アナトゥール星伝(3) 銀の星姫(下)

アナトゥール星伝(3) 銀の星姫(下)

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

瀕死の重傷を負ったシュラ王子を救うため、銀の星は、王子とあたしを、こっちの世界へ! せまりくるラドルフ軍との“決戦”に、あたし達は、どう立ち向かえばいいのでしょう?――そして、つらい戦いと、悲しみの果てに、あたしが見つけた、『星姫』の使命は――?不思議の扉が、今、開こうとしている。『アナトゥール星伝』の秘密が、ついに明かされる(講談社X文庫ホワイトハート)。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
女性向けライトノベル / 講談社X文庫ホワイトハート
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社X文庫ホワイトハート
ページ数
256ページ
電子版発売日
2012年10月19日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
6MB

アナトゥール星伝(3) 銀の星姫(下) のユーザーレビュー

レビューがありません。

アナトゥール星伝 のシリーズ作品 1~20巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~20件目 / 20件
  • アナトゥール星伝 金の砂漠王
    『星は導かん、宿命に選ばれし者よ』――薄暗い図書室の片隅で、その1冊の古びた本を手にした時が、あたしの不思議な運命の始まりだったの。あたし、ユナ、こと鈴木結奈(ゆいな)、16歳。いきなり飛びこんだ砂漠の王国。目の前には超絶美形の金髪王子!!あたしが砂漠を救う“銀の星姫(メシナ)”って……。――どーゆーことっっ!?エキサイティングな恋と冒険、召しあがれ(講談社X文庫ホワイトハート)。
  • アナトゥール星伝(2) 銀の星姫(上)
    「えっ?ウソでしょ!?」再びアナトゥールを訪れたあたしを待っていたのは、シュラ王子との電撃結婚式!? だけどその時、エスファハンには新たな大事件が巻き起こってしまったの。――あたしには、わからない。“戦い”って、何ですか? 伝説の星姫として、あたしの“なすべきこと”って何ですか……? ユナと王子、第2の冒険の始まりです(講談社X文庫ホワイトハート)。
  • アナトゥール星伝(3) 銀の星姫(下)
    瀕死の重傷を負ったシュラ王子を救うため、銀の星は、王子とあたしを、こっちの世界へ! せまりくるラドルフ軍との“決戦”に、あたし達は、どう立ち向かえばいいのでしょう?――そして、つらい戦いと、悲しみの果てに、あたしが見つけた、『星姫』の使命は――?不思議の扉が、今、開こうとしている。『アナトゥール星伝』の秘密が、ついに明かされる(講談社X文庫ホワイトハート)。
  • アナトゥール星伝(4) 青の月光王
    おひさしぶりっ!ユナです!またまたアナトゥールを訪れたあたしは、草原の国シルハーンへ、“月光王(ムーンシャイア)”に会うための旅にでることになったの。平和への“戦い”の、カギを握る人物。ユージン・シルハーン――。“月光王”は敵か味方か!? 今回の冒険も、ドキドキと危険がいっぱい。そして、とんでもない“事件”もいっぱい! シリーズ第4弾(講談社X文庫ホワイトハート)。
  • アナトゥール星伝(5) 紅の花炎姫
    久しぶりにアナトゥールに帰ったあたしを待っていたのは、シュラ王子が遠い異国で行方不明というショックなニュース! そのうえ、はるばる捜しに行ったアンフォラ国で、王子は記憶喪失。“花炎姫(エントラーダ)”と呼ばれるリディア王女のもとに……。王子が花炎姫と結婚なんて、許せないっ! 情熱的な花炎姫と、星姫(メシナ)のあたし。激しい女のバトルが始まる(講談社X文庫ホワイトハート)。
  • アナトゥール星伝(6) 紫の明星姫
    王子とあたしの今度の冒険は、なんと敵国ラドルフ王国への旅。月光王(ムーンシャイア)、ユージン・シルハーンも一緒の旅は、波乱いっぱいの大騒ぎ!でも、ラドルフ国の反乱農民達の砦で、あたしは、かつての戦いで死んだラドルフ兵の男の子、パウルの恋人と出会ったの。愛する人を失った悲しみから、彼女はあたし達に憎しみをぶつけてきて……(講談社X文庫ホワイトハート)。
  • アナトゥール星伝(7) 黒の暗闇王(上)
    今回はなんと、親友の沙夜も一緒にアナトゥールへ。ベルギリウス二世を倒すべく、ラドルフ王国へ向かったあたし達は、明星姫(アーリアン)ひきいる革命軍と合流。ついに、宿敵・暗闇王(レグリオン)との戦いが始まる!!でも、平和への道は厳しく、あたし達の前には、いくつもの大きな試練が……。『アナトゥール星伝』に隠されたルマイラの秘密。そして、暗闇王の素顔とは(講談社X文庫ホワイトハート)。
  • アナトゥール星伝(8) 黒の暗闇王(下)
    暗闇王(レグリオン)の城に捕らわれたあたしは、彼と王子との間の、驚くべき関係を知ったの。砂漠王(バーディア)と暗闇王(レグリオン)の対決は、避けられない運命だった!?最後の戦いをまえに明かされる『アナトゥール星伝』に隠されたルマイラの秘密。長い冒険のファイナル・ステージ。あたし達は、この手に平和を勝ちとることができるの!?光と闇の戦い、完結編(講談社X文庫ホワイトハート)。
  • アナトゥール星伝(9) 白の雪舞姫
    女子大生になって初めてのアナトゥールでの冒険。今回は、月光王(ムーンシャイア)の国、シルハーンが、寒波と飢饉に見舞われて大ピンチ! 緊急支援の食糧を持って、シルハーン国へ援助に向かうことになったの。そこで出会ったシルハーン一の舞姫。可憐な雪舞姫(スノーラント)は、ユージンに恋を? だけど、その彼女がたどる運命を、あたし達は予想することができなかったの(講談社X文庫ホワイトハ...
  • アナトゥール星伝(10) 虹色の外伝
    アイシャ&パウルの恋物語。イーサーが王子にホレた理由(ワケ)。ユナちゃんも知らない王子の私生活(?)。リクエストの多かった3本の番外編にカラーイラスト、キャラクタープロフィール、アナトゥール歴史年表もついている! これを読めば、『アナトゥール』シリーズが10倍楽しめちゃう!10巻突破記念、ご愛読感謝スペシャル(講談社X文庫ホワイトハート)。
  • アナトゥール星伝(11) 紺碧の海賊王
    夏まっ盛りのアナトゥール。王子とあたしは、ラム海を荒らしまわる海賊の討伐に乗り出すことになったの。でも、その船旅に宿命の恋敵(!?)アンフォラ国のリディア姫が同行することになったからタイヘン! そのうえ、海賊たちの首領(ボス)、青い瞳の海賊王(ファルカス)が、あたしに熱烈なラブコールを送ってきて……(講談社X文庫ホワイトハート)。
  • アナトゥール星伝(12) 緋色の聖戦士
    平和が訪れたはずのアナトゥールに、また戦いが起こってしまったの。ラドルフ王国のアイシャ女王と一緒に、ノルーラン国の紛争調停に向かったあたしとシュラ王子は民族の独立のために戦う聖戦士(シェルザート)たちの砦で、緋色の髪と瞳(め)を持つ女戦士と出会ったのだけれど……。彼女の心は、深い悲しみと憎しみに閉ざされていたの。民族の“誇り”って、なんだろう……(講談社X文庫ホワイトハート)。
  • アナトゥール星伝(13) 琥珀の妖魔女
    “暗闇王(レグリオン)”からの呪いの手紙が届けられた矢先、王子までもが病に倒れてしまったの。暗闇王の名をかたり、エスファハン国と王子を呪う敵の正体は? エスファハン最大の危機に、未来の王妃として、あたしにできることは、なに? ユナの冒険、危険度最高潮(講談社X文庫ホワイトハート)。
  • アナトゥール星伝(14) 夢色の追想伝
    暗闇王(レグリオン)と妖魔女(ミシュア)の、せつない愛。マルタさんとサラムさんの恋の行方は? 気になる番外編、3本を一挙掲載。ユナと王子の『王宮の休日』、マンガバージョン。大ボケ『王子くん』も再登場! アナトゥール世界(ワールド)を、さらに楽しむための特別編、リクエストに応えて第2弾(講談社X文庫ホワイトハート)。
  • アナトゥール星伝(15) 空色の水晶王
    シュラ王子の母上の国、シルファード公国を訪れたあたし達。“水晶王(セレスティア)”と呼ばれる王子は、不思議な“癒し”の力を持つ超美少年だったの! 王子のパパとママの想い出を辿る、ロマンチックな旅……を期待してたハズなのに、シルファード公国の王位をめぐる陰謀に巻きこまれて、とんでもないことになってしまう(講談社X文庫ホワイトハート)。
  • アナトゥール星伝(16) 風色の自由王
    アレスとの再会の喜びもつかの間。あたし達は、急遽、アンフォラ国に向かうことに! アンフォラ国では、かつて奴隷だった自由民たちが、“自由王(リヴァース)”と呼ばれる王のもと、独立を望んでいるらしいの。自由王は、アレスのあこがれの海賊、ヴァン・ブルー……って、本当なの? その上、彼と出会った花炎姫に、思いもかけない大きな変化が。力強く駆け抜けた、青い風の物語(講談社X文庫ホワイトハ...
  • アナトゥール星伝(17) 愛色の女性伝
    アレスがようやく発見した新大陸、“アンティトル”で出会った少女。そして、そこで起こっていた不気味な異変とは? アナトゥール最終章の序章となる、アレスくんの新大陸物語、『瑠璃色の明星姫(チャスカ)』。他、リディア姫とヴァン・ブルーの一夜のエピソード。「ユナと王子はどこまでいってるの?」という質問におこたえするスペシャルバージョンなど盛りだくさんの1冊(講談社X文庫ホワイトハート)。
  • アナトゥール星伝(18) 緑の守護神(上)
    いつもと違う予感がする。もう二度と、この世界に帰ることはないかもしれない……と。そんな覚悟を胸に旅立ったあたしを待っていたのは、アナトゥール各地が天災に見舞われているという不吉な知らせだった。世界をのみこもうとしている、不気味な闇の正体とは? そして、アナトゥールを救う術は!? いよいよ、最後の冒険が始まります(講談社X文庫ホワイトハート)。
  • アナトゥール星伝(19) 緑の守護神(下)
    アナトゥールに迫る滅亡の危機。それをくいとめる唯一の術は、ユナの生命(いのち)を捧げることだった! アナトゥールを救うために、死を覚悟するユナ。だが、その時、シュラ王子のとった行動は? 世界の終焉が刻々と迫るなかで、ふたりの、最後の闘いが始まる。ユナと王子、そしてアナトゥールの運命は(講談社X文庫ホワイトハート)。
  • アナトゥール星伝(20) 黄金の最終章
    15年という長いあいだ、応援していただいた『アナトゥール星伝』シリーズも、ついに完結! すべての物語のはじまりともいえる、シュラ王子のパパとママのエピソード。ユナちゃん&王子、アレス&アイシャちゃんのその後など、番外編3本を収録。盛りだくさんのグランドフィナーレスペシャルBOOKです(講談社X文庫ホワイトハート)。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

アナトゥール星伝 に関連する特集・キャンペーン