崇高について 【小田実全集】

崇高について 【小田実全集】

作者名 :
通常価格 864円 (800円+税)
獲得ポイント

4pt

-
  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

死者に対して崇敬の念厚かったソポクレスは「コロノスのオイディプス」で崇高なる安らかな死を描いた。国家至上主義の古代にあって国家から追放されたオイディプスをひとりの人間として助けたテセウスの「道理」は、「人間の道理」を基にしたベ平連の脱走兵援助の思想と重なる。文学を志した十代後半から終生、力強く小田を支えた文学のよりどころは何か。戦争、震災を生きのびた作家が人間の弱さを理解することで得た、崇高なる魂の「私的文学論」と、「西洋最古で最初」の文学論。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
小田実全集
電子版発売日
2013年01月25日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

関連タグ:

ユーザーレビュー

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています