれに個性を持つ4つの街が、東横エリアの中でも今注目度ナンバーワンと目される理由を徹底的に探っていきます。 このエリアの最旬トピックス、おいしくて優しくて愛したくなる名店紹介、パン屋激戦区ながら本当においしいパン屋さん、地元の注目グルメ、行ってみたくなる名所の歩き方など、じっくりとページを手繰ればこのエリアに暮らす人達がどれほど地元を愛しているかが納得できるに違いありません。 ここに暮らす人も、訪れる人も、ぜひ手に取って、暮らしに彩りを添えてもらえたら本望です。 ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 田園都市生活 Vol.62
    611円(税込)
    今号は大人気たまプラーザ・あざみ野エリアを大特集! たまプラーザ・あざみ野は美しい街並みと利便性の良さから、田園都市エリアでも屈指の人気を誇るエリアです。 本誌『田園都市生活』でもたびたび取り上げてきましたが、今号では「名店のランチ&ディナー」や「朝からやっているママ会向けのお店」など、時間帯や利用シーンをより明確にして、街の魅力を掘り下げています。 また「ニューオープンのお店」や「お家で作れる人気店レシピ」など、興味をそそる企画もたっぷり! お一人様はもちろん、若いカップルやお子様連れのご家族、老夫婦など世代を超えて“田園都市人”にとって必読の内容となっています。 ぜひ手にとってご覧になってくださいませ。 ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 田園都市生活 Vol.61
    611円(税込)
    今号の田園都市生活では、初特集となる「鷺沼・宮前平・宮崎台」を取り上げています。 このエリアには地元の人だけでなく、遠方からもわざわざ訪れたくなる名物や名店が点在しています。 そこで、このエリア屈指のグルメを紹介する「誇れる名物、あるんです!」企画やおいしいお店をさまざまな角度で徹底調査した「ハレの日レストラン」「食べたいものから選べるグルメナビ」「気になるニューフェイス路地裏にある小さなカフェを訪ねて…」企画など、このエリアの魅力を徹底的に掘り下げています。 また宮前区は川崎市の中でも都市型農業が盛んなエリアでもあります。 そんな自然の恵みをふんだんに享受できる「地元の野菜を食べよう」企画など、田園都市生活らしい切り口でも掘り下げています。 このエリアに暮らす人もそうでない人も、ぜひ手にとってご覧になって下さい! ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 田園都市生活 Vol.60
    611円(税込)
    今号の田園都市生活は武蔵小杉・元住吉・新丸子を特集。 大規模な駅前開発も一段落したとはいえ、 まだまだ発展中のこのエリアは、「住んでよかった」と思う便利さと、 暮らしのカルチャーを発信する活気が町から溢れています。 そこで「便利で楽しい街」を賢く使う方法を、 田園都市生活ならではの切り口でご提案。 目的に合わせて使い分ける「武蔵小杉の3商業施設を丸ごと遊ぶ」や、 商店街をフィーチャーした「普段使いはモトスミ商店街がおもしろい!」 「新丸子で知っておきたいベスト10」などなど、 あなたのライフスタイルに役立つネタが満載です。 今、一番注目されている街の最新情報をお届けします。 ※デジタル版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 田園都市生活 Vol.59
    611円(税込)
    今号の田園都市生活は港北ニュータウンと新横浜をクローズアップ。 港北ニュータウンは本当にいいお店だけを厳選して紹介する グルメの決定版をお届けします。 ここぞという時のご褒美グルメや旬のグルメトピックス、 家族で楽しむレストランや気分で選べるランチナビなど、 気分やメンバー、目的で選べるお店がぎっしりと詰まっています。 いっぽう新横浜では、ここだからこそ手に入る横浜名物や逸品に注目。 横浜のターミナルだけあって、その充実ぶりは目を見張るものがあります。 実はおいしいモノの宝庫だった新横浜を、隈なく調べて紹介しています。 春になり、そろそろ新生活が始まるシーズン、 “おいしいもの”をとことん集めた今号で、おいしいスタートを切りませんか? ※電子版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 田園都市生活 Vol.58
    611円(税込)
    今号の田園都市生活は大人の町、中目黒と池尻大橋を大特集! 中目黒は朝までやっているお店が多く、 最近は駅ウラが盛り上がっていることから、 「夜のナカ メ」をフィーチャー。 大人が夜な夜な集まるスポットを徹底的に調査して掲載しています。 一方の池尻大橋は、落ち着いて食事ができる名店から穴場の店まで、 厳選して紹介しています。 夜に遊びに行くなら中黒、 大切な人や仲間とのんびり過ごすなら池尻大橋という 田園都市生活がオススメするグルメの町ならではの過ごし方を提案しています。 また特別企画として、 中目黒と池尻大橋で見つけた自慢したくなる手土産カタログも掲載。 年の瀬に何かと重宝すること請け合いです。 ※電子版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 田園都市生活 Vol.57
    611円(税込)
    今号の田園都市生活では、青葉台・市が尾・藤が丘エリアをピックアップ。この界隈は閑静な住宅街でありながら、実は美味しいお店が点在するグルメタウンでもあります。そこで、新しくオープンしたばかりの気になるお店や、一人で切り盛りして素材や作り方にこだわっている個人店、多彩なバリエーションをそろえたランチ、長年地元に愛される名店など、味にこだわったお店を徹底的に調査。馴染みにしたいお店ばかりをそろえた、グルメ特集を掲載しています。また美しい自然が広がる中、おしゃれなスポットも多い寺家ふるさと村の魅力もたっぷりと掘り下げています。食欲が旺盛になるこれからの季節、この一冊をフル活用して、楽しい時間をお過ごし下さい! ※電子書籍版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 田園都市生活 Vol.56
    611円(税込)
    静かな住宅街の中に突如現れる賑わうお店。ここはいったい、どんなお店? そんな探究心をくすぐられるスポットが点在する街、祐天寺・学芸大学・都立大学。隠れた名店を探す楽しみや、人気店の人気店たる理由をとことん掘り下げました! 今回、特にこだわったのは、徹底的に聞き込み調査をおこなったこと。巻頭ではこのエリアで屈指の人気を誇るお店をクローズアップして、人気の秘密を探っています。また街の達人がナビゲートする「見どころ、遊びどころをご案内します!」企画や、口コミで情報を集めた「行きつけにしたい昼ごはん、酒と愉しむ夜ごはん」企画など、あらゆる方向にアンテナをはりめぐらせてキャッチした極上ネタを満載にしてお届けしています! ※電子書籍版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
  • 田園都市生活 Vol.55
    611円(税込)
    今号はたまプラーザ・あざみ野を特集。このエリアといえば、沿線屈指の美食タウン。絶対にはずせない名店から、おいしくて、ボリューム満点、コスパ抜群のランチ、ワインとともに料理を楽しめる大人のお店、ママ&キッズがのんびり過ごせるレストラン、なぜか多い焼肉店やラーメン店……。食通の胃袋をもがっちりつかむハイレベルなグルメは、この街の自慢です。住民はもちろん、遠方からもわざわざ訪れて食べる価値ある逸品をこの一冊に凝縮。さあ、どーんと召し上がれ! また、川崎市北部市場や國學院大学をフィーチャーするなど、たまプラ・あざみ野を隅々まで調査した企画が満載の、一家に一冊持っておきたい保存版の内容でお届けします!  ※電子書籍版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 趣味・スポーツ・トレンド

趣味・スポーツ・トレンド ランキング