CLUB HARLEY(クラブハーレー) 2019年8月号

CLUB HARLEY(クラブハーレー) 2019年8月号

通常価格 611円 (556円+税)
獲得ポイント

3pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※電子書籍版には、表紙画像や中吊り画像に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または一部の画像が修正されている場合がありますので、内容をご確認の上、お楽しみください。

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

真夏のホットなハーレーを
涼しく乗るコツ教えます!

■巻頭特集:
最強の“熱対策”マニュアル

近年の夏の暑さはかつての常識を超え、“猛暑日”という恐ろしい言葉が定着するほど過酷だ。しかも真夏のハーレーは、まるでストーブにまたがっているのかと錯覚するほど熱い。
そのアツさは走りに出掛ける気持ちを削がれてしまうほど厳しいもの。だから愛車に乗って素敵な夏の思い出を探しに行くには、熱さ&暑さをやわらげるノウハウが必要不可欠!
……ということで今号の巻頭特集は、最新の“熱対策”を徹底的に紹介!

■その他のコンテンツ
・RIDER’S EYEWEAR
・ちょい旧ハーレー調査隊
・気になるパーツ実験君
・ハーレー雑学王
・……他



表紙
目次
KADOYA×CLUB HARLEY 「背負ってヨシ」&「車載してヨシ」なワンショルダー開発中です!
Vin&Age×CLUB HARLEY 春夏のコラボグローブ こだわったのは質感&着用感!!
ホットなハーレーをクールにするコツ教えます 最強の“熱対策”マニュアル
読者の激アツ事情を緊急リサーチ!
最近のハーレーは、どうして熱い!?
この夏導入したい“COOLカスタム”
エンジンオイルの“夏対策”してますか?
ハーレー乗りの夏の爽快コーディネート
着るだけで涼しい、冷感インナー最新事情
汗まみれのウエアとギアの管理法
暑さを忘れる、技あり冷却グッズ
安心・快適な夏ツーリングの鉄則!
アツさに負けないカラダメンテ術
プロが実践する熱対策とは!?
パインバレーのサービスがユーザーを強力にバックアップ!
アメリカの最新パーツ情報をお届け!Prime Parts News
リアルディールの特別な2日間
CH定期購読キャンペーン
いまが買いドキ!? ちょい旧ハーレー調査隊 FLHTCUエレクトラグライド ウルトラ クラシック
気になるパーツ実験君
旅とハーレーと日々の風景
G‐SHOCKプレゼント
ラットフィンクを描いた プレミアムヘルメットが誕生!
California Line 夏は爽やかにホワイトカラーのセットアップを楽しむ
The Artistic Motorcycles Presented by Michael Lichter
ハーレーカルチャーが根付く 東大阪エリアが面白い!
持論! 推論! クエスチョン!? Chopper多事争論
ハーレー雑学王
CHインフォメーション
HARLEY-DAVIDSON 2019 ALL LINE-UP
CLUB HARLEY SHOP VOICE
CH読者プレゼント
TT&CO×CLUB HARLEY コラボヘルメット第2弾 どんなハーレー&ファッションに似合う?
1000ライダー 1000ハーレー
I LOVE SPORTSTER
RUMBLING WHEELERS
HOT PRODUCTS
RIDER’S EYEWEAR ヘルメットやジャケットみたいにアイウエアにもこだわりたい!

カテゴリ
雑誌
ジャンル
趣味・スポーツ・トレンド / 趣味・生活
出版社
エイ出版社
ページ数
150ページ
電子版発売日
2019年07月13日
サイズ(目安)
121MB

新刊オート購入

CLUB HARLEY(クラブハーレー) 2019年8月号 のユーザーレビュー

レビューがありません。

CLUB HARLEY(クラブハーレー) のシリーズ作品

※予約作品はカートに入りません

1~102件目 / 102件
  • CLUB HARLEY(クラブハーレー) 2020年11月号
    NEW
    誰かに聞いてみたかった、そんなギモンをスッキリ解消!! ■巻頭特集:ハーレー乗りが気になるギモン ハーレーはの個性は極めて強力。それだけに、最近手に入れたという人はもちろん、何年も乗り続けているベテランでも、何かしらのギモンを抱えているもの。 そこで今回は、一般的なことからマニアックなことまで、ハーレーに関する様々なギモンを収集。ハーレー乗りの心の中にあるモヤモヤを、一挙に解消し...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • CLUB HARLEY(クラブハーレー) 2020年10月号
    物欲を刺激する増ページ特大号! 一生モノの相棒になる、パーツ&ギア大集合!! ■巻頭特集:ハーレー乗りのマスト・バイ!! オーナーのライフスタイルにまで影響する特別な乗り物が、ハーレーダビッドソンだ。 それだけに、それぞれのハーレー乗りが気になるモノ、欲しいモノは違うハズ。 そこで今号の巻頭特集では、注目のパーツやギアをさまざまな観点で集めてみた。 ページを読み進めるほどに物欲を刺激...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • CLUB HARLEY(クラブハーレー) 2020年9月号
    賢く買って、とことん遊べる、“ちょい旧”ハーレーに注目!! ■巻頭特集:“ちょい旧”の選び方。 旧車でもなく新車でもない、“ちょい旧”ハーレーに注目が集まっている。あえてコレを選ぶメリットは、それ以前のモデルより信頼性が高いのはもちろん、実際に走らせると、いかにもハーレーらしい頼もしさを堪能できること。そして、「こんなに安いの!?」と驚くほどの価格で中古市場に流通しているからだ。そんな“...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • CLUB HARLEY(クラブハーレー) 2020年8月号
    この夏、ハーレー乗りがやりたいコト、 行きたいトコロを大公開!! ■巻頭特集:フリーダムな夏の旅、ハーレー乗ってどこへ行く!? 長かった外出自粛がひとまず緩和され、県外への移動制限も解除されたいま、我々の思いはただひとつ、「ハーレーで走りたい!」 梅雨が明ければいよいよ本格シーズンがやってくる。フリーダムな夏の旅で、バイクで自由に走り回れることの大切さを改めて実感しよう! ■その他...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • CLUB HARLEY(クラブハーレー) 2020年7月号
    カスタムの次世代トレンドの本命は、 “旧さ”と“新しさ”のハイブリッドスタイル! ■巻頭特集:ネオ・ボバーの誘惑 1940年代に誕生した“ボバー”というカスタムスタイル。 それをベースに現代的なデザインや流行を落とし込んだのが、本誌が提唱する“ネオ・ボバー”だ。 最近ではネオ・ボバーも多彩なカスタムが増え、世界観そのものが広がり始めている。 今最も注目を集めるネオ・ボバーの魅力、そしてカッコ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • CLUB HARLEY(クラブハーレー) 2020年6月号
    誰かに教えたくなる、とっておきのエピソード集! ■巻頭特集:ハーレー雑学大全 ハーレーは1903年に第1号車を製作し、それから現在に至るまで歴史を紡ぎ続けてきた。 その長い歴史の中で起こった様々な出来事が、ハーレーというブランドを 唯一無二の存在に成長させたことは言うまでもない。 そこで今号の巻頭特集では“誰かに話したくなる裏話”をテーマに、 一般的にはあまり知られていない、とっておきの...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • CLUB HARLEY(クラブハーレー) 2020年5月号
    気持ちのいいシーズンは、輝く愛車で走り出せ! ■巻頭特集:ハーレー&ギアのお手入れQ&A 待ちに待ったシーズン到来!  本格的に走り出す前に、まずは愛車とギアのお手入れをしよう!  ……でも、バイク磨きはもちろん、走り出す前のチェックや、 愛用品のメンテを実際にやろうと思っても、 「どうやるの?」とギモンに思うことがたくさんある。 そこで今回はQ&A方式で、お手入れに関するお悩みを一挙に...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • CLUB HARLEY(クラブハーレー) 2020年4月号
    ハーレーのプロが推薦する、人気ブランドの注目アイテム目白押し! ■巻頭特集:この春、絶対欲しいもの 春は物欲の季節。欲しいものがだいぶ前から決まっていても、次から次へと新たな“欲しいもの”が現れる。 いったい何を優先して買えばいいのかわからない……、そんなときに頼りになるのがプロのひと言。 というワケで、いま何がオススメなのか、そしてそれがイチオシな理由をメーカー&ショップスタッフ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • CLUB HARLEY(クラブハーレー) 2020年3月号
    人気急上昇のカスタムスタイルから、 絶対欲しい新感覚パーツまで徹底リサーチ!! ■巻頭特集:カスタムの最新トレンド徹底調査!! ハーレーに乗るうえで欠かせない楽しみ方のひとつが“カスタム”だ。 今号の巻頭特集では、各国のカスタムシーン、そしてパーツメーカーの動向などを調査しながら、ブレイクしそうなスタイルやパーツなどを徹底的に検証していく。 ■その他の人気連載 ・“Bikers Wallet”Selecti...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • CLUB HARLEY(クラブハーレー) 2020年2月号
    ハーレー乗りの夢を叶える、ガレージ作りのノウハウ満載! ■巻頭特集:とっておきの趣味空間、ガレージ拝見!! 時間や天候を気にすることなく、好きなだけ愛車に触れることができるのはもちろん、ボーッと愛車を眺めながら晩酌をしても、近所の人に怪しまれる心配もない。 どうせなら趣味の模型を飾れる棚や、お酒が飲めるカウンターを作って……などなど、自分だけの理想のガレージを想像するだけでも、ワク...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • CLUB HARLEY(クラブハーレー) 2020年1月号
    カスタムハーレー満載のオリジナルカレンダーが付録! ■巻頭特集: ハーレーらしさ、とは何か? ニューモデル“Pan America”と“Bronx”を見て、多くの人は「ハーレーらしくない」と驚いたに違いない。しかし、そもそも我々は、何をもって「ハーレーらしい」と感じているのだろうか? 求めるものは人それぞれ違うとはいえ、その根底にはきっと理想のハーレー像があるはずだ。「ハーレーらしさ」をひも解き...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • CLUB HARLEY(クラブハーレー) 2019年12月号
    なぜローライダーは“最高傑作”と呼ばれるのか? ■特集①: 永遠のマスターピース “ローライダー”に惹かれる理由 ‘77年にデビューした“FXSローライダー”。登場するやたちまち大ヒットとなり、現在でも憧れる人は数多い。そしてその名前は最新モデルにも受け継がれ、新たなファンを獲得し続けているのだ。 はたして、ローライダーに心惹かれる理由とは何なのか? あらゆる面からその秘密をひも解いていく...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • CLUB HARLEY(クラブハーレー) 2019年11月号
    永久保存版! 今さら聞けない100個のノウハウを一挙に紹介! ■特集①: ハーレー乗りが知っておくべき 100のノウハウ 奥深きハーレーの世界には、愛車のお手入れや整備はもちろん、カスタムや乗りこなすテクニックなど、知っておくべきノウハウがとてもたくさん存在している。 というワケで、「何かしよう」と考えたときに、必ず役立つテクニックを一挙に紹介! ■特集②: 真冬を快適に走るカギは“インナ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • CLUB HARLEY(クラブハーレー) 2019年10月号
    ブツ欲を刺激する、増ページ特大号!! ■特集①: H-D2020 MODEL DEBUT!!  次世代ハーレーは何が違う!? 長い歴史を誇るハーレーダビッドソンは、大きな転換期を迎えている。 そんななか、いよいよ発表された’20年モデル。 なかでも注目のニュースは、“ローライダーS”の復活と、ツアラーとトライクに装備された“新しい電子制御システム”だ。 これによってハーレーはどう変わるのか、気になる真実に迫る! ■...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • CLUB HARLEY(クラブハーレー) 2019年9月号
    意外と知らないスポーツスターの 実力を徹底検証! ■巻頭特集: スポーツスター、ガチンコ十番勝負!! トルクや車格の劣るスポーツスターはビッグツインと同等に走るのか? 排気量の小さな883は1200と比較して何が優れているのか? 旧型のリジッドマウントと現行のラバーマウント、実際に何が違うのか? ……などなど、知っているようで実はよく理解していないのが正直なところ。 だが百聞は一見にしかず。...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • CLUB HARLEY(クラブハーレー) 2019年8月号
    真夏のホットなハーレーを 涼しく乗るコツ教えます! ■巻頭特集: 最強の“熱対策”マニュアル 近年の夏の暑さはかつての常識を超え、“猛暑日”という恐ろしい言葉が定着するほど過酷だ。しかも真夏のハーレーは、まるでストーブにまたがっているのかと錯覚するほど熱い。 そのアツさは走りに出掛ける気持ちを削がれてしまうほど厳しいもの。だから愛車に乗って素敵な夏の思い出を探しに行くには、熱さ&暑...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • CLUB HARLEY 2019年7月号
    611円(税込)
    巻頭特集: ちょい旧ハーレーは今が乗りドキ!? 近頃、新車でもなく旧車でもない、いわゆる“ちょい旧”ハーレーが脚光を浴びている。 そこで今号の巻頭特集は、ちょい旧世代のハーレーを徹底リサーチ。 年式によるキャラクターの違いや予算別のカスタム指南、中古車選びのコツなど、 ちょい旧でハーレーライフを楽しむための、知って得する情報を一挙紹介! その他のコンテンツ ・足まわりカスタムの真実 ...
  • CLUB HARLEY 2019年6月号
    611円(税込)
    新しい時代を切り開いたカリスマは、 現代のカスタムシーンに何を遺したのか。 ■巻頭特集: カスタムの革命児 アレン・ネス カスタムバイク業界のレジェンドである アレン・ネスが、3月22日にこの世を去った。 単なるカスタムビルダーという枠に収まりきらない類まれなるセンスをもち、 現代のカスタムシーンに多大な影響を与えてきた。 そんなアレン・ネスの功績を、あらためて紐解いてみよう。 ■第2特...
  • CLUB HARLEY 2019年5月号
    611円(税込)
    トレンドリーダーたちの 濃厚すぎる!? 愛車遍歴を大公開!! ■巻頭特集: 『トレンドリーダーたちのハーレー愛。』 カスタムビルダーやファッションリーダー、そしてハーレー業界のアノ人……など、 いま日本のH-Dムーブメントを牽引している13人のトレンドリーダーたちに、 彼ら流儀のハーレーの愛し方を聞いた。 上っ面だけじゃない、“ホンモノたちのハーレー愛”とは!? ■第2特集: 『THE“DTIR STYLE”Sport...
  • CLUB HARLEY 2019年4月号
    611円(税込)
    ハーレー乗りが知りたかったアレコレを バッチリ検証しちゃいます! ■巻頭特集: 気になるパーツ&ギア、実際どーなの!? 「カスタムもしたいけど、ライダースジャケットやデニムもほしい!」 アレもコレも買えれば最高だが、そうもいかないのが現実だ。 そ・こ・で! 旬のカスタムパーツから機能性を高める便利グッズまで、 ハーレー乗りが気になっているであろうアイテムを、 いろいろと掘り下げて検証...
  • CLUB HARLEY 2019年3月号
    611円(税込)
    ハーレーをイジる楽しさ、目立つ悦び。 ■巻頭特集: カスタムの醍醐味を徹底分析!! ハーレーの楽しみのひとつがカスタムだ。 ノーマルの状態から何かひとつ手を加えるだけでも、得られる満足感は相当なもの。 たしかにショーモデル級のカスタムは魅力的だが、 自分の用途やライフスタイルに見合っていなければ意味がない。 つまり、カスタムとは「究極の自己満足」なのである。 だからこそ、カスタムの効...
  • CLUB HARLEY 2019年2月号
    611円(税込)
    憧れを実現したガレージの実例集! ■巻頭特集:ハーレー乗りの秘密基地、ガレージ探訪!! 自宅スペースにバイクを置けるのならまだマシだ。 集合住宅住まいではオイル交換はもちろん、ちょっと腰を据えて愛車を磨きたい、 なんてときでさえ周囲の目に気を配らなくてはならない。 だからこそ「ガレージ」という甘美な響きに、夢を感じないバイク乗りはいない。 ましてや、幼少時代に秘密基地を妄想し、ワク...
  • CLUB HARLEY 2019年1月号
    611円(税込)
    ハーレーと愛用品を輝かせるコツ教えます! ■別冊付録:「カスタムハーレーカレンダー2019」 有名ビルダー作り上げた珠玉のカスタムハーレーを毎月楽しめる、2019年版のカレンダーが付いてます! ■巻頭特集:愛車とギアのお手入れ術。 寒くなっていくこの季節こそ、愛車とギアを“お手入れ”するベストシーズン。 とはいえ、愛車を磨いていると気になり出すのが、落ちない汚れやキズ、そしてサビ問題。 ...
  • CLUB HARLEY 2018年12月号
    611円(税込)
    ■巻頭特集: 最新ツアラーのそこが知りたい!! ハーレーの象徴的な存在である“ツアラーが”、‘19年モデルで大幅に進化した。 「ナビが使えるようになったってホント!?」「排気量の大きな114エンジンってどーなの!?」など、いろいろと気になっている人も多いハズ。 では実際に最新型のツアラーは、何がどんな風に変わったのか? それが果たして良くなったのか、それともイマイチなのか? そんな気になるとこ...
  • CLUB HARLEY 2018年11月号
    611円(税込)
    ハーレー115年の真実。 ハーレーダビッドソン第1号機が作られたのは、115年前の1903年。 それから23年後、初のOHVエンジンとなる通称“ナックルヘッド”を開発し、1936年に発売した。 現在も受け継がれているハーレー独自のエンジンレイアウトは、今から80年以上も前に完成していたのだ。 しかし、伝統を継承するだけではなく、革新的な挑戦も怠らないのがハーレーダビッドソンというメーカーが貫いてきた姿...
  • CLUB HARLEY 2018年10月号
    611円(税込)
    ■巻頭特集: ハーレーのNewウェーブを 知っているか? 2019年モデルだけでなく、将来リリースする予定の次世代モデルまで、ドド~ンと一気に発表するなど、今まさにハーレーには新しい波が怒濤の勢いで押し寄せています。 その潮流はカスタムやカルチャーにも影響を与え、これまでなかった新しいスタイルや流行を生み出そうとしています。 そこで今号の巻頭特集では、注目の最新モデル、カスタムの新常識...
  • CLUB HARLEY 2018年9月号
    611円(税込)
    ■巻頭特集: 知らなかったぜ!! スポーツスターの真実。 “ビギナーや女性にも優しいハーレー”というイメージは、 スポーツスターが持ち合わせているキャラクターの一面でしかない。 1957年にハーレー社が送り出したスポーツスターは、 今でいうところの“スーパースポーツ”だった。 高回転域までエンジンを回すために有利な4つのカム、そしてミッション一体式の コンパクトなエンジンは、レースで勝つために...
  • CLUB HARLEY 2018年8月号
    611円(税込)
    ■巻頭特集: “ダイナ”はやっぱりスゴかった!! ハーレーの歴史を紐解くと、かつてビッグツインモデルは “キング・オブ・ハイウェイ”と呼ばれるほどツアラーとしての趣が強く、 スポーティな走りとはまったく無縁だった。 その歴史を変えたのが、1971年に登場した“FXスーパーグライド”だ。 ビッグツインのスポーツ路線を打ち出すと、 以降FXR、そして“ダイナ ファミリー”へと進化を遂げてきた。 そんな“ダイ...
  • CLUB HARLEY 2018年7月号
    611円(税込)
    ■巻頭特集: ハーレー乗ってサマになる、ハズさない服選び。  ハーレーに乗るからには着る服にもこだわって、カッコよくキメたいもの。 だけど「イメージとちょっと違う……」と、自分の着こなしに自信が持てないハーレー乗りも実は少なくありません。 だからといって、「服のセンスがないのかも!?」そんな迷いは無用!  サマになったスタイルを演出するのに必要なのは、“センス”ではなく“ノウハウ”です。...
  • CLUB HARLEY 2018年6月号
    611円(税込)
    ショートツーリングを充実させる裏ワザを大公開!! ■巻頭特集: 『短時間でも満足できる“ちょいツー”攻略法!!』 なんと言ってもハーレーの醍醐味は、走って感じる気持ちよさ。 そして年間を通して最もコンディションがいいこの季節には、時間をかけて思う存分走りたい! ……と思っても、現実的にはオトナはけっこう忙しいもの。 だから週末のどちらか1日、場合によっては半日時間を取れればいいほうです。 ...
  • CLUB HARLEY 2018年5月号
    611円(税込)
    巻頭特集:知りたいことはプロに聞け!『ハーレーなるほどQ&A』 ハーレーに乗っていると、知っておくべきことが意外と多いことに気づくハズ。 例えば乗る時のファッションをはじめ、カスタムのセオリーや自分でできるメンテ、さらにハーレーならではの乗りこなしのコツなどなど、他メーカーのバイクにはない独自の世界観を持っているのが、ハーレーダビッドソンなのです。 だから、こだわりの愛車をカッコ...
  • CLUB HARLEY 2018年4月号
    611円(税込)
    今号のクラブ・ハーレーは、物欲を刺激する増ページ特大号!! ■巻頭特集:「ハーレー乗りのマスト・バイ!!」 ハーレーに乗っていると、ヘルメットやグローブ、ウエアやブーツ、 さらにはカスタムパーツなど、様々なアイテムに物欲が刺激されます。 でも誰もが「失敗はしたくない」と思っているハズ。 だからこそ、いまのトレンドを十分に考察しながら、 今年ブレイクしそうなモノを集めました。 見逃せな...
  • CLUB HARLEY 2018年3月号
    611円(税込)
    ■巻頭特集:「ハーレー乗りのカスタム美学。」 ハーレーライフの楽しみのひとつが、愛車を自分の理想に近づける「カスタム」です。 多くの人の目を奪うカスタム車両には、並々ならぬこだわりが注ぎ込まれているものです。 たとえ流行のスタイルを追いかける場合でも、たくさんのパーツの中からひとつの部品を選び出す審美眼、そしてビルダーやオーナーの理想が注入されているのです。 つまり、人に勧められ...
  • CLUB HARLEY 2018年2月号
    611円(税込)
    ■巻頭特集:「HARLEY GARAGE 2018」 バイク好やクルマ好きなら誰もが憧れる「ガレージ」という空間。 ハーレー乗りにとってのガレージとは、これでもかと好きなモノを詰め込んで、何にも邪魔されることなくオーナーが自由に時間を過ごす、オトナの秘密基地のような場所です。 そんな憧れを実現したウラヤマしすぎるハーレー乗りの、自慢のガレージをたっぷり紹介します。 とはいえ、ガレージを持つのはそれ...
  • CLUB HARLEY 2018年1月号
    611円(税込)
    巻頭特集は「“究極の輝き”をてに入れろ! ハーレーとギアの“お手入れ”読本」! オンシーズンに思い切り楽しんだ人ほど、愛車と愛用品のお手入れが必要です。そこで今号の巻頭特集では、ハーレーをピカピカに輝かせるためのテクニックや便利なアイテム、そして、革ジャンやブーツといった愛用品を長くキレイに使い続けるためのノウハウをたっぷり紹介します。カッコイイバイクが大好きで、ファッションにも...
  • CLUB HARLEY 2017年12月号
    611円(税込)
    巻頭特集は「ハーレー乗りが知って得するツーリング最新ノウハウ」。 これからの季節は風が冷たく、陽が落ちるのも早くなっていきます。でも、だからといって走りに行かないのはモッタイナイ!  冬は各地の美味しいものが旬を迎えるし、観光地でも交通量が少なくなって走りやすい。さらに、ハーレーの空冷エンジンは、気温が低いほうが元気よく走るのです!  そこで今号の巻頭特集では、ツーリングをもっ...
  • CLUB HARLEY 2017年11月号
    611円(税込)
    2018年で115周年を迎えるハーレーダビッドソン。                                                    発表されたばかりの2018年モデルのラインアップの中で、最大のトピックになっているのが「新型ソフテイル」シリーズの登場です。 エボエンジンの時代から20年以上も続いてきた、「ソフテイル」と「ダイナ」という車種の枠組みを取り払い、軽さとス...
  • CLUB HARLEY 2017年10月号
    611円(税込)
    ブツ欲満載、増ページ特大号! 巻頭特集は、「ハーレーのプロが教える “いまが旬”なパーツ&ギア大特集」。 秋は季節の変わり目で、ハーレー用のパーツやアパレルなど、 新製品が続々と発売されるタイミングです。 そこで今号の巻頭特集では、気軽に試せるお役立ちパーツ、 いつかは装着してみたい憧れのパーツ、 ツーリングに欠かせない最新ギア……など、 ハーレー乗りがいま買うべき旬なアイテムを、 ハ...
  • CLUB HARLEY 2017年9月号
    611円(税込)
    巻頭特集:エンジンまわりのカスタム入門! ハーレーのエンジンは、他メーカーのバイクとは異なる味わい深さを持っています。 しかもカスタムを施すことで、楽しみの幅を一気に広げることができるのです。 とはいえ、「エンジンまわりのカスタム」と聞くと、なんだか難しそうな印象です。 そこで今回の巻頭特集では、エアクリーナー交換、マフラー交換、EFIチューニングといったカスタムメニューについて、...
  • CLUB HARLEY 2017年8月号
    611円(税込)
    50年以上前に登場した“ショベルヘッドエンジン”は、 いまだに多くのハーレー乗りに愛されています。                            そして、最新モデルのオーナーにとっても、 “ショベル”という言葉は不思議とカッコよさを連想させるキーワードです。 なぜショベルヘッドは、50年以上経った今でも輝きを失わないのでしょうか? それは、日本のファンが抱くハーレーへの「憧れ」や...
  • CLUB HARLEY 2017年7月号
    611円(税込)
    タイヤのパンク、バッテリー上がり、ガス欠など、 ハーレーで走っていると予期せぬトラブルに遭遇するもの。 そんな起こってほしくない“トラブル”を未然に防ぐ方法と、 起きてしまった後の対処法をわかりやすく解説します。 他にも、大排気量の空冷エンジンを搭載するハーレーならではの 暑さ対策、愛車のお肌トラブル対策、突然の雨対策などなど、 楽しいハーレーライフを過ごすうえで、 ぜひとも知ってお...
  • CLUB HARLEY 2017年6月号
    611円(税込)
    愛車を自分専用に仕上げていくカスタムは、 ハーレー乗りの最も気になるところ。 でも「カッコイイ」ことだけを目指してカスタムすると、 実際のツーリングでは快適に走れなくなることも……。 そこで今号の巻頭特集では、 ツーリングの楽しさをさらに高めるための、 カスタムのコツを紹介します。 本格的なツーリングシーズンを前に、 試してみればスグに効果を体感できる、 お役立ち情報が満載です! ※デジ...
  • CLUB HARLEY 2017年5月号
    611円(税込)
    初めてハーレーに乗ったときのように  走れ、海へ! 始めてバイクを手に入れた時、アナタはどこを目指しましたか? きっとお気に入りの海、だったはず。 ただ海を目指してハーレーと。 ツーリングシーズンの始まりは そんな気持ちを思い出しながら お気に入りの道で海を目指しましょう。 寒くてあまり乗ってなかった、という人は 走り始めのメインテナンスも忘れずに。 乗ろうと思ったらセルが回らない!...
  • CLUB HARLEY 2017年4月号
    611円(税込)
    アナタのハーレーをカッコよくする 最新のハーレー情報がココにある。 新型エンジンミルウォーキーエイトも登場して 話題の絶えないハーレーダビッドソン。 今月は春の特大号として通常よりも増ページで、 ハーレーに乗っているからこそ欲しい、 気になるパーツ、ハーレーに乗るから欲しい、 アナタをカッコよく演出するギアの最新情報をお届けします。 2017年を走りつくすために、ハーレーも、あなた自身...
  • CLUB HARLEY 2017年3月号
    611円(税込)
    楽しいハーレーの世界がココにある!創刊200号を記念して、今までクラブハーレーがお伝えしてきたハーレーの楽しい世界すべてを網羅。 300ページを超えるボリュームで、ハーレーが普通のバイクと違う理由を一冊に凝縮しました。 お待たせしました! 稲妻フェスティバルに集まったハーレー乗りのSNAP大会も掲載してますよっ アメリカンカルチャーに影響されて、憧れのアメリカを追い続けるハーレーオーナー...
  • CLUB HARLEY 2017年2月号
    611円(税込)
    今月は様々なハーレー乗りのガレージを突撃取材。 ハーレーほど、オーナーの暮らしまで変える乗り物は他にありません。 ハーレーガレージの特徴はアメリカンですが、 最近はアメリカンもさまざまに進化している様子。 人気のカリフォルニアスタイル、インダストリアル、旧きよきアメリカ、などなど。 車庫あるいは物置をガレージに変身させるアイデアいっぱい。 ハーレーがもたらす楽しい暮らしの実例集で...
  • CLUB HARLEY 2017年1月号
    611円(税込)
    特集は、ふたつのビッグツインが 同時にラインアップされる今、 ツインカムとミルウォーキーエイトはどうちがうのか? というハーレー乗りのギモンに応えます。 そもそも何で4バルブになったのか分からん! ツインプラグは何がエラいのか分からん!! というのがユーザーの正直なところ。 今回はエンジンの仕組みからわかりやすく解説することで 2つのビッグツインの違いを明らかにしていきます。 クリスマス...
  • CLUB HARLEY 2016年12月号
    611円(税込)
    日本に上陸したミルウォーキーエイトはどんな走りをするのか初インプレッション。 パワーチェックでは驚きの結果が。 特集はハーレー乗り達は今何を着て走っているのか? 急に寒さがやってきた今年は何着て走ろうか? と悩んでいる人も多いハズ。 寒さとどう戦うか、がバイクに乗る人が服に求める機能。 ハーレーに乗る以上、バイク便スタイルじゃあ面白くない。 今のハーレー乗りは何を着て走っているのか?...
  • CLUB HARLEY 2016年11月号
    611円(税込)
    今月は日本とアメリカから多くの話題や注目すべきライフスタイルを取材。 様々な角度から、自分だけの道を行く、ハーレー乗り達のスタイルを追いかける。デウス・エクスマキナ主催のバイクビルドオフ。 サーフィンなど横ノリカルチャーとハーレーをフリーダムという言葉で結びつけた先駆者、″サイクルゾンビーズ”。 世界最速の更なる記録更新に挑む、ボンネビルスピードトライアル。 ルート66やセドナの絶...
  • CLUB HARLEY 2016年10月号
    611円(税込)
    ハーレーを楽しむための新製品をこれでもか!と紹介する秋の特大号。 今回は、新製品に加えて、 ハーレー乗りが気になるパーツの ホントのトコロを深~く掘り下げてみます。 たとえば、「LEDのバルブ」は、 本当に消費電力を減らす効果があるのか? 気になりますよね~。 電熱ウエアやケータイナビなど電化製品の使用が多くなり、 ハーレー自体もバッテリーの電気がなければ コンピューターが動かない。 そ...
  • CLUB HARLEY 2016年9月号
    611円(税込)
    現代のハーレー、ツインカムには、 旧車をモチーフにするディテールが多くみられます。 それはハーレーの価値のひとつは歴史というモノの上に成り立っているからです。 どのようにして自分が乗るツインカムに発達してきたのか、 今回はナックルヘッドとパンヘッドに的を絞り、 なんとナックルヘッドの登場からパンヘッドの最終まで、 毎年どこがどう変わって進化したのか? 毎年のモデルチェンジの詳細を追...
  • CLUB HARLEY 2016年8月号
    611円(税込)
    フランスの片田舎、ビアリッツ。 ほとんどの人がどこ? それ?? な場所。 そんな小さな町に一週間、バイクのサウンドが響きわたる。 イベントの名はホイールズ&ウエーブス。 欧州中から集まるのは、ファッションにも、バイクにも感度の高いおしゃれバイカー達。 今月はヨーロッパのハーレーカルチャーと様々な他のバイクにも注目していただく。 カスタムのインスピレーションを得るか、ファッションに影響...
  • CLUB HARLEY 2016年7月号
    611円(税込)
    もうすぐ夏がやってくる! ハーレー乗りならずともアウトドアを楽しみたくなる季節です。 この夏はハーレーでキャンプも楽しんでみませんか? といっても荷物を山ほど積んで、、、。なんてお約束のスタイルはクラブハーレーは認めません! 明るい内にキャンプ場に到着して、設営して、炊事して、、、。 それじゃあツーリングは楽しめませんよね。 キャンプがメインならSUVで行けばいいんです。大人ですから...
  • CLUB HARLEY 2016年6月号
    611円(税込)
    俺のハーレーなんてカッコいいんだ、、、。 ハーレー乗りなら自宅のガレージで、ツーリング先でふと愛車に見惚れている瞬間があるハズ。 ブレーキを替えたり、あるいはペイントを替えたり、自分と出会ったノーマルの一台をどうカッコ良くしていこうか? そんなことを考えながら過ごすのはとても楽しい時間です。 今月はそんなカスタムの原点に立ち戻り、芸術性よりも、ハーレーらしいカッコよさを備えたオ...
  • CLUB HARLEY 2016年5月号
    611円(税込)
    さあ! 待ちにまった春がやってきました。 うららかな陽気に誘われてハーレー乗りが考えることはひとつ。 ハーレー乗ってどこかへ走りに行きたいなぁ…。ということです。 シンプルだけど大事なこと。 そこで気になるのは着ぶくれていた冬とちがって 何を着てハーレーに乗ればいいのか? ということです。 カッコよくなきゃハーレーじゃない!! というわけで 今月は春一番に走り出したハーレー乗りに密着。 ...
  • CLUB HARLEY 2016年4月号
    611円(税込)
    ハーレーを楽しみ方にルールはない。カスタムにもルールはない。 でも、ハーレーがバランスの上になり立つオートバイである以上、 自分の命を乗せて走るモノである以上、 イジリ方にはある種の方程式が存在する。 たとえばハーレーらしい3拍子。 色々なやりかたをいう人がいるけれど、 現代ではツインカムで3拍子を出すにはこうすれば良い、 という正しい方程式が既に編みだされている。 なら、答えを導き...
  • CLUB HARLEY 2016年3月号
    611円(税込)
    ガレージが欲しい、それはハーレーに跨る誰もが感じる願望。 誰に邪魔されることもなく、時間も気にせず自分のハーレーを愛でる空間が欲しい。 “カリフォルニア”のビーチシティに住まうような心地よさ、 アメリカの倉庫のように無骨な質感を楽しむ“インダストリアル”。 新しい2つのキーワードを取り入れるだけで、 今までのモノオキがグッとオシャレに居心地のいいガレージになる。 ハーレーガレージを楽...
  • CLUB HARLEY 2016年2月号
    611円(税込)
    今月はハーレーの中で現在最も人気を誇るといわれる ストリートグライドに注目。 誰もがイメージするハーレーらしい姿でありながら、 2010年までは存在しなかったモデル。 その誕生にはハーレーを愛するユーザーの姿が。 そんな誕生の背景、それまでのツアラーと何が違うのか? ストリートグライドが持つハーレーらしさとは何なのか? 走りのクオリティのアップを図れる、大人なカスタムパーツは? など オ...
  • CLUB HARLEY 2016年1月号
    611円(税込)
    特集はバイクの世界から見たハーレーのすごさ、に注目。 意外とある今では普通の機能や装備、テクノロジー、実はハーレーがバイクの世界では先駆けてやっていた!? 他の世界のどのメーカーも実現できなかったことをハーレーは成し遂げていた!? という、知っているようでしらなかった事実やエピソードが山ほど登場。 ハーレーってやっぱりスゴいバイクだなぁ~と、あらためて自分のハーレーにホレなおす、あ...
  • CLUB HARLEY 2015年12月号
    611円(税込)
    今年はファッションの世界でもライダースジャケットが注目されています。 ハーレー乗りにとっても、電熱ウエアを手に入れたら、次に買うべきはライダースジャケット。 実際に着て走るハーレー乗りにとってライダースジャケットは、デザインと機能を両立する機能服。 変わらない定番モノのように見えても、実は時代に合わせて変化をとげているのです。 オシャレに魅せる着こなし方も、昔ながらの80年代バイ...
  • CLUB HARLEY 2015年11月号
    611円(税込)
    ハーレーの旧車大国ニッポン。しかし今や、貴重なオリジナルに手を加えるのは邪道。でも、モーターサイクルは乗ってこそ、走ってこそ。ボルト一本にまでこだわる旧車ライフを誰もが楽しめるとは限りません。そんな矛盾を解決するのがクレートモーターです。旧い型のエンジンが今でも新品で手に入る。カスタムも自分の思いのままに楽しめ、走りも不自由することがありません。ハーレー自身も2016年モデルで...
  • CLUB HARLEY 2015年10月号
    611円(税込)
    今月は気合いを入れてハーレー2016年モデル速報から、ライダースジャケット、ブーツ、ヘルメットにグローブ、欠かすことのできない秋の新作モーターサイクルギアをはじめ、世界から集めたブランニューなパーツも満載。これでもか! な読みごたえアリの一冊です。即買い必至。 ※電子書籍版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合がありま...
  • CLUB HARLEY 2015年9月号
    611円(税込)
    夏休みだからこそ、いつもより少し遠くへ。まだ見たことのない景色を求め、特別なツーリングに出掛けようじゃありませんか! 初めて走る道は、ハーレーに乗る楽しさを再確認させてくれるもの。と、同時に未知なる世界への不安も、もちろんあるはずです。道に迷ったら⁉︎ 天候が急に変わったら⁇ そんな事態に備えて支度をするのも、ハーレーライフの楽しみのひとつ。今月は、そんないつもと違うツーリングに...
  • CLUB HARLEY 2015年8月号
    611円(税込)
    ハーレーがインジェクション化されたのは2007年のこと。すでに8年もの歳月が経過し、時代はインジェクションへと移行しました。とはいえ112年の歴史のなかでわずか8年。旧車からツインカム88も含めた多くのハーレーオーナーは、キャブレターと付き合っていることになります。今回は、いまさら聞けないキャブレターについてもう一度おさらいしてキャブレターの魅力とは何か? なぜ時代はインジェク...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • CLUB HARLEY 2015年7月号
    611円(税込)
    今月はスピードクルーザーという新たなジャンルを提案します。ツアラーのような装備と快適性を持たせることも可能で、スポーツスターのようにスポーティな走りができる、しかも、ボルトオンでアナタのハーレーでもそのスタイルが実現できるとしたら……。気になりませんか? ワルなバイクで片づけるにはもったいない走りにストイックなスタイル。答えは今月号の中にあります。さらにツーリング、イベントシー...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • CLUB HARLEY 2015年6月号
    611円(税込)
    ハーレーダビッドソンが、これほどまでに世界中の人々に愛されている理由は何でしょう? それはハーレーを取り巻く文化がある、からかもしれません。自分の理想の一台にカスタムする、その見せびらかしにカスタムショー、あるいはバイクウイークに足を運ぶ、自分の腕を試すレースに参加する、そんなハーレーならでは楽しみ方は、旧きよき時代から現代まで、全世界のハーレー乗りが行ってきたからこそ、文化...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • CLUB HARLEY 2015年5月号
    611円(税込)
    あたたかな春の陽射しにさそわれて、今日は走りに行こうかな、そんな気分になる季節。そこで今月は思い立ったらツーリング! 身軽で気ままなひとり走りの極意に迫ります。首都圏でも湘南や千葉など定番と言われるルートがありますが、そんなあたりまえの中にある、知られざる道、ついたちよりたくなるカフェなどハーレー乗りが知るスポット情報から、話題の新幹線とレンタルハーレーを駆使して北陸を訪れる...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • CLUB HARLEY 2015年4月号
    611円(税込)
    今月は春のボリュームアップ特大号です。2015年を占うニューパーツ、ニューギアが続々登場する一冊丸ごと企画。たとえば、ハーレーに新しく加わったばかりの「ストリート750」はレボリューションXという新型水冷エンジンを搭載していますが、Vロッドに搭載されている水冷レボリューションエンジンとはどう違うのか? ストリート用に開発された出来たてホヤホヤの最新のカスタムパーツと共に、「そう...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • CLUB HARLEY 2015年3月号
    611円(税込)
    2015年を迎えた今、カスタムの方向は更なる変化を見せ始めています。リジッドフレームのシンプルで美しいフォルムは魅力ですが、時代の波にのまれて消えたリジッドの良しも悪しきも知ったハーレー乗り達の中に、過去の手法とは違う、本当に外観はリジッドのようにみえて実はリアサスを備えている、進化したソフテイルを考える動きが表れ始めたのです。純正ソフテイルフレームを進化させる、あるいはリ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • CLUB HARLEY 2015年2月号
    611円(税込)
    ハーレー乗りにとってガレージは夢の秘密基地。アメリカンなガレージ、と一言でいっても方向性はさまざま。ハーレーグッズがいっぱい、モーター系のヴィンテージアイテムに囲まれた空間、アメリカの建物をまるごと使ったもの、家一軒まるごとカリフォルニアなスタイルにしちゃう! なんてオーナーも増えてきています。本場アメリカからはクレイジーファストクラッカーと呼ばれる男〝トム・フォスター”のガ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • CLUB HARLEY 2015年1月号
    611円(税込)
    ハーレー乗りなら一着、一足は持っているライダースとブーツ。ファッショナブルなアイテムであると同時に、重要なライディングギアでもあります。どんなに表情豊かなレザーでも、腕が上がらないとか風が入り込むとかではハーレー乗りには用を成しません。永遠の定番と呼ぶにふさわしいライダースジャケットの魅力とは何か。でも、定番ライダースJKTの硬い牛革は本来レース用で、同じカタチでも馴染みのいい...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • CLUB HARLEY 2014年12月号
    611円(税込)
    カッコいいクルマとカッコいいバイクを両方所有するのは、世界共通のオトコの夢。今月はちょっとオトナの世界にご案内します。自分を演出してくれる、非日常的な乗り物。それが新旧や国籍にとらわれない現代におけるスーパーカーの定義です。エンスージアスト達が選ぶクルマはそれぞれですが、みんなが選んだバイクはハーレー。現代において奇抜なバイクやスピードの出るバイクはいくらでもあります。それ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • CLUB HARLEY 2014年11月号
    611円(税込)
    日本のハーレーシーンに火をつけた歴史的名車ローライダーが1979年モデルのカラーリングをまとって復活しました。マスタングやカマロなど近年のアメリカ車にみられるような名モデルを現代的にリデザインしたスタイルは、旧車好きなハーレーファンの心にも響くスタイリングと現代的な性能を持っています。ついに登場した2015年モデルの話題をハーレーの歴史、日本のシーンの歴史とともに振り返るニューモデ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • CLUB HARLEY 2014年10月号
    611円(税込)
    さあさあ! 新製品が続々リリースされる秋であります。ファッションの秋、ツーリングの秋。昼は暑くても、秋の陽はつるべ落としと言いますからね、防寒対策もしなきゃいけません。ハーレーのファッション、どんな服を選ぼうか? カッコよくしたい! 自分のハーレー、どんなパーツが似合うのだろうか?? ひとつパーツを換えただけで走りに行きたくなりますからねっ、悩んでいる人も多いハズですよね。そこ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • CLUB HARLEY 2014年9月号
    611円(税込)
    季節はまだまだ夏。過ぎ行く夏を惜しむように追い求める季節でもあります。今月は夏を楽しむハーレー乗りの姿に注目。北海道の絶景を駆けたチョッパービルダー、ヴィンテージのスポーツスターでオフロードを駆けるなどユニークなハーレーとの付き合い方、そして、夏の猛暑を避けるナイトランや、ハーレー女子“ハナ”が教える早朝ツーリングの魅力など、高速道路の開通情報や、ハーレーの熱対策など実際のツ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • CLUB HARLEY 2014年8月号
    611円(税込)
    バイクの一般的なパワーアップ方法として、吸排気を換える、ハイカム入れる、圧縮あげる、それでも足りなきゃ排気量あげる…。誰もが知っている、いや知っていた法則。でも現代のハーレーには、昔ながらに言われてきたその法則が通用しないって知ってました!? 誰もが求める三拍子から、ハイカムって何?、圧縮ってナニ??、というビギナーにも分かる説明で、失敗しない最新のハーレーチューニングを解説します...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • CLUB HARLEY 2014年7月号
    611円(税込)
    ハーレー乗りのファッションは黒いTシャツにピタピタのデニム。そんなイメージ通りで満足しているアナタを変えます! たとえば今年流行の白デニム、昔は白に汚れは厳禁でしたが、ファッションに理解のある現代は違うんです。デニムが生まれる前のワークウエアはすべて白だったのですから。汚れなんて付いてこそアジ。他にもデニムのレングスはブーツが隠れなきゃいけない、走行風でTシャツの襟は伸びちゃダ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • CLUB HARLEY 2014年6月号
    611円(税込)
    楽しそうに走り回るハーレー乗りの姿が目立つ季節になってきました! 14年モデルはツアラーがスバラシイ進化をとげ、遠くへ行くならツアラーという印象を確固たるものにしました。一方で、映画「イージー★ライダー」は、チョッパーで実は1800マイルもの道のりを走る予定だったそうです。そう、チョッパーも実は遠くへ楽しく走るためのカタチ、だったんですね。現代ではダイナやソフテイルでも簡単にツアラー...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • CLUB HARLEY 2014年5月号
    611円(税込)
    ハーレー乗りにとっての絶景。それは、解放感を得られる場所ではないでしょうか? 誰もが知る観光地は一度行けば十分です。でも、自分の心に訴えるものがある景色。自分だけが知るお気に入りの道は何度も走りに行ってしまうもの。そんな道を知っているのはハーレー乗りだけかもしれません。それはハーレーに憧れたのと同じ、いつか見た、あるいはいつか見たい、心の中のアメリカなハズ。今月は春のシーズン...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • CLUB HARLEY 2014年4月号
    611円(税込)
    ハーレー乗りが愛してやまないモノ。それはハーレーに次なる魅力をもたらす、時代を先ゆく新しいモノ、そして、ヴィンテージデニムや着こまれたライダースのごとく風合いを持つ旧きよき時代観、ではないでしょうか? 今月はRSDやパフォーマンスマシンなどハーレー乗りに人気のブランドの最新情報から、ツーリングに使える超小型カメラなどのデジタル最前線など新しいモノ、旧きよきアメリカを彷彿とさせる時...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • CLUB HARLEY 2014年3月号
    611円(税込)
    ハーレー乗りにとってガレージは、憧れでもあり、最大のセキュリティでもあります。マンションの駐輪場、あるいは家の軒先…。ジャッキひとつあればハーレーのいろいろなメインテナンスが可能になります。アナタにとってそこは立派なガレージ。そんなところから、想いは大きくなっていくはずです。今回は住宅併設するビルトインガレージ、倉庫や物置を利用したバーンガレージ、そして軒先にも置けるボックス...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • CLUB HARLEY 2014年2月号
    611円(税込)
    よくハーレーは曲がらない、止まらない、なんて都市伝説的に言われることがありますが、果たして本当にそうでしょうか?? 14年モデルのツインカムや、スポーツスターはブレーキを改善して、その性能を存分に引き出せるコントロール性能を手にしました。足まわりはアナタのハーレーを別モノにする力があるんです。とはいえハーレーは、110年を超えた歴史あるモーターサイクル。ナックルとツインカムの間には...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • CLUB HARLEY 2014年1月号
    611円(税込)
    アナタはハーレーに乗る人生と、乗らない人生どっちが幸せだと思いますか? 最初はカッコいい、憧れで、と言うのはみんな同じ。でもそこから何を得たかは人それぞれにストーリーがあります。今月はハーレーに乗って人生変わった人達のオーナーズストーリー。たとえば、アメリカのハイウェイパトロールに憧れて警備会社まで立ち上げちゃった人。初めてのハーレーを自分でフルカスタムしちゃった女の子。気に...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • CLUB HARLEY 2013年12月号
    611円(税込)
    目次 今月の注目アイテム FINDING MASTER-PIECE 【特集】RIDERS JACKET 革の表情、シルエット、ディテールまで知るほどに奥深い ライダース選びの基準を変えろ。 カリフォルニアラインで味わう“ヘリンボーン” シャフトのパワービジョンで旧車のアイドリングに!? ゼロエンジニアリングのスプリンガーはツインカムにもバッチリ! クラブハーレーだけのオリジナル! 誌上通販 マスターオブテクノロジー「バ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • CLUB HARLEY 2013年11月号
    611円(税込)
    目次 今月の注目アイテム FINDING MASTER-PIECE 今年の稲妻は11月4日東京・昭島で開催! 11月2~3日は東京・晴海でデモライドも開催!! 特集 まだ見ぬ道が呼んでいる。走るぜ、アメリカ! 110周年だ! ニューモデルだ!!アメリカはお祭り騒ぎ!?ニューモデルで北米激走ラッシュモア!!! アメリカのハーレー乗りお宅訪問! WEST COAST 4+1 LIFE 世界最速のスピードでアメリカを走る! ボンネビル モーター...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • CLUB HARLEY 2013年10月号
    611円(税込)
    今月号は、保存版の特大号! その名も「ハーレーペディア=ハーレー百科事典」と名付け、パーツからファッションまで、ハーレーにまつわるあんなことやこんなことを一冊に凝縮! 最新カスタム事情や、より快適な走行を実現するデジタルツール、この秋要注目のトップスやブーツラインアップなどなど、ハーレー乗りなら誰もが使えるネタを集めました。また今月のノベトキナルミは、ひと足お先に秋の訪れを感じ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • CLUB HARLEY 2013年9月号
    611円(税込)
    夏といえばキャンプ。そしてハーレーは、まさに旅するためのバイク! 今年の夏は仲間と予定も決めず、気軽にキャンプツーリングに出かけようじゃないか? 当然やるならカッコよく!……ということで、映画で見るようなスマートな荷物の積み方をはじめ、キャンプのプロに聞く必須グッズ、真夏のオーバーヒート対策にキャンプ場のジャリ道攻略法まで、キャンプツーリングを盛り上げるノウハウが満載です。また、...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • CLUB HARLEY 2013年8月号
    611円(税込)
    いまや世界中のファンから熱い視線を集める日本のハーレーカスタムシーン。世界に誇るニッポンのカスタムショップを率いる男たちを直撃!  自らが作り上げるプロダクツへのこだわりや思いを語って頂きました。またツーリングに欠かせないアイウエアは、個々のファッション性はもちろん、ヘルメットとの相性も大事。フルフェイスやオフメット等ヘルメットのタイプ別に、ベストマッチのアイウエアを紹介しま...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • CLUB HARLEY 2013年6月号
    611円(税込)
    一昔前はスポーツスターとビッグツイン。時代は変わって、今持ちたいのは味わいのある旧車と圧倒的な走りの性能を持つツインカムの2台! それぞれの魅力を味わえる、新旧2台持ちの楽しさに迫ります。実際のオーナーに聞いた2台持ちの充実ハーレーライフを始め、ハーレーの年代に合わせたファッションコーディネートや新旧最新カスタムも紹介。「旧車のエンジンビルドより新車の方が安い?」「旧車のエンジン...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • CLUB HARLEY 2013年5月号
    611円(税込)
    春の日差しの中、ハーレーに跨って出かけたい……次の休日が待ち遠しく、うずうずして仕方がないあなた。その気持ちにお応えして、魅惑のルートからツーリングにマストのノウハウまでを網羅したツーリング特集をお届け! ド定番の西伊豆ルートのツウな味わい方、走りのシーズンがもっと楽しくなるカスタムやファッションスタイル、ハーレー乗りが苦手意識を持ちがちな峠道の攻略法、〝得意技〟別・最新インタ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • CLUB HARLEY 2013年7月号
    611円(税込)
    季節はいよいよハーレーに乗るには、一番気持ちいいシーズンになってきました。しかし難しいのはその服装。冬物ジャケットはなんだし、完全夏スタイルも肌寒い……そこで今号はジャケットやベストなど、「Tシャツに重ねる」機能性アウターを特集。ショップオーナーやデザイナーなど、お洒落ハーレー乗りの皆様にセンス良く見せる着こなしのコツやこだわりのアイテムを教えてもらいました。また梅雨のこの時期...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • CLUB HARLEY 2013年4月号
    611円(税込)
    ハーレーダビッドソンというと敷居の高いイメージを持っている人もいるかもしれませんが、本誌はハーレーオーナーはもちろん、これからハーレーに乗ろうとしている人に向けて、ハーレーをもっと身近なものとして楽しむために役立つ情報をお届けします。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • CLUB HARLEY 2013年3月号
    611円(税込)
    ハーレーダビッドソンというと敷居の高いイメージを持っている人もいるかもしれませんが、本誌はハーレーオーナーはもちろん、これからハーレーに乗ろうとしている人に向けて、ハーレーをもっと身近なものとして楽しむために役立つ情報をお届けします。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • CLUB HARLEY 2013年2月号
    611円(税込)
    ハーレーダビッドソンというと敷居の高いイメージを持っている人もいるかもしれませんが、本誌はハーレーオーナーはもちろん、これからハーレーに乗ろうとしている人に向けて、ハーレーをもっと身近なものとして楽しむために役立つ情報をお届けします。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • CLUB HARLEY 2013年1月号
    611円(税込)
    寒いを10倍楽しくする冬の走り方。冬のアイテムを一気に紹介!ハーレーダビッドソンというと敷居の高いイメージを持っている人もいるかもしれませんが、本誌はハーレーオーナーはもちろん、これからハーレーに乗ろうとしている人に向けて、ハーレーをもっと身近なものとして楽しむために役立つ情報をお届けします。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • CLUB HARLEY 2012年12月号
    611円(税込)
    ハーレーダビッドソンというと敷居の高いイメージを持っている人もいるかもしれませんが、本誌はハーレーオーナーはもちろん、これからハーレーに乗ろうとしている人に向けて、ハーレーをもっと身近なものとして楽しむために役立つ情報をお届けします。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • CLUB HARLEY 2012年11月号
    611円(税込)
    ハーレーダビッドソン第1号車が誕生してから、2013年で110周年を迎えます。そこで今回の特集は、生誕110周年にあやかった記念企画「ハーレーそこが知りたい110のヒミツ」。ハーレーダビッドソンの歴史から最新カスタム、歴代モデルの変遷、ハーレー乗りにオススメのアイテムにトリビアまで、今さら聞けないハーレーのヒミツに迫りました。また、「稲妻フェスティバル2012公式パンフレット」を綴じ込みで収...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • CLUB HARLEY(クラブハーレー) Vol.147
    CONTENTS ハーレー乗りのためのお祭り、CLUB-HARLEY GARAGEを開催します!! 読者プレゼントスペシャル第2弾!! 今年もやります! 稲妻フェスティバル2012 ハーレー2013年モデル新車速報! この秋はハーレーの歴史を背負った、コレクタブルウエアを身にまとう。 HARLEY-DAVIDSON 110th Anniversary 特集 秋ツーリングに効く! お買いモノ この秋のツーリングは走りが楽しいカスタムで出かけたい! 鉄馬乗り...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • CLUB HARLEY(クラブハーレー) Vol.146
    CONTENTS ハーレー乗りのためのお祭り、CLUB HARLEY GARAGEを開催します!! 今年もやります! 稲妻フェスティバル2012 FINDING MASTER-PIECE 読者プレゼントスペシャル 特集 気の利くパーツから新たなテクノロジーまで ここまでやれるぞ ツインカム! TWINCAM HARLEY CUSTOM FILE 2012 ツインカムカスタム最前線! BULL ORIGINAL 2007 FXSTC THE OLDSPEED FACTORY DYNA INJECTION BOMB BAD LAND DRAGON FLY...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • CLUB HARLEY(クラブハーレー) Vol.145
    CONTENTS FINDING MASTER-PIECE 特集 みんなハーレーがきっかけでつながった。 ハーレーとアメリカの 6輪生活! OHVだから気持ちいいのか!? アメリカ車フリークの夫婦が手に入れたラグジュアリーなファミリーカー。 松村友章さん&若葉さん 生き物のような鼓動が雄大なアメリカを感じさせる。 加藤義親さん レースをしていく中での究極がコブラだった。 岡本博さん ハーレー業界で大ブーム!? アノ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • CLUB HARLEY(クラブハーレー) Vol.144
    CONTENTS FINDING MASTER-PIECE 特集 ハーレー乗りの夏ファッションを総チェック! 特集走るために選ぶ旅の相棒。 BEST GEAR for SUMMER STYLE 2012 この夏のとっておきウエアを教えて! あえて特別な格好はしない。すべては日常にあるから。 黒須嘉一郎さん 街歩きが楽しめてバイクに合うアメカジスタイル。 田端浩介さん ヴィンテージウエアとハーレーに共通する時代を超えた魅力。 植木勝也さん ク...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • CLUB HARLEY(クラブハーレー) V0l.143
    CONTENTS 稲妻フェスティバル 大阪で開催します! FINDING MASTER-PIECE 特集 絶景、温泉、美味いモノ。 目指すは東北! TOHOKU TOURING カスタムショーで聞きました。東北へ行ったら行きたいところしたいこと教えて!! 東北屈指のツーリングスポット 蔵王の春はもう少し先!? ここがイイんだよ東北!! がむしゃらに走れ、一押しスポット。 地元ショップに聞いた。これからの季節 東北走る時のお勧めウエ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています