物語の舞台は桃源郷-かつて天竺国に葬られた大妖怪「牛魔王」の復活を目論む者が現れた…その影響で、「負の波動」が桃源郷全土に広がり、妖怪達は突如として自我を失い、凶暴化して人間を襲い始めた…混沌と化す桃源郷、この事態を重く見た観世音菩薩は三仏神を通じ、玄奘三蔵に孫悟空、沙悟浄、猪八戒らを連れて西へ行くように命じる。こうして西を目指す彼らの旅はここからはじまった。コミックゼロサムにてシリーズ最終章となる『最遊記RELOAD BLAST』開幕!須らく看よ-。

ジャンル
出版社
一迅社
掲載誌・レーベル
Comic ZERO-SUM
ページ数
196ページ
電子版発売日
2012年04月06日
コンテンツ形式
.book
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50
  • 最遊記: 1
    完結
    通常版 1巻 648円(税込)
    物語の舞台は桃源郷-かつて天竺国に葬られた大妖怪「牛魔王」の復活を目論む者が現れた…その影響で、「負の波動」が桃源郷全土に広がり、妖怪達は突如として自我を失い、凶暴化して人間を襲い始めた…混沌と...
  • 最遊記: 2
    完結
    通常版 2巻 648円(税込)
    名が知れ渡り、三蔵一行を狙う妖怪が増え続ける毎日。襲いかかる妖怪に武器と拳を向け、彼らは西へと旅を続ける。桃源郷の崩壊がもたらす負の連鎖を旅の先々で目の当たりにし、各々の胸中は旅を始めた頃と...
  • 最遊記: 3
    完結
    通常版 3巻 648円(税込)
    名が知れ渡り、三蔵一行を狙う妖怪が増え続ける毎日。襲いかかる妖怪に武器と拳を向け、彼らは西へと旅を続ける。桃源郷の崩壊がもたらす負の連鎖を旅の先々で目の当たりにし、各々の胸中は旅を始めた頃と...
  • 最遊記: 4
    完結
    通常版 4巻 648円(税込)
    名が知れ渡り、三蔵一行を狙う妖怪が増え続ける毎日。襲いかかる妖怪に武器と拳を向け、彼らは西へと旅を続ける。桃源郷の崩壊がもたらす負の連鎖を旅の先々で目の当たりにし、各々の胸中は旅を始めた頃と...
  • 最遊記: 5
    完結
    通常版 5巻 648円(税込)
    西への旅を続ける四人の前にあらわれた、西から来た男ヘイゼル。彼は、死んだ妖怪の魂を人に与え、失われた命を取り戻す力を持っていた。『Even a Worm』編、本格始動!!
  • 最遊記: 6
    完結
    通常版 6巻 648円(税込)
    斉天大聖を倒さねば桃源郷に平和は訪れないと烏哭に吹き込まれたヘイゼル。三蔵とヘイゼル――交わらぬそれぞれの道が、今再び出逢う――。
  • 最遊記: 7
    完結
    通常版 7巻 648円(税込)
    突如あらわれた謎の敵に瀕死の重傷を負わされた悟空!! 助ける為に手をつくすも、方法は容易には見つからない。突如訪れた困難が、四人の絆を試す――…。悟空を無事救うことはできるのか!?
  • 最遊記: 8
    完結
    通常版 8巻 648円(税込)
    一行は、それぞれ別の場所で、砂漠のオアシスを巡る人間と妖怪に巻き込まれていく。そして悟空に訪れるはじめての恋――…。人間VS妖怪。 オアシスを巡る争いに巻き込まれた四人は――!?
  • 最遊記: 9
    完結
    通常版 9巻 648円(税込)
    悟空らと別れ、ヘイゼルと行動を共にする三蔵。一方で、妖怪たちだけが暮らす村を訪れた八戒、悟浄、悟空。三人が再会にむけて動き出したとき、三蔵の前に姿をあらわした烏哭。ついに対峙する烏哭三蔵と玄...

最遊記: 8

ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年11月07日

【1-8】一人欠けると途端にバランスが悪くなる。イライラして、ピリピリして、居心地悪くて、そんな中で欠けた穴の大きさを実感しているんだろうな。見ているこっちも寂しい。ニセモノに思い切りやれた所為か、本物にはちょっと優しめだった?(笑)子供の頃の悟浄は切ないけれど、吹っ切れてよかった。そしてカミサマ、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

最遊記: 7

ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年11月06日

【1-7】三蔵&悟浄コンビと悟空&八戒コンビの対比が笑える。前者は悪友・・・何だかんだ言いつつも助け合うからイイ、後者はほのぼの微笑ましい。でも4人揃ってこそバランスがいいんだよね。八戒は妖力制御装置を自分で元に戻せるくらいの自我は保っていられるのね。さて、先へ進むと決めた三蔵達の前から姿を消した悟...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

最遊記: 6

ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年11月05日

【1-6】ひと山超えて、いつもの風景が戻って来た途端にホッとする。「いつもの事」と言えるのは平和な証拠なんだな。「願い事が即座に思い浮かばないのは、願い事なんか必要ないから」に私も成程な、と思いました。そしてまた事件が。。。今度は悟浄が何かを乗り越える番かな。

このレビューは参考になりましたか?

最遊記: 5

ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年11月05日

【1-5】引き続き八戒の過去、4人の出会い編。「お前が死んでも何も変わらない。だが、お前が生きて変わるものもある。」三蔵の名言多くて全部書けないな。八戒も悟浄も三蔵の言葉で吹っ切れたようで、「生きる意志」が高まる。悟空が可愛くて癒される。過去編好きだ。

このレビューは参考になりましたか?

最遊記: 4

ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年11月05日

【1-4】八戒の過去が明らかになる巻。愛する人を奪われて、大量虐殺を行い、千の妖怪の血を浴びて妖怪となった過去。共に在る仲間たちが支えとなって、八戒が「この手がどんなに赤く染まろうと、血は洗い流せる」と生きていくことを選んだのが良かった。過去を吹っ切れてますますイイ性格になった八戒が素敵です(笑)生...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

最遊記: 2

ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年11月04日

【1-2】守りたいものがあった。けれど守れなかった。だから守らなくていいものが欲しい―――――悟浄・八戒・三蔵の過去が垣間見える一巻。八百鼡ちゃん可愛いけど弱い。。紅孩児もだけど、「悪」という感じがしないので、「敵」としてやりづらい相手だなぁ。。まあ悟空は楽しく闘えれば関係ないのか。

このレビューは参考になりましたか?

最遊記: 9

Posted by ブクログ 2013年03月25日

行程は半分ほどらしいが、取り敢えず第一章完。 数少ない三蔵一行の連携プレーが見れる巻。
壁にぶつかった時1番メンタルが強いのは悟空だと思う。周りまで巻き込んでしまうほどの前向きさは見習いたいところ。

このレビューは参考になりましたか?

最遊記: 5

Posted by ブクログ 2013年03月24日

最遊記で1番好きな巻。4人の出会いの話がメイン。バトルは少ないし大きな事件が起こるわけでもないけど、悲しくて切ない良い話だった。

このレビューは参考になりましたか?

最遊記: 4

Posted by ブクログ 2013年03月24日

表紙の八戒の過去がメインの巻。改めて、みんな悲しくて強い人だと思った。無邪気な悟空の言動に癒やされる。

このレビューは参考になりましたか?

最遊記: 1

Posted by ブクログ 2012年03月07日

同学年は、アニメもやっていた時期とかぶっていて、題名は分かるし、なんとなーくは分かるけど、深くまでは・・・みたいな人が多くて、なかなか語れる人が少ないのがちょっと悲しい。でも、1回読めば必ずはまるでしょう

このレビューは参考になりましたか?