薔薇とオオカミ(1)
  • 完結

薔薇とオオカミ(1)

作者名 :
通常価格 462円 (420円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

学園は、美しきケモノの庭。『学園王子』の作者が放つ、ロマンティック・ラブストーリー!! ――人間離れした美貌の少年・桐谷(きりや)。ふたばは、彼を追いかけて全寮制の名門校・皇(すめらぎ)学園高等部に入学する。だが桐谷は、高い垣根を隔てた特別科の生徒。普通科のふたばには手の届かない存在だったのだが……。人を超えし美しき一族と人間の少女の、禁断のラブストーリーが幕を開ける!

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
少女マンガ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
別冊フレンド
電子版発売日
2012年12月07日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
67MB

薔薇とオオカミ(1) のユーザーレビュー

    購入済み

    ヒロインにイラッとします

    ララ 2014年12月17日

    オオカミという設定や絵は綺麗ですが、フタバにイライラ
    2巻を読む気になれませんでした。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    世界観に引き込まれる!

    R 2020年12月18日

    世界観が特殊で読み始めた頃は苦手かもと感じたものの引き込まれるようなストーリー展開と柚月純先生の特有の非凡なギャグセンスが光っていて面白かったです。絵も綺麗で読みやすく楽しめました。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年04月08日

    柚月さん最高の一言につきます

    【3巻までのネタバレ】
    この作者さんの絵本当にきれいです…ドストライクです…桐谷先輩本当にかっこよいです…
    お話もヒロインかわいいしきゅんきゅんするしでとても面白かったです その分3巻で終わったのが悔やまれる…もっとひっぱれそうな設定だったんですけどね…もっといろんな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    おもしろい

    くるみ 2020年10月19日

    学園もののファンタジーです。作者さんの作品は個性的で面白くて好きです。種飲み込んじゃってこれからどうなっていくのか楽しみです。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年09月01日

    古本やさんで100円で売っていたので、絵のきれいさで買ってみましたが、なんだか最初の頃の「ヴァンパイア騎士」っぽい感じがしました。オオカミ(イヌ?)男と吸血鬼の違いはありますけど・・。

    桐谷とか出てくる男性陣はかっこいいし、黒髪オレ様系ヒーローは好きなんですけど、なにぶんふたばの容姿が全く普通で、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

薔薇とオオカミ のシリーズ作品 全3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 薔薇とオオカミ(1)
    完結
    462円(税込)
    学園は、美しきケモノの庭。『学園王子』の作者が放つ、ロマンティック・ラブストーリー!! ――人間離れした美貌の少年・桐谷(きりや)。ふたばは、彼を追いかけて全寮制の名門校・皇(すめらぎ)学園高等部に入学する。だが桐谷は、高い垣根を隔てた特別科の生徒。普通科のふたばには手の届かない存在だったのだが……。人を超えし美しき一族と人間の少女の、禁断のラブストーリーが幕を開ける!
  • 薔薇とオオカミ(2)
    完結
    462円(税込)
    憧れの桐谷(きりや)が「狗族(こうぞく)」という人ならぬ存在だと知ったふたば。同時に彼の生命の源である「魂種(ソウルシード)」と一体化してしまう。桐谷に接近することになるも、心はなかなか近づけない。悩むふたばの元に桐谷の彼女を名乗る美少女が現れ、桐谷を懸けた「ミス皇(すめらぎ)コンテスト」で争うことに……。禁断のミスティック・ラブ、波瀾の幕開け─―。
  • 薔薇とオオカミ(3)
    完結
    462円(税込)
    せんぱいが、死ぬ――? ミス皇(すめらぎ)コンテストのさなか、桐谷(きりや)に共に逃げようと言われ、有頂天になるふたば。だがその喜びも束の間、首筋にあった魂種(ソウルシード)の痣が消えていることに気づく。魂種を失うことは、桐谷にとって死を意味する。愛する者を救うために、ふたばがした「決断」とは――。種族を越えた禁断のラブストーリー、ついに完結!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています