永い眠りから目覚めたものの、記憶をなくしてしまった吸血鬼の少女・ルシュラ。手駒を増やすべく、ひとまず近くを通りかかった少年・紅城に襲いかかったものの、なぜか紅城を下僕にすることができなくて――。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 富士見書房
掲載誌・レーベル
富士見ファンタジア文庫
電子版発売日
2013年01月25日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • 銀の十字架とドラキュリア
    通常版 1巻 626円(税込)
    永い眠りから目覚めたものの、記憶をなくしてしまった吸血鬼の少女・ルシュラ。手駒を増やすべく、ひとまず近くを通りかかった少年・紅城に襲いかかったものの、なぜか紅城を下僕にすることができなくて――。
  • 銀の十字架とドラキュリアII
    通常版 2巻 626円(税込)
    記憶喪失の吸血鬼・ルシュラと、吸血鬼耐性を持つ少年・紅城が活動拠点としている部室に、立ち退き命令が下された。そんな中、周囲では奇妙な事件が次々に起こる。どうやら学園に棲む魔女の仕業らしいのだ...
  • 銀の十字架とドラキュリアIII
    通常版 3巻 626円(税込)
    記憶喪失の吸血鬼・ルシュラとの同居生活を強いられている少年・紅城に、“吸血鬼”に殺されて幽霊となった少女が取り憑いてしまった。彼女を殺した犯人を捜すことになった紅城たちだったが――。
  • 銀の十字架とドラキュリアIV
    通常版 4巻 626円(税込)
    記憶喪失の吸血鬼・ルシュラと、吸血耐性を持つ少年・紅城の通う学校では体育祭が近づいていた。リレーのアンカーに立候補したルシュラを中心に準備を進める中、体育祭の中止を告げる脅迫状が届いて――。
  • 銀の十字架とドラキュリアV
    通常版 5巻 626円(税込)
    記憶喪失の吸血鬼・ルシュラは自分が何者なのかを知るため、姿を消してしまった。替わって紅城の前に現れたのは、かつて紅城と一緒に暮らし、滅びたはずの吸血鬼・ミラルカだった――。

銀の十字架とドラキュリア

ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年02月10日

面白みのある作品であった。気軽に読めるライトノベルのひとつだ。
吸血鬼+美少女というジャンルの使い古された感はある題材だが、それでも今後の展開に期待する内容は十分持ち合わせている。
作者の別作品にも期待が湧いた。

このレビューは参考になりましたか?

銀の十字架とドラキュリアII

Posted by ブクログ 2013年10月16日

人間?と
吸血鬼と
人造人間と
半吸血鬼と.
その4人の前に現れた新たなる敵().
ソレは一体.
まぁ,表紙のごとく魔女なんだけど.

肌色+殺伐

このレビューは参考になりましたか?

銀の十字架とドラキュリアII

Posted by ブクログ 2013年04月21日

新キャラが1人の状況で「魔女は誰だ」とかやられてもね…
ヒロインがわがまま言いたい放題なのに、サブヒロインが「男なんだから受け入れなさい」とかいう論調なのも萎える
ヒロインが謝って丸く収まるわけでもなく、主人公が「怒ってスマン」とか…まあよくある糞ラノベ展開ですわ
1巻が普通に面白かっただけに残念

このレビューは参考になりましたか?

銀の十字架とドラキュリアII

ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年02月23日

キャラクターの役割分担が良く出来ているので、話の展開に無理を感じない。緋水の過去も重たいけどやり過ぎてる感じがせず、寧ろこの位が丁度良い感じではあるが、この辺のバランスは崩れやすいので上手くやってほしい所。新キャラの希璃華には早くもチョロインの兆しが見えているので次巻からはより盛り上がりそうである。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?