時間商人 トキタの死期、カナタの思恋4

時間商人 トキタの死期、カナタの思恋4

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

時間商人VS.時間盗賊

不老不死を必要とする者の前に、時間商人の助手は白い猫を連れて現れる。自分の寿命か金銭を支払えば、トキタは顧客に特別な10年間を提供する。それは老いず、怪我や病気をせず、絶対に死ぬことのない「期間限定の不老不死」。

時間商人トキタのもとに、カナタの姉ハルカから連絡が入る。
「時間盗賊が動き出した」
有無を言わさず相手の寿命を奪う――それが、時間盗賊。
「……キザミですか。確か、長らく活動していなかったのでは?」
「寿命のストックが尽きたと見える」

時間商人の事務所があるビルの別フロアに、若い男女二人組が引っ越してくる。いかにも軽薄な冬彦と、その保護者のような夏枝。トキタのことを知ったふうなふたりを見て、カナタは疑問を抱く。
「近い将来、夏枝さんを不老不死にするわけですか。もしくは冬彦さん?」
「それは違う」
「んん? おふたりは、どんなお仕事をしてるんですか?」
「彼らの仕事は、追うことだ」

トキタが貯め込んだ寿命を奪うべく、ワナをしかけるキザミ。
カナタにちょっかいを出そうとする冬彦。
関係は交錯し、トキタとカナタに、選択の時が迫る。
死か、愛か。

※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ガガガ文庫
ページ数
308ページ
電子版発売日
2013年04月19日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

関連タグ:

時間商人 トキタの死期、カナタの思恋4 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年04月26日

    シリーズで初めて、一つの時間軸だけの物語だったですかね。

    いろんな時代の不死になった人たちのエピソードが、最終話で集約される形のも楽しいですが。
    わかりやすくて、するする読めました。

    トキタとカナタの関係が、ちょびっと親密に変化した4巻でした。

    夏枝姐さん、好きです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年01月24日

    いきなりこの巻から読み始めたけど、別に問題なし。
    時間商人は人の寿命を10年縮める代わりに不老不死を与える仕事。ある日上の階に越してきた追田事務所と業務提携することに。
    そしてその絡みで時間盗賊が接触してきて・・・。
    読みやすいのでサクサクすすみますが、なんかイマイチ内容が薄いかなー?というのが否め...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年02月19日

    本文のP94より引用

     見ず知らずの女子高校生に一撃で伸されたチンピラの心境、いかばかりか。
     肉体へのダメージよりも、面子、プライドへの影響がこの場合はでかい。
    「何のつもりだこのアマァ!」
    「この街を守っているつもりだこのチンピラァ!」
    「あんたも人様に迷惑かかんじゃねーよ!いい大人だろーが!...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています