保守の遺言

保守の遺言

作者名 :
通常価格 792円 (720円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

先行きの不透明な今、“保守主義”のあるべき姿が問われている。国際政治と伝統主義をともに重んじ、時代とともに発展する中曽根流”新保守主義”を今こそ学ぶ。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 政治
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川oneテーマ21
電子版発売日
2012年11月09日
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

保守の遺言 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2017年03月29日

    「保守せんがために改革する」
    保守政治を続けるためには改革し続けなければならない。
    保守がただの守旧派になってはいけないと著者はおっしゃってます。
    歴史文化伝統を軽視する「改革派」に対する姿勢です。

    「不易流行」
    変わらない本質の中にあっても日々生まれ変わって行くというものです。
    川の流れは変わら...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月17日

    政治家ひとりひとりがどういう人間なのか、を測るとき、こうして著書を出してくれるのが一番いいなと思います。政治家にとっての政治的表明であり、読者にとっては評価する物差しにもなりますから。彼の場合歴代総理の中でも大きな仕事を果たして来た人物の一人ですから、世界を大局的に見て、感じたことを即断できる、とい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月08日

    中曽根さんってもう90過ぎてるんだな。しかし、激動の時代の生き証人(しかも最前線で)なだけあり、文化や哲学に対して日本固有であるべきという考え方をしているなと思った。経験だけは誰に引き継げないので、どうにか冷凍保存できないものかね。
    彼が原発を多いに推進した、というくだりは今は忌み嫌われるだろうけど...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年09月21日

    いま、この民主党代表選の時期だからこそ、面白く読める。
    実は中曽根康弘は菅直人をあまりご存知ないのではなかろうか。
    彼の言う「保守」の範疇にはないのだろう。
    発行時期が5月だったためか、鳩山由紀夫、小沢一郎への言及が多い。
    小泉純一郎批判が面白い。すべてにおいて「空っぽ」だと。
    小鳩については幾分好...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月04日

    中曽根さんのイメージが少し変わった。60年以上政治の中心にいたその経験から語られる言葉は、どれも重く、こういうしっかりとした保守が今の政治家にいるかなと、思うはず。
    ただ、東アジア共同体を構築するにあたり横たわる歴史認識の差異への言及が薄いところ、戦後の社会の失敗をマッカーサーに押し付けることの強引...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月24日

    [ 内容 ]
    日本を死なせぬために―政治家の使命とは何か?
    迷走する政治への最終提言。

    [ 目次 ]
    第1章 自民党再生への道(鳩山首相と祖父・一郎;検証・民主党政治 ほか)
    第2章 保守主義とは何だったのか?(戦前の二大政党制;官僚主義はなぜ生まれたか ほか)
    第3章 世界における日本を再考する...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月24日

    今の政治家が求めるものはな何か、逆に私たち国民が政治家に求めることは何か・・・
    そもそもこの国を今後、どの道へ進ませていくべきか・・・
    そうした国家ビジョンを元首相が人生経験踏まえ訴えていました。
    歴史、文化、風土(宗教)などを継承し、相手への尊みを継ぐこと・・・
    そもそも保守とは何か・・・考えさせ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています