ネオンが落とす闇の中、弱者が泣き、屑が笑う…。そんな街の片隅で、語り継がれる勝負が生まれる!! 勝ち続ける背中がある─────!! 男の名は、黒沢義明!! 通り名は麻雀職人!!

ジャンル
出版社
日本文芸社
掲載誌・レーベル
別冊漫画ゴラク
ページ数
214ページ
電子版発売日
2013年04月19日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • 天牌外伝 1
    通常版 1巻 432円(税込)
    ネオンが落とす闇の中、弱者が泣き、屑が笑う…。そんな街の片隅で、語り継がれる勝負が生まれる!! 勝ち続ける背中がある─────!! 男の名は、黒沢義明!! 通り名は麻雀職人!!
  • 天牌外伝 2
    通常版 2巻 432円(税込)
    鍔(つば)の向こうの街並みに、光が灯れば、影が生まれる…。そんなネオンの織りなりを、突き進むのは勝負の為!! まだ見果てぬ道を極める為!! 男の名は、黒沢義明!! その存在は、生きながらに伝説!!
  • 天牌外伝 3
    通常版 3巻 432円(税込)
    グラスの底の澱(おり)に似て、街に沈む悲しみと幸せ…。そんな雑踏の暗がりを、歩き続ける決意の背中!! 目指す道はまだ途中!! 男の名は、黒沢義明!! 畏敬の存在───!!
  • 天牌外伝 4
    通常版 4巻 432円(税込)
    紫煙に霞む大都会、友が去り、敵が集う、そんな運命の人生を、貫き通す背中がある!! 視線の先には道がある!! 男の名は、黒沢義明!! 孤高の求道者───!!
  • 天牌外伝 5
    通常版 5巻 432円(税込)
    足元見つめりゃアスファルト。空を見上げりゃ高層ビル。そんな街に巣くう人いきれと、共に生きるは争覇の為!! 信じた道を突き進む為!! 男の名は黒沢義明!! 天運と矜持に満ちし男──!!
  • 天牌外伝 6
    通常版 6巻 432円(税込)
    漆黒の闇をネオンが照らし、心の隙を銭が埋める。そんな俗世の、ど真ん中、揺らぐこと無きその信念!! 挑みつづけるその天命!! 男の名は、黒沢義明!! 牌にまみれし幾春秋───!!
  • 天牌外伝 7
    通常版 7巻 432円(税込)
    毎夜毎夜の苦闘牌。泥をすすり虚空を掴む、そんな艶無き運命を、受け入れ生きる覚悟の背中!! 己を信じる鋭き双眸!! 男の名は、黒沢義明!! その生き様は、眠らぬ街の伝説!!
  • 天牌外伝 8
    通常版 8巻 432円(税込)
    弱っちい犬ほど僥倖を誇り、気高い獣が苦汁を飲み干す。そんな博徒の真贋を、瞬時に分かつその眼光!! 静かに熱く語る魂!! 男の名は、黒沢義明!! 果てなき道を行く麻雀職人!!
  • 天牌外伝 9
    通常版 9巻 432円(税込)
    ちっぽけな夢を屑が笑い、根無し草が欲を燃やす。そんな明日無き雑踏を、気高く歩む気骨の男!! 頂き目指す、その心身!! 男の名は、黒沢義明!! 牌に誓う、一打入魂──ッ!!
  • 天牌外伝 10
    通常版 10巻 432円(税込)
    愛深き天使、道にはぐれ、業深き戦士、街に眠る。そんな友らが見た夢を、背負い込み歩む孤高の背中!! 寡黙に語るその人生!! 男の名は、黒沢義明!! 毎夜、刻むは伝説の一打!!

天牌外伝 25

Posted by ブクログ 2013年06月26日

麻雀で人生を左右される人の群像、救われる人、救われない人、離れていく人、はまっている人、本編に登場しなくなっても、麻雀人生は続いてるねぇ

このレビューは参考になりましたか?

天牌外伝 24

Posted by ブクログ 2013年03月06日

やっぱり二人の強さで悪党をやっつける話があると安心して読めてホッとする。
でも、人の生き様のどうしようもないところも描いてるのが外伝の良いところですね。

このレビューは参考になりましたか?

天牌外伝 23

Posted by ブクログ 2012年08月12日

麻雀を通した生き様のドラマ、でもこういう気持ちいい麻雀を打つ人を見たことがないのは、自分がそこまで深く麻雀に係わったことがないからと言うことにしておこう。

このレビューは参考になりましたか?

天牌外伝 21

Posted by ブクログ 2011年07月07日

韓国へも麻雀職人が出張していたとはなぁ…まぁ、私的にはワインのソムリエとの対決の話が気に入りました。

このレビューは参考になりましたか?

天牌外伝 20

Posted by ブクログ 2010年12月16日

おそらく死んだ人が主人公の外伝がここまで続くとはというか、この調子だと永遠に続きそうな気配が…あぁ、私も雑を感じる男なのかもしれないとふと思ったり…

このレビューは参考になりましたか?