融解連鎖 日本の社会システムはどこまで崩れるのか
作者名 :

1巻配信中

価格 1,555円 (税込)

徹底取材から明らかになる日本の労働現場の実態――。低収入で不安定な立場にある非正社員。過労死に至ってもおかしくない水準で働きつづけても報われない正社員。「働いて生活を支える」基盤である日本の社会システムはすさまじい勢いで融解(メルトダウン)を起こしている。それは民間だけでなく、病院などの公的な分野にも及び、日本社会全体を蝕みつつある。

ジャンル
出版社
東洋経済新報社
ページ数
288ページ
電子版発売日
2012年03月02日
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

融解連鎖 日本の社会システムはどこまで崩れるのか

Posted by ブクログ 2010年05月22日

本書に書かれていることが事実だとすれば(でないと信じたいのだが)、この国は終わっている。

一体、政府は何をやっているのだろうか。

しかし誰も助けてはくれない。自分で自分を守るしかない。

無駄なことはやめて自己投資に励む。まずはこれだろう。

そして選挙では貴重な一票を無駄にしないことだ。

このレビューは参考になりましたか?