火床より出でて

火床より出でて

作者名 :
通常価格 891円 (810円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

鬼才が放つ恐るべきハードボイルドミステリ!

誘拐されて殺された目も鼻もない子供。彼は黒い山肌を這い登ってゆく。誰も待つことのない賽の河原をさまよいつづける――。

男は大きな夢を持っていた。それは、殺人事件の加害者の心の暗部に直接働きかけるケア・センターづくり。しかし、その慈愛に満ちた男はいったいどこに消えてしまったのか。

彼との再会を願う殺人犯の娘のため、探偵は過去の闇へと分け入る。そして、すでに解決したと思われた事件は、探偵の前に驚くべき異なった貌を現わす。

コミック界の鬼才が、ミステリに挑戦して大きな反響を呼んだ傑作、待望の文庫版を電子化!

『追憶の夜』を改題のうえ、加筆改稿して新たに世の中に問う問題作。

著者プロフィール

山上たつひこ(やまがみたつひこ)
1947年徳島県生まれ。70年、ポリティカルフィクション「光る風」。72年、ギャグ作品の「喜劇新思想体系」。74年、「がきデカ」。87年、初の短篇小説「カボチャ通り」を発表。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
小学館
ページ数
544ページ
電子版発売日
2012年02月03日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

火床より出でて のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2012年11月09日

    山上たつひこ、という名前であれっと思った。


    確認してやはり、がきデカの人だ、と、思ってちょっと驚く。
    ビーバップの木内氏の作品もそうだったけれど、絵によって表す人はここまで、多くの言葉をその裏にひたひたと溜めていたのだなと。ひとつひとつの描写がまさに精密でなにかを穿つかのように、絞り出されること...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月16日

    『羊の木』の系統だと思って買った。長かった。
    物語の主要なテーマとなる「犯罪被害者・加害者を取り巻く環境と社会運動」等の背後にある膨大な事件の存在、社会運動の理想や理論展開などの記述がしっかりしている。
    段々のめり込んだ。
    探偵としての調査の実際的な流れや駆け引きがリアルだった。
    犯罪被害者・加害者...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月21日

    あの、山上たつひこが、こんな小説を書けるのか!ビックリでしたよ。
    タイトルがいい。(文庫化にあたって改題したようですが)
    このタイトルでミステリーだったら読まずにはいられません。
    が、ちょっと期待過剰だったのかもしれません。
    決してつまらないという訳ではないんですがね。
    オーソドックスなハードボイル...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月19日

    がきデカ。
    世代じゃないけど名前は知っている。
    その作者の小説。

    ハードボイルド探偵小説。
    王道作品だと思う。

    が、なにしろ読みにくかった。
    文章になんとも言えない癖がある。
    正直苦手だった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 小説

小説 ランキング