世界で一番いのちの短い国 シエラレオネの国境なき医師団

世界で一番いのちの短い国 シエラレオネの国境なき医師団

作者名 :
通常価格 658円 (税込)
紙の本 [参考] 668円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

医療事情が世界最悪の国で奮闘する医師の姿

平均寿命34歳(2002年)、日本のわずか半分以下。世界で最も医療事情が悪い国、西アフリカのシエラレオネ共和国。十年以上も内戦が続き、病院の建物は壊れ、医師や看護師も国外に逃げ出している。この医療システムが崩壊した、世界で一番いのちの短い国に派遣された医師が、寝食を忘れ、力を尽くして、目の前のいのちを救っていく……。そして、その国の未来のため、帰国したあとの医療レベルが維持されることを願い、さまざまな困難を乗り越え、現地スタッフへの教育にも取り組む。「本当に意味のある国際協力」を求め続ける医師の涙と笑いの奮闘の記録。

●山本敏晴(やまもと としはる)
1965年宮城県仙台市生まれ。医師・医学博士・写真家・国際協力師。南アフリカにて人種差別問題に衝撃を受け、中学校の頃から数十か国を撮影。「本当に意味のある国際協力」について考え続ける。2000年より数々の国際協力団体に所属、アフリカや中東で医療援助活動を行う。2003年より2年間、国境なき医師団・日本理事。2004年、都庁からNPO法人の認証を受け「宇宙船地球号」を創設。「持続可能な世界」の実現を目指し、世界に目を向ける人々の育成を行う。

※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

ジャンル
出版社
小学館
ページ数
320ページ
電子版発売日
2012年11月02日
紙の本の発売
2012年07月
コンテンツ形式
XMDF

関連タグ:

Posted by ブクログ 2016年10月25日

とても衝撃的な本だった。
衛生状態の話
ゴキブリの話
子ども兵の話
国際協力団体はそれぞれのとがった理念があること
抗生物質もすぐに耐性ができること

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年08月17日

MSFについての知識が増えました。
苦しいことばかりでなく、現地に寄り添う作者の視点には、考えさせられるものがあります。作者の他の本も読んでみたいと思いました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年12月29日

富をもたらすはずのダイヤモンドが、シエラレオネにとっては
不幸の元凶だった。

この天然資源に目を付けた隣国のリベリアは、シエラレオネ国内に
反政府勢力に作り内戦を引き起こす。そして、シエラレオネは国と
しての機能が崩壊した。

著者が同地を訪れた時、平均寿命34歳という「世界でいちばん命の
短い国...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年08月31日

MSFで活動するひとりの医師のいちにち、そして活動期間にやってきたことをまとめた本。楽しみながらやっている、強いしなやかな人たちがたくさん出てくる。わたしはまだまだしなやかではないけど、、、いつかいつかね。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play