ダークマターとは何か 天の川銀河探査で挑む宇宙論最大の謎

ダークマターとは何か 天の川銀河探査で挑む宇宙論最大の謎

作者名 :
通常価格 850円 (773円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

宇宙に存在する「見えない暗黒物質(ダークマター)」を探せ! いま世界の宇宙論学者・素粒子論学者が、この奇妙な物質の発見に躍起になっている。宇宙の構造を調べるうちに、宇宙が通常の原子物質だけで構成されているのではなく、ダークマターと呼ばれる正体が不明な物質が原子物質の約5倍も多く存在することが分かってきた。さらに最近では、「暗黒エネルギー(ダークエネルギー)」と呼ばれる、やはり正体が不明なものが原子物質の約18倍、宇宙全体の質量の約7割を占めていることが確実視されてきた。宇宙を支配し、この宇宙の過去の姿と未来像の鍵を握るダークマターとダークエネルギー。21世紀の宇宙論最大の謎が、いま目の前に大きく立ちはだかっている。なかでも近年、ダークマター探しが、地上で、あるいは衛星を飛ばして、その正体を突きとめようとする動きが科学者たちの間で活発化している。ダークマターはどこに存在するのか? ダークマターは1種類か複数か? どうやってダークマターを探すか? ダークマターとダークエネルギーの関係とは?こうした謎解きの現況を紹介する。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 理工
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHPサイエンス・ワールド新書
ページ数
208ページ
電子版発売日
2012年07月27日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
3MB

ダークマターとは何か 天の川銀河探査で挑む宇宙論最大の謎 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2015年05月26日

    漠然と宇宙のほとんどはダークマターとダークエネルギーによってできているということは知っていたが、これらが何であるのか全く知らなかった。結局本を読んでも正体が何なのかがわからないままであるが、ダークマターやダークエネルギーの正体の候補として建てられている仮説についてはよくわかった。天体の運動や宇宙の膨...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月17日

    実際に確認はされていないが、その存在が確実視されているダークマターについて理論的に説明されていた。
    陽子や中性子などのバリオン物質と違い、電磁波を放出しないため発見が難しいと言われている。今後、行われるダークマター発見のための計画についても説明があり、好奇心をそそる作品であった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月19日

    大昔から現在に至るまで、科学の進歩とともに宇宙は身近になってきている。でも、分からないこともたくさん。「宇宙は何でできてるの?」って問われれば、4%は分かるけど、残りの96%は不明。このうち23%がダークマターと呼ばれる物質で、これらが解明されれば・・宇宙の歴史が分かるらしい。スゴく楽しみです!
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

PHPサイエンス・ワールド新書 の最新刊

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング