CLUB HARLEY(クラブハーレー) 2019年8月号

CLUB HARLEY(クラブハーレー) 2019年8月号

通常価格 611円 (556円+税)
獲得ポイント

3pt

-
  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※電子書籍版には、表紙画像や中吊り画像に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または一部の画像が修正されている場合がありますので、内容をご確認の上、お楽しみください。

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

真夏のホットなハーレーを
涼しく乗るコツ教えます!

■巻頭特集:
最強の“熱対策”マニュアル

近年の夏の暑さはかつての常識を超え、“猛暑日”という恐ろしい言葉が定着するほど過酷だ。しかも真夏のハーレーは、まるでストーブにまたがっているのかと錯覚するほど熱い。
そのアツさは走りに出掛ける気持ちを削がれてしまうほど厳しいもの。だから愛車に乗って素敵な夏の思い出を探しに行くには、熱さ&暑さをやわらげるノウハウが必要不可欠!
……ということで今号の巻頭特集は、最新の“熱対策”を徹底的に紹介!

■その他のコンテンツ
・RIDER’S EYEWEAR
・ちょい旧ハーレー調査隊
・気になるパーツ実験君
・ハーレー雑学王
・……他



表紙
目次
KADOYA×CLUB HARLEY 「背負ってヨシ」&「車載してヨシ」なワンショルダー開発中です!
Vin&Age×CLUB HARLEY 春夏のコラボグローブ こだわったのは質感&着用感!!
ホットなハーレーをクールにするコツ教えます 最強の“熱対策”マニュアル
読者の激アツ事情を緊急リサーチ!
最近のハーレーは、どうして熱い!?
この夏導入したい“COOLカスタム”
エンジンオイルの“夏対策”してますか?
ハーレー乗りの夏の爽快コーディネート
着るだけで涼しい、冷感インナー最新事情
汗まみれのウエアとギアの管理法
暑さを忘れる、技あり冷却グッズ
安心・快適な夏ツーリングの鉄則!
アツさに負けないカラダメンテ術
プロが実践する熱対策とは!?
パインバレーのサービスがユーザーを強力にバックアップ!
アメリカの最新パーツ情報をお届け!Prime Parts News
リアルディールの特別な2日間
CH定期購読キャンペーン
いまが買いドキ!? ちょい旧ハーレー調査隊 FLHTCUエレクトラグライド ウルトラ クラシック
気になるパーツ実験君
旅とハーレーと日々の風景
G‐SHOCKプレゼント
ラットフィンクを描いた プレミアムヘルメットが誕生!
California Line 夏は爽やかにホワイトカラーのセットアップを楽しむ
The Artistic Motorcycles Presented by Michael Lichter
ハーレーカルチャーが根付く 東大阪エリアが面白い!
持論! 推論! クエスチョン!? Chopper多事争論
ハーレー雑学王
CHインフォメーション
HARLEY-DAVIDSON 2019 ALL LINE-UP
CLUB HARLEY SHOP VOICE
CH読者プレゼント
TT&CO×CLUB HARLEY コラボヘルメット第2弾 どんなハーレー&ファッションに似合う?
1000ライダー 1000ハーレー
I LOVE SPORTSTER
RUMBLING WHEELERS
HOT PRODUCTS
RIDER’S EYEWEAR ヘルメットやジャケットみたいにアイウエアにもこだわりたい!

ジャンル
出版社
エイ出版社
ページ数
150ページ
電子版発売日
2019年07月13日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
121MB

新刊オート購入

ユーザーレビュー

レビューがありません。

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 90件
  • CLUB HARLEY(クラブハーレー) 2019年11月号
    NEW
    永久保存版! 今さら聞けない100個のノウハウを一挙に紹介! ■特集①: ハーレー乗りが知っておくべき 100のノウハウ 奥深きハーレーの世界には、愛車のお手入れや整備はもちろん、カスタムや乗りこなすテクニックなど、知っておくべきノウハウがとてもたくさん存在している。 というワケで、「何かしよう」と考えたときに、必ず役立つテクニックを一挙に紹介! ■特集②: 真冬を快適に走るカギは“インナ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • CLUB HARLEY(クラブハーレー) 2019年10月号
    ブツ欲を刺激する、増ページ特大号!! ■特集①: H-D2020 MODEL DEBUT!!  次世代ハーレーは何が違う!? 長い歴史を誇るハーレーダビッドソンは、大きな転換期を迎えている。 そんななか、いよいよ発表された’20年モデル。 なかでも注目のニュースは、“ローライダーS”の復活と、ツアラーとトライクに装備された“新しい電子制御システム”だ。 これによってハーレーはどう変わるのか、気になる真実に迫る! ■...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • CLUB HARLEY(クラブハーレー) 2019年9月号
    意外と知らないスポーツスターの 実力を徹底検証! ■巻頭特集: スポーツスター、ガチンコ十番勝負!! トルクや車格の劣るスポーツスターはビッグツインと同等に走るのか? 排気量の小さな883は1200と比較して何が優れているのか? 旧型のリジッドマウントと現行のラバーマウント、実際に何が違うのか? ……などなど、知っているようで実はよく理解していないのが正直なところ。 だが百聞は一見にしかず。...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • CLUB HARLEY(クラブハーレー) 2019年8月号
    真夏のホットなハーレーを 涼しく乗るコツ教えます! ■巻頭特集: 最強の“熱対策”マニュアル 近年の夏の暑さはかつての常識を超え、“猛暑日”という恐ろしい言葉が定着するほど過酷だ。しかも真夏のハーレーは、まるでストーブにまたがっているのかと錯覚するほど熱い。 そのアツさは走りに出掛ける気持ちを削がれてしまうほど厳しいもの。だから愛車に乗って素敵な夏の思い出を探しに行くには、熱さ&暑...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • CLUB HARLEY 2019年7月号
    611円(税込)
    巻頭特集: ちょい旧ハーレーは今が乗りドキ!? 近頃、新車でもなく旧車でもない、いわゆる“ちょい旧”ハーレーが脚光を浴びている。 そこで今号の巻頭特集は、ちょい旧世代のハーレーを徹底リサーチ。 年式によるキャラクターの違いや予算別のカスタム指南、中古車選びのコツなど、 ちょい旧でハーレーライフを楽しむための、知って得する情報を一挙紹介! その他のコンテンツ ・足まわりカスタムの真実 ...
  • CLUB HARLEY 2019年6月号
    611円(税込)
    新しい時代を切り開いたカリスマは、 現代のカスタムシーンに何を遺したのか。 ■巻頭特集: カスタムの革命児 アレン・ネス カスタムバイク業界のレジェンドである アレン・ネスが、3月22日にこの世を去った。 単なるカスタムビルダーという枠に収まりきらない類まれなるセンスをもち、 現代のカスタムシーンに多大な影響を与えてきた。 そんなアレン・ネスの功績を、あらためて紐解いてみよう。 ■第2特...
  • CLUB HARLEY 2019年5月号
    611円(税込)
    トレンドリーダーたちの 濃厚すぎる!? 愛車遍歴を大公開!! ■巻頭特集: 『トレンドリーダーたちのハーレー愛。』 カスタムビルダーやファッションリーダー、そしてハーレー業界のアノ人……など、 いま日本のH-Dムーブメントを牽引している13人のトレンドリーダーたちに、 彼ら流儀のハーレーの愛し方を聞いた。 上っ面だけじゃない、“ホンモノたちのハーレー愛”とは!? ■第2特集: 『THE“DTIR STYLE”Sport...
  • CLUB HARLEY 2019年4月号
    611円(税込)
    ハーレー乗りが知りたかったアレコレを バッチリ検証しちゃいます! ■巻頭特集: 気になるパーツ&ギア、実際どーなの!? 「カスタムもしたいけど、ライダースジャケットやデニムもほしい!」 アレもコレも買えれば最高だが、そうもいかないのが現実だ。 そ・こ・で! 旬のカスタムパーツから機能性を高める便利グッズまで、 ハーレー乗りが気になっているであろうアイテムを、 いろいろと掘り下げて検証...
  • CLUB HARLEY 2019年3月号
    611円(税込)
    ハーレーをイジる楽しさ、目立つ悦び。 ■巻頭特集: カスタムの醍醐味を徹底分析!! ハーレーの楽しみのひとつがカスタムだ。 ノーマルの状態から何かひとつ手を加えるだけでも、得られる満足感は相当なもの。 たしかにショーモデル級のカスタムは魅力的だが、 自分の用途やライフスタイルに見合っていなければ意味がない。 つまり、カスタムとは「究極の自己満足」なのである。 だからこそ、カスタムの効...
  • CLUB HARLEY 2019年2月号
    611円(税込)
    憧れを実現したガレージの実例集! ■巻頭特集:ハーレー乗りの秘密基地、ガレージ探訪!! 自宅スペースにバイクを置けるのならまだマシだ。 集合住宅住まいではオイル交換はもちろん、ちょっと腰を据えて愛車を磨きたい、 なんてときでさえ周囲の目に気を配らなくてはならない。 だからこそ「ガレージ」という甘美な響きに、夢を感じないバイク乗りはいない。 ましてや、幼少時代に秘密基地を妄想し、ワク...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています