簡単サインで「安全地帯」を狙うFXデイトレード ──FXコーチが教えるフォロートレード

簡単サインで「安全地帯」を狙うFXデイトレード ──FXコーチが教えるフォロートレード

作者名 :
通常価格 1,620円 (税込)
獲得ポイント

8pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

FXコーチが教えるフォロートレード
簡単サインで押し目買い&戻り売りの絶好ポイントを探せ!
■ボリンジャーバンドの開発者、ジョン・ボリンジャー氏の言葉から生まれたWBR
本書で紹介しているWBRという新しいインジケーターは、RSIに、ボリンジャーバンド(以下、ボリン)の中心線と±2シグマのラインを引いたものです。RSIとボリンの関係から見える動き、具体的には「RSI とボリンの中心線の関係」「RSI とボリンの±2σの関係」からエントリーを探ります。

このインジケーターは、あのボリンジャーバンドの開発者、ジョン・ボリンジャー氏からいただいた、

「オシレーターにボリンジャーバンドを使うといいよ」

という言葉がヒントになっています。「ボリンジャーバンドをオシレーターとして使う」というアイデアを「トレードに生かせないか」と、1年以上も思考錯誤して、生まれたのが独自のインジケーター「WBR(Win-Bollin-Rsi)」です。


■押し目買い&戻り売りの絶好の場所がわかる
WBRの最大の特徴は、「チク」と呼んでいる、わかりやすいサインです(本書の第2章で説明。ボリンジャーバンドの中心線付近に出現する、RSIの小さな山や谷のこと)。このサインの出たところは押し目買い&戻り売りの絶好のポイントになります。

例えば、ロングであれば、75EMAの上に20EMAがあることを条件に、中心線の小さな山に該当するローソク足の高値を抜けたらエントリーです。ショートであれば、75EMA の下に20EMA があることを条件に、中心線の小さな谷に該当するローソク足の安値を抜けたらエントリーです。言葉だけだと理解しにくいかもしれませんが、チャートを見れば、一目瞭然です。

本書では、このWBRを使ったトレンドフォローを基本に、反転トレード、ダイバージェンスなど、トレードに役立つお話を紹介しています。

ジャンル
出版社
パンローリング株式会社
ページ数
544ページ
電子版発売日
2014年12月11日
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

「簡単サインで「安全地帯」を狙う...」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2015年03月01日

ボリンジャーバンドとRSIを利用した手法の紹介。
杉田の弟子が書いてる。
WBR(Win-Boloine-RSI)を紹介している。
インジケーターもダウンロード可能。
手法としてはおもしろい。
 

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「簡単サインで「安全地帯」を狙うFXデイトレード ──FXコーチが教えるフォロートレード」に関連する特集・キャンペーン

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,646

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!