はじめの一歩(131)

少年マンガ 2位

  • 最新刊

はじめの一歩(131)

作者名 :
通常価格 495円 (450円+税)
紙の本 [参考] 528円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

三階級制覇を目指し、S・ミドル級世界王者キース・ドラゴンに挑戦する鷹村。「なんでも叶い、手に入る」と豪語するキースに対し、鷹村は対戦決定以降なぜか縁起が悪いことが続いていた。一方キースには、来日にあたりもう一つ別の目的があった、それは‥‥。

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
少年マンガ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
週刊少年マガジン
電子版発売日
2021年07月01日
紙の本の発売
2021年06月
サイズ(目安)
76MB

新刊オート購入

はじめの一歩(131) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    電子書籍再開

    ken001583 2021年07月01日

    ずっと待ち望んでました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月19日

    大学生になって、アルバイトでお金が使えるようになって、一気に買い揃えてから20年の付き合いです。すでに期待を超えたもの、良いことも悪いことも楽しめるような、日記のような漫画になりました。早く一歩くんを再起させて欲しいです。

    このレビューは参考になりましたか?

はじめの一歩 のシリーズ作品 1~131巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~131件目 / 131件
  • はじめの一歩(1)
    無料
    0円(税込)
    ひたむき少年、一歩(いっぽ)登場!! 「強いって、一体どんな気持ちですか?」 ドジでいじめられっ子の高校生、幕之内(まくのうち)一歩。ボクサー・鷹村(たかむら)との出会いによって、拳(こぶし)にひそむダイナマイトパンチを呼び起こした! プロボクサーへの夢を抱いた一歩は、鴨川(かもがわ)ジムの入門テストに挑戦して……!? 感動の大ヒット作、ボクシング巨編!!
  • はじめの一歩(2)
    無料
    0円(税込)
    一歩(いっぽ)vs. 宮田(みやた)、再び激戦のゴング!! 一歩のはじめてのライバル、宮田との再戦のゴングが鳴った! 宮田の華麗なフットワークとカウンターに、真っ向勝負を挑む一歩。会長にしごかれた血と汗の特訓の成果をいま試すんだ!! ダッシュと連打で宮田をとらえ、必殺のロングアッパーをたたきこめ、一歩!!!!
  • はじめの一歩(3)
    無料
    0円(税込)
    一歩(いっぽ)のプロデビュー戦、はじまる!! ついに、デビュー戦の日がやってきた! 対戦相手は小田裕介(おだ・ゆうすけ)──「右ストレートだけの根性なし」との評判に、一歩の周囲は楽勝ムード。しかしリングに登場したのは、別人のようにタフに変身した小田だった!! 超激ファイトがはじまる!! 一歩は、デビュー戦に勝利を飾れるのか……!?
  • はじめの一歩(4)
    495円(税込)
    強豪ひしめく新人王戦開幕!! 宮田(みやた)との再戦めざして一歩(いっぽ)は燃える!! だがそのためには勝ち残らねば! 第1戦の対戦者は、黒人ボクサー・オズマ。その「必殺フック」に対抗すべく、一歩の大特訓が始まった。スピード、テクニックともに一枚上手の相手に、はたして一歩は勝てるのか……!? 今、開始のゴングが鳴る!!
  • はじめの一歩(5)
    495円(税込)
    一歩(いっぽ)とオズマ、たがいにゆずらず熱戦を展開!! 2度目のダウンを喫(きっ)してしまった一歩……。なんとか立ち上がったものの、戦況は「明らかに不利」! 見せろ、特訓の成果を、起死回生の一撃を!! 体力の限界を越えて、2人の闘士(ファイター)の激突は続く! いま、試合は2ラウンド目にして、最高潮を迎えた!!
  • はじめの一歩(6)
    495円(税込)
    一歩(いっぽ)と鷹村(たかむら)、それぞれの挑戦!! 一歩の試合は「鷹村の前座」と決まった。鷹村の“勝ちムード”を盛り上げるためにも、絶対負けるわけにはいかない! しかし対戦相手の小橋(こばし)は、完璧に一歩を研究していた! あらゆる攻撃を封じられ、一歩は判定負けの罠(ワナ)に……!? スタミナ限界の一歩に、最終ラウンドのゴングが冷たく響く!!
  • はじめの一歩(7)
    495円(税込)
    一歩(いっぽ)、いよいよ準決勝に進出!! 対戦相手は速水龍一(はやみ・りゅういち)──アマ時代から負け知らずの天才で、「対インファイターKO率100%」を誇る男!! 接近戦を身上とする一歩にとって、絶望的な相手だ! 特訓をかさねながらも一歩はあせる……そして思いついた「捨て身の作戦」とは……!? いま、一歩は、最強の敵を迎える!!
  • はじめの一歩(8)
    495円(税込)
    白熱する一歩(いっぽ)vs. 速水(はやみ)戦のゆくえは――!? 必殺カウンター作戦を狙っていた一歩だったが、試合は意外にも至近距離(クロスレンジ)での打ち合いへ。しかし一歩の得意なインファイトでも、速水は決定的なレベルの差を見せつける!! ショットガンの猛攻をあび、1ラウンド目にしてピンチに陥った一歩に、勝機はあるのか!?
  • はじめの一歩(9)
    495円(税込)
    間柴(ましば)の執念に、宮田(みやた)窮す!! 「アイツが待ってるんだ、負けるワケにいくか!!」 一歩(いっぽ)との約束をはたすため、宮田は気迫だけで立ち上がった! しかしその気合とは裏腹に、思わぬアクシデントが宮田を襲う。致命的なダメージを負った宮田と、執念の男・間柴の死闘は、いよいよ山場を迎える!!
  • はじめの一歩(10)
    495円(税込)
    さあ一歩(いっぽ)、新人王戦決勝だ!! 宮田(みやた)が負けた!! ついにたどり着いた決勝の相手は、一歩の目標・宮田を無残に葬りさった間柴(ましば)だ。勝利への執念を燃やす一歩だが、リーチ差20センチ、間柴必殺のフリッカージャブを防ぐ策はあるのか……!? 万全の仕上がりでリングに立つ2人に、因縁のゴングが鳴り響く!!
  • はじめの一歩(11)
    495円(税込)
    東西対決、幕之内一歩(まくのうち・いっぽ)VS. 千堂武士(せんどう・たけし)!!!! 次なる目標は“浪速(なにわ)のロッキー”こと千堂武士との、全日本新人王戦だ!! しかし熱い胸のうちとはウラハラに、対間柴(ましば)戦での右拳(こぶし)骨折が、一歩に深刻な問題を投げかける。わずか2ヵ月後にせまる、試合のゆくえは……!?
  • はじめの一歩(12)
    495円(税込)
    一歩(いっぽ)、おまえの闘志(ファイト)を見せてくれ!! ――痛みは、ひかなかった。でも、やるしかないんだ!! 充実の千堂(せんどう)とは対照的に、一歩は拳に不安を残したまま、対戦の日を迎えた!! 気力こそ十分の一歩だが、拳が握り込めない状態で、強敵千堂に勝つことができるのか!? ゴング寸前の大阪に、早くも嵐の予感が……
  • はじめの一歩(13)
    495円(税込)
    攻めおとすか千堂(せんどう)、しのげるか一歩(いっぽ)!! 「くそォ、なんできかないんだ!!」死にものぐるいで一歩が放った、右テンプルの一撃をものともせずに、不死身の底力を見せつける千堂!! そして今、地元の沸(わ)きかえる「ロッキーコール」に、第3R(ラウンド)終了のゴングもかき消され……一歩はメッタ打ちの大ピンチだ!!
  • はじめの一歩(14)
    495円(税込)
    相手が伊達(チャンピオン)でも、遠慮するな一歩(いっぽ)!! 「とにかく、思いきりやるしかない!」チャンピオンの伊達(だて)から、直々にスパーリングの要請を受けた一歩。これは、試合カンを取り戻すためにも、一歩にとってまたとないチャンスだ!! 実力と経験(キャリア)の差は大きいけれど、このスパーリングでなにかを学びとれ、一歩!!
  • はじめの一歩(15)
    495円(税込)
    頑張れ宮田(みやた)、一歩(いっぽ)も待ってるぞ!! ついに、ランキング5位の沖田(おきた)から、紙一重の差で勝利をもぎとった一歩! しかしその頃、華々しくKOを飾った一歩とは対照的に、宮田は異国の不利な状況の中で苦しんでいた!! おのれの意地をかけて武者修行を続ける宮田を、待ちうけていた「新たな試練」とは……!?
  • はじめの一歩(16)
    495円(税込)
    “ゲロ道”、いよいよプロテスト挑戦!! 新たな伊達(だて)への挑戦者、ザンギエフの出現に不安を隠せない一歩(いっぽ)。そのころ、鴨川(かもがわ)ジムの新人(ニューフェイス)“ゲロ道”は、プロテストの日を迎えた!! 緊張のあまり硬くなるゲロ道だが、この関門さえ通れれば、晴れて念願のプロだ!! ゲロ道、とにかくがんばれ、一歩も応援してるぞ!!
  • はじめの一歩(17)
    495円(税込)
    一歩(いっぽ)に、逆転一発の機会(チャンス)はあるか!? 対する相手は「スピード・スター」の異名をとる冴木卓麻(さえき・たくま)!! 強打を乱射する一歩だが、クリーンヒットを出せぬまま。逆に、冴木のパンチをうけたことから、右眼がふさがってしまう状況に……。左(ジャブ)が死角から飛び込んでくる! 納得のいく一発をみせたい一歩に、はたしてチャンスはあるのか!?
  • はじめの一歩(18)
    495円(税込)
    木村&青木、決勝進出なるか!? A級トーナメント準決勝せまる! 木村と青木にとっては、4年目にしてようやく巡ってきたビッグ・チャンス。高まる不安と緊張(プレッシャー)を打ち消すように、猛練習を重ねる二人に対して、一歩(いっぽ)が考え出した「激励方法」とは? 一歩、青木、木村。3人そろって決勝戦進出……なるか!?
  • はじめの一歩(19)
    495円(税込)
    かつてない重圧(プレッシャー)が、一歩(いっぽ)を襲う!! A級ボクサートーナメント決勝戦、第1R(ラウンド)開始早々……一歩大ピンチ! ヴォルグのあまりにも激しく、そして的確な攻撃の前に、防戦一方となってしまう一歩。このまま自分のペースを取り戻すことなく、狼(ヴォルグ)のキバの餌食(えじき)となってしまうのか? 打ちあえ一歩、退くな!!
  • はじめの一歩(20)
    495円(税込)
    戦いを終えた戦士の休息。それは――「合コン」!? A級ボクサートーナメント終了!! 冴木(さえき)、ヴォルグという強敵を連破し、みごと優勝を手にした一歩(いっぽ)。しかし激戦のダメージは深く、ヴォルグ戦で意識を失った一歩が目を覚ましたのは、病院のベッドの上だった。そんな満身創痍(まんしんそうい)の一歩の前に、白衣の天使が現れて……!?
  • はじめの一歩(21)
    495円(税込)
    チャンピオンカーニバル第1戦、鷹村(たかむら)、ミドル級王者死守! その凄絶な試合を目の前にして「王様と挑戦者の拳の重さ」の違いを教えられた一歩(いっぽ)。しかし、挑戦者としてどうやって“重い拳”を持つチャンピオン・伊達(だて)と戦うべきか。一歩の悩みは深まり……!?
  • はじめの一歩(22)
    495円(税込)
    第3R(ラウンド)、伊達(だて)の逆襲が始まった!! 白熱の日本フェザー級タイトルマッチ、「一歩(いっぽ)優勢」にみえた第3Rだったが、伊達の超・高等技術の前に、一瞬のダウンを喫してしまう! 幸い大きなダメージはなく、すぐに立ったものの、反撃のチャンスをつかめず、あせるばかりの一歩……。伊達の“王者の拳”が襲いかかる!!
  • はじめの一歩(23)
    495円(税込)
    一歩(いっぽ)の心の傷を癒すのは……? 伊達(だて)とのタイトルを賭けた死闘を終えた一歩は、ダメージから回復するため「3カ月の完全休養」を会長から命じられた。そんな一歩に、なんと間柴(ましば)の妹・久美(くみ)ちゃんからデートのお誘いがっ! 生まれて初めてのデートに、初めのうちは大はしゃぎだった一歩だが……!?
  • はじめの一歩(24)
    495円(税込)
    再起戦決定! 豪打復活なるか!? 対伊達(だて)戦後、休養を続けていた一歩(いっぽ)に、とうとう復活の時がきた! しかし対戦相手は「名前と戦績以外は不明」という“未知なる強敵”だ。そのうえ、敗戦後の復帰第一戦というプレッシャーが重なってしまう……。一歩の不安は、試合が近づくにつれて大きくなるばかりだが……!?
  • はじめの一歩(25)
    495円(税込)
    青木&木村のツッパリ青春時代編!! 「2人がボクシングを始めたキッカケって何ですか?」――鴨川(かもがわ)ジムの先輩・青木&木村の、“不良(ヤンキー)時代”のスゴイ写真を見つけた一歩(いっぽ)は、2人の過去に興味津々! 今のお笑いコンビぶりからはまったく想像もつかない、青木&木村の激しくアツイ高校青春時代……まばゆい80年代(エイティーズ)にせまる!!
  • はじめの一歩(26)
    495円(税込)
    因縁の対千堂(せんどう)戦、ついに決定!! 一歩(いっぽ)vs. 千堂、タイトルを懸けた試合がついに決まった! しかし千堂は、一歩が大苦戦して倒した冴木(さえき)を“秒殺”してしまうほど強くなっている!! 一歩のデンプシー・ロールは通用するのか? これまでにない不安を抱えたまま、一歩は恒例の夏合宿に参加するのだが……!?
  • はじめの一歩(27)
    495円(税込)
    “熊殺し”鷹村(たかむら)、世界にはばたく!! 恒例の夏合宿も終わり、再び東京にて練習に明けくれる一歩(いっぽ)。千堂(せんどう)との試合の日まで、平穏な日々が続くのか……、と思ったその直後、なんと鷹村に“世界”前哨戦(ぜんしょうせん)の話が舞い込んできた!! 目の色が変わった鷹村を前に、ますます練習に気合が入る一歩だが……!?
  • はじめの一歩(28)
    495円(税込)
    王者・千堂(せんどう)の逆襲が始まった!! 日本フェザー級タイトルマッチ、「挑戦者・茂田(しげた)有利」のまま迎えた第3R(ラウンド)。ついに王者・千堂の豪打が火を噴いた!! まさに“一撃”で劣勢をひっくり返してしまう千堂の強さに、今さらながら驚かされる一歩(いっぽ)。これほどまでに強くなった宿敵(ライバル)に、対抗するすべはあるのか!?
  • はじめの一歩(29)
    495円(税込)
    一歩(いっぽ)vs. 千堂(せんどう)――運命の一戦が始まる!! いよいよ迎えた日本フェザー級タイトルマッチ。ゴング直前、はやる気持ちをむりやりおさえつけるかのように、お互い目を合わせようとはしない一歩と千堂。1年9ヵ月前、「東西の新人王」として死闘をくりひろげた二人がついに、日本の頂点を懸けて激突する……!!
  • はじめの一歩(30)
    495円(税込)
    一歩(いっぽ)vs. 千堂(せんどう)、“強い”のはどっちだ!?  第5R(ラウンド)を迎え、ますます白熱する日本フェザー級タイトルマッチ。王者・千堂の拳がついに一歩をとらえた!! 嵐のようなKOパンチの連打に、なすすべもなくマットに崩れおちる一歩。“完成型のデンプシー・ロール”を見せることなく、このまま負けてしまうのか……!? 興奮の大試合、決着!!!!
  • はじめの一歩(31)
    495円(税込)
    “怪物王者”間柴(ましば)に木村(きむら)が挑む! ――千堂(せんどう)との死闘に勝ち、日本王者になった一歩(いっぽ)。クミちゃんとの間も急接近で、いいことばかりと思いきや、そのクミちゃんから突然別れの言葉が! なんと彼女の兄であるあの間柴が持つ日本ジュニア・ライト級王座に、一歩の先輩・木村が挑戦することになったというのだ!!
  • はじめの一歩(32)
    495円(税込)
    木村(きむら)対間柴(ましば)、いよいよゴング!! 5年目にしてようやくタイトルマッチという、夢の舞台に立った木村。しかし相手はすでに世界レベルの実力を持つ王者(チャンピオン)となった、あの間柴だ。はたして木村は死神の鎌とよばれる左(フリッカー)を封じこめ、必殺の“ドラゴン・フィッシュブロー”を打ちこむことができるのか!?
  • はじめの一歩(33)
    495円(税込)
    木村(きむら)、惜敗。そして引退へ──。――“負けたら引退”の決意を胸に、タイトル戦(マッチ)のリングに上がった木村。だが怪物王者・間柴(ましば)を追いつめながらも、あと一歩のところで勝利をのがしてしまう。そして試合後、「もう一度やれば……」の声があがる記者達の前で、木村はついに“引退”の2文字を口にした……。
  • はじめの一歩(34)
    495円(税込)
    真の王者(チャンピオン)を目指せ!! ――一歩(いっぽ)の初防衛戦まであとわずか。挑戦者・真田(さなだ)陣営は、ここにきて対一歩の秘密兵器である“飛燕(ひえん)”と“燕返し”を公開するという。はたして試合間近になっての“必殺技”公開は何を意味するのか!? 余裕という武器をたくみに繰り出す真田に、一歩の反撃は!?
  • はじめの一歩(35)
    495円(税込)
    一歩(いっぽ)の様子がおかしい!? 得意の接近戦で真田(さなだ)を追いつめながらも、真田の恐ろしいほど正確な“触診”に、一歩の体は確実に蝕まれていたのだ!! 顔は蒼ざめ、強打さえ出せない状態の一歩に残された武器は、もはや気力だけか!? はたして一歩の初防衛なるのか!?
  • はじめの一歩(36)
    495円(税込)
    宮田(みやた)、カウンターで瞬殺なるか!? ――ついに宮田が東洋太平洋(OPBF)タイトルマッチに挑戦!! 父のボクシングを証明するため、一歩(いっぽ)との約束を果たすため、決して負けることはできない。しかし、無謀な減量で身体をすり減らした宮田に、王者アーニーの不気味な秘密兵器“ブラッディ・クロス”の刃が光る!!
  • はじめの一歩(37)
    495円(税込)
    カウンターを“ブラッディ・クロス”で封じられた宮田(みやた)の精神的、肉体的ダメージは、すでに限界に達していた。それでも、父と一歩(いっぽ)との約束のため、宮田は真っ向勝負に挑む!! 最期の最期に残した力で渾身の一発を放つ宮田、“ブラッデイ・クロス”を破れるか!?
  • はじめの一歩(38)
    495円(税込)
    屈辱の傷は、もう疼かない!! 1986年メキシコシティにて、伊達英二(だて・えいじ)、王者(チャンピオン)リカルド・マルチネスに敗れ去る――。あれから7年、伊達が再びマルチネスに挑む!! 頂点に君臨しつづけた男と、どん底から這い上がってきた男、どちらの強さが上なのか、今その答えがリングの上で明かされる――!!
  • はじめの一歩(39)
    495円(税込)
    一歩(いっぽ)、“甘さ”を克服できるか!? 一歩の防衛戦対戦者“ハンマー・ナオ”は、ゲロ道だった!! 親しくしていた後輩との試合に、とまどいを隠しきれない一歩。だが、ゲロ道はあの頃の面影をすっかり失っていた……。一緒に走り、同じ時間を過ごしたゲロ道に、一歩は“鬼の一撃”をくり出すことができるのか!?
  • はじめの一歩(40)
    495円(税込)
    真夏の海辺(ビーチ)に、鴨川(かもがわ)軍団大集合!? ゲロ道との激闘を終え、休息に入った一歩(いっぽ)の前に、いきなり現れた青木(あおき)とトミ子。海に誘う2人に、一歩は乗り気でなかったものの、クミも行くことを知るや、一歩も加わり海へと向かう!! だが、解放感いっぱいのビーチでは思いがけない大波乱が待ちうけていた……!?
  • はじめの一歩(41)
    495円(税込)
    前哨戦に、濃い暗雲たち込める!? ――ついにやってきた鷹村(たかむら)の世界戦前哨試合!! はやくも王者(チャンピオン)ホークへの闘志を表す鷹村だが、まずはこの戦いをクリアしなければならない。しかし、前哨戦のリングに、いつもの熊の毛皮で登場した鷹村は、普段の面影すらまったくない、変わりはてた姿になっていた……!?
  • はじめの一歩(42)
    495円(税込)
    2羽の鷹、臨戦態勢調整中!! 前哨戦を力でぬじ伏せ、ついに世界戦へ辿り着いた鷹村(たかむら)。だが、J(ジュニア)・ミドル級の体重をはるかに超えている鷹村は、骨身を削る厳しい減量を強いられていた。もはや、心身ともに極限状態の鷹村、数々の挑発をくり返すホークに、闘志と怒りは頂点に達しようとしていた!!
  • はじめの一歩(43)
    495円(税込)
    決戦BATTLE OF HAWK!! ついに世界タイトルマッチのリングで対峙する鷹村(たかむら)vs.ホーク! 従来なら攻撃不可能な体勢から繰り出されるホークのパンチに、鷹村がまさかの絶体絶命に!! ボクシングでは分類のできないホークの“暴力”に、鷹村の応戦は!? 果たして、起死回生できるのか!?
  • はじめの一歩(44)
    495円(税込)
    鷹村(たかむら)に緊急事態発生!? KO宣言をして完璧に鷹村優勢で進めた第5Rの後、鷹村のスタミナは完全に底をついてしまった!! サンドバッグのごとく、右へ左へなぶられ続ける鷹村、会長や後輩達の思いを背に、復活なるのか!? はたして、ベルトを巻くのはどちらだ!? 鷹村、世界の頂点向かって甦れ!!
  • はじめの一歩(45)
    495円(税込)
    鴨川(かもがわ)・猫田(ねこた)の若き日の伝説!! 戦後の日本、敗戦の深い痛手を背負いながらも少しずつ復興していく東京の地に、己の拳のみを頼りに闘い続ける拳闘家の姿があった。その男の名は、鴨川源二(げんじ)と猫田銀八(ぎんぱち)。世界王者(チャンピオン)となった鷹村(たかむら)を育てた名伯楽(めいはくらく)・鴨川源二の若かりし頃の伝説が今、明らかになる!!
  • はじめの一歩(46)
    495円(税込)
    猫田(ねこた)、最後の闘いのゴングが鳴る!! パンチドランカーの不気味な徴候に脅かされながらも、リングでは神業的スピードでアンダーソンを翻弄していく猫田。だが、アンダーソンからの最悪の反則打ラビットパンチで、猫田は身体の自由を奪われてしまう!! なぶられ続ける猫田に反撃の道はあるのか!?
  • はじめの一歩(47)
    495円(税込)
    デンプシー破りの挑戦者、現る!? 一歩(いっぽ)の4度目の防衛戦が決定した。今度の挑戦者は沖縄出身の島袋岩男(しまぶくろ・いわお)。地方ジムの島袋のデータは無きに等しく、さらに彼は大胆にも、一歩の必殺技であるデンプシー・ロールを破ると宣言してきた!! 秘かな特訓を積み、デンプシーの強化をはかる一歩だが……!?
  • はじめの一歩(48)
    495円(税込)
    ついに対決、海人(ウミンチュ)VS.海人(ウミンチュ)!! 国内最強のインファイターの称号とベルトを懸け、一歩(いっぽ)は挑戦者のような気持ちで試合に臨む。しかし、はちきれんばかりの筋肉をまとった島袋(しまぶくろ)は、一歩の攻撃に頑強な岩のごとく、びくともしない。そして、一歩は着実に“海の底”へと引きずりこまれてゆく……。
  • はじめの一歩(49)
    495円(税込)
    一歩(いっぽ)、“海の底”からの帰還なるか!? 一歩の必殺技、デンプシー・ロールがついに撃破された!! 絶望的な状況に追いつめられた王者(チャンピオン)を仕留めんと構える島袋(しまぶくろ)だが、彼もまた、酸素欠乏症(チアノーゼ)に陥っていた。正面きっての無酸素戦闘(バトル)が始まるが、依然有利な島袋にチャンピオン・ベルトは奪われてしまうのか──!?
  • はじめの一歩(50)
    495円(税込)
    どうなる!? 青木(あおき)の初王座挑戦(タイトルマッチ)! 鴨川(かもがわ)ジムに入門してから6年、ついに念願のタイトルマッチへの切符を手に入れた青木。現王者(チャンピオン)・今江克孝(いまえ・かつたか)は冷静(クレバー)かつ地味なボクサーで、カエルパンチをはじめとする青木の技はすでに研究済みらしい。王座をモノにするために青木は新兵器を編み出そうとするが……!?
  • はじめの一歩(51)
    495円(税込)
    青木(あおき)の新兵器、ついに発動!! すべての攻撃をするりとかわされ、イラつく王者・今江(いまえ)。彼は青木のペースにはまりつつあった。一方、優勢に転じた青木は必殺のカエルパンチを潰された報復をするべく、態勢を整えていた。そして第6ラウンド、誰にも明かされなかった青木の新兵器が、ついに……!?
  • はじめの一歩(52)
    495円(税込)
    一歩(いっぽ)の必殺技、デンプシー・ロールを“無様な技”呼ばわりした沢村竜平(さわむら・りゅうへい)。彼は類を見ないカウンター・パンチャーであると同時に、風評最悪の人物だった。沢村戦対策としてデンプシーの進化を計る一歩だが、練習方法どころかスパーリングパートナーもおらず、足踏み状態に……!!
  • はじめの一歩(53)
    495円(税込)
    “ホワイトファング”、復活か!? ――アメリカでボクサーとして復帰するにあたり、ヴォルグは一歩(いっぽ)の家に居候中。鴨川(かもがわ)ジムで練習する彼の様子を見た木村(きむら)達は、“デンプシー破り”の実践を持ちかけた。自分の力不足を感じて一度は断るヴォルグだが、沢村(さわむら)のビデオに戦慄を覚え、一歩との勝負(スパーリング)を決心する!!
  • はじめの一歩(54)
    495円(税込)
    度重なる沢村(さわむら)の反則打に、怒り心頭の一歩(いっぽ)は第1Rから果敢に応戦する。王者の貫禄と戦意に、俄然沸き立つ後楽園ホール。そのすべてを敵にまわし、なおもなりふり構わぬ態度で試合を続ける沢村は、一歩の攻撃を受けながら、冷静に反撃のチャンスをうかがっていた……!!
  • はじめの一歩(55)
    495円(税込)
    必殺技撃沈! 一歩の反撃は!? ――デンプシー・ロールが完全に破られた! 深刻なダメージを抱えつつも、一歩(いっぽ)は王者としての決意と責任感によってリングに立ち続けた。対する沢村(さわむら)は、悠然と王者交替の瞬間を待っている。体力を殺ぎ取られた一歩に、最後の手段・新型デンプシーは打てるのか!?
  • はじめの一歩(56)
    495円(税込)
    沢村(さわむら)戦で全身ボロボロになった一歩(いっぽ)を気遣い、自宅まで付きそう久美(くみ)。家に着いた途端に倒れた一歩を寝かしつけた成り行きで、久美は思いがけず、一歩の母から彼の父についての話を聞くことに。そこには、一歩の目指す“本当の強さ”の意味が込められていた――。
  • はじめの一歩(57)
    495円(税込)
    世界タイトル2階級制覇挑戦と東洋太平洋タイトル戦に向け、鷹村(たかむら)と宮田(みやた)は合同合宿を張った。化け物並みの体力を全開して練習をする鷹村に、宮田は振り回されっぱなし。だが、その鷹村が見せた意外な隙や、いつもと違う言動が、宮田に一抹の不安を抱かせる……。
  • はじめの一歩(58)
    495円(税込)
    本戦を前に、加熱(ヒートアップ)する大舞台!? 世界戦(タイトルマッチ)を“通過点”と豪語する挑戦者、鷹村(たかむら)。世界的英雄でありながら慢心せず、鍛錬を欠かさぬ王者(チャンピオン)、イーグル。対称的な2人の対戦がいよいよ近づいてきた。鷹村の2階級制覇への弾みをつけようと燃える木村(きむら)と青木(あおき)、自らの世界戦を控えた宮田(みやた)の勝負の行方は!?
  • はじめの一歩(59)
    495円(税込)
    セミファイナルの宮田(みやた)が快勝し、いよいよ世界戦の火蓋が切って落とされた。日本人初の世界2階級制覇が懸かっているとあって、会場は大興奮の渦。ゴングが鳴り、日本の鷹と世界の鷲、体調も気力も十分な二羽の猛禽類がリング上で、頂上決戦を開始した……!!
  • はじめの一歩(60)
    495円(税込)
    その策、無謀なり!? 冷静なる観察眼で相手を把握し、理詰めのボクシングで迫る王者(チャンピオン)に対し、大振りのパンチを繰り返す鷹村(たかむら)。しかし、無謀に見えたその策により、形勢は逆転! 第3Rでダウンを取られた屈辱を晴らすべく、反撃の狼煙(のろし)を上げようとした瞬間、鷹村にとって最悪の事態が!!
  • はじめの一歩(61)
    495円(税込)
    鷹村・イーグル共に傷を負い、リング上に血飛沫が飛ぶ。あわやドクター・ストップかと思われるが、KOを目指す両者の強い希望で試合再開。互いの翼をもごうとするが如く、瀕死ながらも牙を剥いて戦う鷹と鷲。だが、その刹那、鷹村の両眼がふさがってしまう──!!
  • はじめの一歩(62)
    495円(税込)
    板垣、雪辱なるか!?因縁の対決にリベンジを誓い、フリッカー対策のため、間柴の元へ通い続ける板垣。一方、対戦相手の牧野は、そのダークなイメージとは裏腹に地道な努力を続け、身体の不自由な少年を勇気づけていた。両者の勝利に懸ける執念が、リング上でぶつかり合う──!!
  • はじめの一歩(63)
    495円(税込)
    一歩のタイトルマッチが近づいてきた。相手は7位の唐沢。かつて一歩と対戦した真田を輩出したジムの唐沢は、一歩のパワーを想定して鍛練を重ねている。王者が勝って当然という空気の中、地道に拳を磨く一歩は、今までと違ったことを試みようとしていた‥!!
  • はじめの一歩(64)
    495円(税込)
    王者をスピードでかく乱し、デンプシー・ロールが出たところをカウンターで迎え撃つそれが唐沢のシナリオだった。しかし、一歩は愚直に左の拳を打ち続け、着実に相手を蝕んでゆく。必殺技を封印した一歩に唐沢は、一矢報いようと執念を見せるが‥‥!?
  • はじめの一歩(65)
    495円(税込)
    板垣が今井との因縁にケリをつけんとする東日本新人王戦が近づいてきた。事前の調整は万全かと思えたが、一歩と鷹村から致命的な欠陥を指摘され、板垣は茫然。自分の戦法を変えて試合に臨むには、破壊力の差が歴然だ。迷った末に板垣の選択した道は!?
  • はじめの一歩(66)
    495円(税込)
    一撃必殺!今井、反撃!!超接近戦という予想外の行動に出た板垣はインファイターとして驚異のスピードで成長していく。それに翻弄されつつあった今井だが、獲られ続けた主導権を奪い返すべく、点数度外視の一発勝負に賭けて出てきた。そして、徐々に板垣の溜まった疲労が滲み出す‥‥!!
  • はじめの一歩(67)
    495円(税込)
    とうとう板垣がダウンを奪われた!今井の攻撃は増すばかりだが、すでに足も動かずかろうじて踏み止まる板垣に反撃の力は残っているのか!?いよいよ二人の因縁の死闘に決着の時が迫る!そして彼らの闘いを見つめる一歩の胸にも期するものがあった。
  • はじめの一歩(68)
    495円(税込)
    東日本新人王戦のケガも癒え、板垣が退院した。早くも全日本に燃える板垣にショッキングな報告が待っていた。一方、宮田との対戦を前にチャンピオンカーニバルが控えている一歩は、伊達から対戦相手・武に関する話を聞く。武は伊達が恐れるほどの相手だった!
  • はじめの一歩(69)
    495円(税込)
    最後の王座防衛戦の相手、武は、経験値を生かし、あらゆる手段で揺さぶりをかける曲者ボクサー。第1Rに早くもダウンを奪った一歩だったが、武の老練なボクシングに翻弄される!得意の接近戦に打って出た一歩。しかし、武は隠し持っていた“牙”を剥く!!
  • はじめの一歩(70)
    495円(税込)
    超接近戦で一歩の重心を浮かせ、その破壊力を半減させる罠を仕掛ける武に対し、反撃を開始した一歩。真っ向勝負は一歩に分があるかと思われたが、武はボロボロになりながらも息子に自分の背中を見せる為、決して倒れようとはしない。一歩は、ついに封印を解く!!
  • はじめの一歩(71)
    495円(税込)
    一歩との試合を懸けた東洋太平洋フェザー級タイトルマッチが始まった。今度こそ約束を果たそうとする宮田が圧倒的な強さで優勢に。このまま簡単に決着がつくかと思われた矢先、宮田の意識が観客席にいる男に奪われ、その隙を狙った挑戦者の反撃の拳が飛ぶ‥!!
  • はじめの一歩(72)
    495円(税込)
    木村・青木・鷹村の試合も終わり、いよいよ注目のJ・ライト級タイトルマッチを待つのみとなった。試合が近づくにつれ、今までとは違う兄の様子に久美は不安を隠せない。板垣とのスパーからも間柴不利の要素がちらつく中、沢村との試合のゴングが鳴り響く‥‥!!
  • はじめの一歩(73)
    495円(税込)
    ハイレベルな応酬で始まった間柴対沢村戦!しかし2Rが終わり、オープニングヒットが無い二人に不穏な空気が。先に仕掛けたのは沢村。反則の裏拳(バックナックル)を間柴に喰らわせ、一気に攻勢に出る。しかし間柴も負けてはいない!ついに魔物同士の壮絶な死闘が始まった!!
  • はじめの一歩(74)
    495円(税込)
    死闘続く間柴VS沢村戦!!6Rのゴングが鳴り、優位に立ったのは間柴だった!左眼が見えぬためカウンターがつかえない沢村をフリッカージャブで切り刻む!それに対し沢村は中間距離に身を置いて、玉砕覚悟の相討ちを敢行!殺気を増す間柴と王座への執念で闘い続ける沢村!勝つのは一体どちらなのか!?
  • はじめの一歩(75)
    495円(税込)
    延期となった宮田との対戦を心待ちにして練習を積む一歩。かたや一歩の背中を追い掛ける板垣に大阪の星から挑戦状が届く。星は先輩である千堂も認める強打の持ち主。やる気まんまんの板垣ではあるが、今井戦が終わってから、どうにも調子が良くない。しかも場所は敵地・大阪。不利な状況のなか板垣の試合の行方は!?
  • はじめの一歩(76)
    495円(税込)
    板垣の謎の不調が改善しないまま、敵地・大阪で始まってしまった板垣VS星戦!!試合開始のゴングが鳴り、慎重に距離を取ろうとする板垣だが、星は見逃さない。素早い踏み込みから強烈な一撃を板垣めがけ放つ!万事休すと思われた刹那、板垣は不思議な感覚を体験。それこそは恐るべき才能が覚醒した瞬間だった!
  • はじめの一歩(77)
    495円(税込)
    心待ちにしていた宮田との試合が宮田本人からの申し出により急きょ中止となり、落ち込む一歩。鷹村や鴨川の言葉も一歩には届かず、ジムの仲間も一歩が引退してしまうのではと心配する。そんな時、一歩の前に飯村記者が現れ一人のボクサーの話を語り出す‥‥。
  • はじめの一歩(78)
    495円(税込)
    世界を目指してタイ国のフェザー級王者ジミ-・シスファーと激闘を繰り広げる一歩!しかし、強力なパンチを駆使するジミ-に戸惑い第2Rまで苦戦を強いられる。そんななか一歩と鴨川が選択したのは大きく強く打つ相打ち覚悟のスタイル。勝利をかけて、豪腕と豪腕のガチンコ対決が始まる!!
  • はじめの一歩(79)
    495円(税込)
    暫定王者との東洋太平洋王者統一戦を控え、復帰戦に臨む宮田。1Rから試合の主導権を握り、最後は一歩への決別を込めた新型カウンターで勝利を飾る。しかし試合後、一歩の前にMr.サカグチが現れ、暫定王者には宮田のカウンターは通用しないと宣言。気になって調べた一歩は驚愕の事実を知ることとなる!!
  • はじめの一歩(80)
    495円(税込)
    ある日、鴨川ジムに鴨川会長が仙台・塚原ジムで傷害事件を起こしたと連絡が入った!あわてて仙台に駆けつけた八木と一歩。事件の原因は、塚原ジムの選手の試合で行われた八百長に会長が怒ってのこと。八百長を仕組んだのは比国王者、マルコム・ゲドー!一歩と鴨川はゲドー成敗を決意する!
  • はじめの一歩(81)
    495円(税込)
    ついに、一歩と“魔術師”マルコム・ゲドーの戦いが始まった!!八百長試合を繰り返すゲドーに怒りを燃やす一歩は試合開始早々、ダッシュと連打でゲドーを追い詰めダウンを奪う。一気に決めにかかる一歩だが、ゲドーは両腕を突き出すという謎の動きで一歩を迎撃!それこそは恐るべき“魔術”の始まりだった!!
  • はじめの一歩(82)
    495円(税込)
    苦戦続くマルコム・ゲドー戦!ゲドーが次々と繰り出す“魔術”によって完全に距離感を奪われた一歩は、成す術も無く追いつめられていく!!鴨川さえも打開策を見つけられず、敗戦の気配が濃くなっていくなか、ゲドーをずっと観察しつづけていた青木が、距離感を狂わす“魔術”のカラクリを解いた。それを伝え聞いた鴨川は、一歩に「ゲドーの時間を止めて来い」と指示。果たして反撃はなるのか!?
  • はじめの一歩(83)
    495円(税込)
    ついに一歩VS.マルコム・ゲドー戦も大詰め!!ゲドーの“腕が伸びる魔術”を破り、距離感を取り戻した一歩はゲドーに対し台風のような連打を浴びせる!倒れるかに見えたゲドーだが、ボクサーとしての誇りを取り戻し、一歩に真っ向勝負を挑む。心身ともに限界を超えて打ち合う二人!!果たして勝負の行方は!?
  • はじめの一歩(84)
    495円(税込)
    宮田の因縁の相手、ランディー・ボーイ・ジュニアのスパーリング・パートナーに選ばれた板垣。自分のMAXスピードで立ち向かうが、ランディーにいともたやすく捉えられノックダウンされてしまう。意識を取り戻した板垣が口にしたのは、宮田や自分のようなアウトボクサーにとってランディーは最悪の敵だという事実だった!
  • はじめの一歩(85)
    495円(税込)
    宿命の相手、ランディー・ボーイ・ジュニアとの試合が迫る宮田。しかし、直線系のパンチをさばくのが抜群に上手いランディーに勝つには新たにアッパー系のパンチを磨かねばならない。そんな宮田の前にアッパー系のパンチ“スマッシュ”を得意とする千堂が現れ、スパーを申し入れた!世界ランカー同士による実戦さながらのスパーの勝敗ははたして!?
  • はじめの一歩(86)
    495円(税込)
    父親たちから続く因縁を秘め、宮田とランディーの試合がついに始まった!!試合開始直後、両者は、凄まじい緊張感のなかにらみ合ったまま動かない。その緊張が頂点に達し、ランディーが先手を取ろうとした刹那、宮田が神速の踏み込みで距離を詰め必殺のカウンターを叩き込む!!
  • はじめの一歩(87)
    495円(税込)
    圧倒的な速度でランディーを翻弄し、最大の武器、JOLTブローのカウンターも叩き込んだ宮田。しかし、なお立ち上がったランディーは速度の落ちた宮田を左右のスウィッチで、かく乱!!そして、ついに強力無比なボディーブローが宮田に突き刺さった!!
  • はじめの一歩(88)
    495円(税込)
    宮田を襲うランディーの度重なるボディ・アタック!!宮田のアバラ骨は砕け、パンチにも力が入らない!速度も失って、ひたすらランディーの猛攻を耐え忍ぶ宮田!起死回生のカウンターを放つチャンスは訪れるのか!?
  • はじめの一歩(89)
    495円(税込)
    謹慎中だった間柴がついに復帰戦を迎える!!しかも、2階級あげていきなり東洋太平洋王座に挑戦するのだ。その前座に板垣が選ばれた。しかし、A級トーナメントで対戦するだろうライバルたちの存在が気になり集中できない。不安残るなか試合開始のゴングが鳴った!!
  • はじめの一歩(90)
    495円(税込)
    一歩の次の対戦相手ウォーリーは、野生の猿とともに駆ける驚異の身体能力を持つ男!その攻略のため俊敏なウォーリーをコーナーに追い詰める練習を積む一歩だったが、そこへウォーリーとスパーをしたヴォルグから『コーナーこそウォーリーの活路』と警告が届く!言葉の謎は解けぬまま試合のゴングがなった!!
  • はじめの一歩(91)
    495円(税込)
    天性の才を見せ始めたウォーリーは変幻自在な攻撃で一歩の攻撃を易々かわし、スマッシュやフリッカーなど多彩な攻撃を繰り出し一歩を苦しめる!!だが一歩も負けてはいない。被弾しながらも重圧をかけウォーリーを追いかけ続け、ついに赤コーナーへと追い詰めた!!コーナーで起こるのは逆転劇か!?それとも‥‥!?
  • はじめの一歩(92)
    495円(税込)
    攻撃態勢となったウォーリーが無数のパンチを放ち一歩を翻弄!!いつ倒れてもおかしくない状態の一歩だったが、鴨川会長の言いつけを守り、愚直に弱々しいボディーブローを打ち続ける。試合は7Rに及び、ついに決着がつくかと思われた時、ウォーリーに異変が起こった‥‥!!
  • はじめの一歩(93)
    495円(税込)
    突如、失速したウォーリーに一歩の強打が炸裂!からくもコーナーに戻ったウォーリーの腹には、一歩が打ち続けた拳の跡がくっきりと刻まれていた。それこそ一歩が鴨川より受け継ぎし鉄拳がウォーリーの腹を打ち抜いた証し。このチャンスに勝負を決すべく一歩は最強の武器の封印を解く!!
  • はじめの一歩(94)
    495円(税込)
    板垣と唐沢のハイスピード・バトルがつづく!速度で上まわり唐沢を翻弄する板垣は、KOを狙いジョルトの右クロスカウンターを放つ!‥‥だが次の瞬間、倒れていたのは板垣自身だった!それは唐沢が板垣に仕組んだ巧妙な罠!!そのカラクリが分からぬまま劣勢となった板垣に逆転の道はあるのか!?
  • はじめの一歩(95)
    495円(税込)
    一歩の次の試合が決まった!相手は元ライト級の小島寿人。ライト級でも飛び抜けたハードパンチャーで知られた男だ。一歩の大ファンで、必死に後輩ボクサーの応援をする気持ちのいい男‥‥のはずだが、一歩と対面した小島は挑発的な言葉で一歩を怒らせる。果たして小島の真意は!?そして小島が語る一歩の弱点とは!?
  • はじめの一歩(96)
    495円(税込)
    小島と一歩の試合が近づく。度重なる小島からの挑発に心を乱す一歩だったが、鷹村からの「王者として戦え」というアドバイスと鴨川会長の指導で落ち着きを取り戻し、練習に打ち込む。だが、迎えた計量の日、小島が一歩に放ったのは言ってはならない禁断の言葉だった。抑えきれぬ激しい怒りを抱え、一歩はリングに上がる!!
  • はじめの一歩(97)
    495円(税込)
    ついに始まった一歩vs.小島の一戦!だが、ゴングが鳴っても両者は微動だにしない。観客の困惑をよそに一歩は拳に満身の力をため続ける。一方、小島は一歩が放つ威圧感にたえながらカウンターの好機を待ち受ける。異様な緊張が会場に満ち、その緊張が頂点に達した時、一歩が小島へ向けて地を蹴った!!
  • はじめの一歩(98)
    495円(税込)
    青木、木村、板垣のA級トーナメント次戦がはじまる!最後のA級トーナメントと心に決め試合にのぞむ木村。意外な弱点が判明するも意気軒昂な青木。そして鴨川軍団の一番手、板垣はスピードスター冴木と国内最速をかけ試合開始!
  • はじめの一歩(99)
    495円(税込)
    恐るべき速度で動き回る板垣と冴木。無数の左を交わすも両者ことごとく避ける!第1Rを終え実力は互角に見えたが、冴木は右腕を使っていなかった!!第2R、怒る板垣を冴木は巧みな攻防で迎撃。リング上の空間を制圧し始める!!
  • はじめの一歩(100)
    トーナメントフェザー級決勝戦・板垣VS.冴木の新旧スピードキング対決も、いよいよ佳境。心の中でしりとりをしながらの予測不能な動きで、板垣は冴木を逆に追い詰めはじめ……!?さらに、木村・青木のA級トーナメント決勝戦も波乱の展開に!?
  • はじめの一歩(101)
    伊賀との試合で重傷を負った青木!その姿を見て木村も真剣に引退を考え始める。二人が出した結論とは?そして、一歩にはメキシコの強豪との対戦が舞い込んだ。リカルド・マルチネスとの対戦を目指し、一歩は世界へと足を踏み入れる!
  • はじめの一歩(102)
    足を止めての接近戦や変幻自在の左「飛燕」!多彩なスタイルと武器で王者に立ち向かうヴォルグ!だが、王者はことごとく、その上をいき裏をかく!!一級品のボクサー二人の戦いは、いつしか達人同士が交わすチェスのような緊張極まる頭脳戦に!
  • はじめの一歩(103)
    ヴォルグが最期の攻撃を期した6Rの鐘が鳴る。『飛燕』を囮に放った『白い牙』は王者の防御に阻まれた。逆にボディを打たれたヴォルグは満身創痍!それでもヴォルグの歩みは止まらない。伏線のすえ再び放たれた狼の牙は、王者の喉元へ!!
  • はじめの一歩(104)
    一歩の相手、ゴンザレスは世界2位にして、リカルド・マルチネスに匹敵する正確無比な左を持つ男。さらに、マルチネスから受け継いだメキシコ男の誇り、“マチスモ”を胸に秘める!!一歩もひたむきに厳しい練習を積み、計量の日を迎えた。勝つのは“マチスモ”か、愚直か!?必要なのは勝つための意志!!
  • はじめの一歩(105)
    ついに一歩の世界前哨戦がはじまる!!その大一番の前に、板垣と今井によるフェザー級王座決定戦が開始。ともに一歩の後継にならんとする宿敵同士だが、事前の予想は圧倒的に板垣有利!!高まる緊張のなかゴングが鳴らされた直後、衝撃の展開に会場全体が息を呑む‥‥!!
  • はじめの一歩(106)
    絶対的王者マルチネスへの挑戦をかけた世界前哨戦が開幕。開始早々、ゴンザレスは長く鋭い左で一歩を突き放すも、一歩は過去の経験を頼りにゴンザレスの懐に潜り込む。攻防は互角に見えたがゴンザレスはすでに周到な罠を用意していた!!
  • はじめの一歩(107)
    得意の至近距離でゴンザレスと打ち合う一歩!世界への手応えを感じ第3Rも踏みこむが、待っていたのはゴンザレスからの痛恨の一撃だった!世界への手応えも、すべてはゴンザレスの巧妙なる罠!予期すらしなかった被弾に意識を断たれ、一歩はマットに倒れ伏す‥‥!!
  • はじめの一歩(108)
    本性を現したゴンザレスは様式・死神<モード・ミキストリ>を発動!対する一歩も必殺のデンプシー・ロールを解禁し真っ向勝負を挑む!!しかし、その切り札さえも、ゴンザレスには通用しなかった!!万策尽きたかと思われた一歩だが、鴨川からの一声に覚悟を決め、超至近距離での危険な打ち合いを開始する‥‥!!
  • はじめの一歩(109)
    一歩の覚悟と気迫が、ゴンザレスを超至近距離での乱打戦へと引きずり込む!死力を尽くした壮絶な打ち合いは、どちらに転んでも不思議ではない!!互いの意地をかけ、放たれる最後の拳!死闘の果てに、衝撃的な結末が待っていた‥‥!!
  • はじめの一歩(110)
    鷹村が挑む、WBA・WBC世界ミドル級王座統一戦の日がついにやってきた!その歴史的な試合の前座を務めるのは、間柴と千堂の犬猿コンビ。試合を目前にした控え室で、彼らが巻き起こした前代未聞のトラブルとは‥‥!?
  • はじめの一歩(111)
    俊敏な狩人・ナーゴをついに追い詰めた手負いの虎・千堂。しかし、そこには危険な罠が待ち構えていた!果たして勝敗の行方は!?そして残すはメインイベント!王者と王者、世界頂上決戦の火蓋が切られる‥‥!!
  • はじめの一歩(112)
    徐々にキレを増し、バイソンとも互角に渡り合えるほどになった鷹村のフリッカー!!しかし、鷹村の狙いはその先にあった!待ち望んだ瞬間が、ついに訪れる‥‥!!会場騒然の、その“一撃”とは‥‥!?
  • はじめの一歩(113)
    バイソンのフリッカーを封じ、ベルトの統一という偉業達成にリーチをかけた鷹村。しかし、突然の変調で、もらうはずのないパンチを何度も被弾!一転、窮地に追い込まれ、ついに鴨川が覚悟のタオルを握る!!世界頂上決戦を制するのは‥‥!?
  • はじめの一歩(114)
    ゴンザレス戦での一歩の敗戦によって、一つの目標を喪失した宮田と千堂。一歩のライバルたちが今、拳の先に見据える相手とは──。そして、一歩の先輩である青木と木村もまた、復帰戦を控え、岐路に立とうとしていた‥‥!!
  • はじめの一歩(115)
    復帰戦に挑む、木村と青木。木村はベテランらしい老獪な戦術で攻勢に出るが‥‥!?一方、新たな必殺ブローを引っ提げ、リングに上がった青木。一歩をも驚愕させた新型「ベルツノ」の正体とは!?奇想天外な攻撃に会場騒然‥‥!?
  • はじめの一歩(116)
    鴨川会長とのマンツーマンの特訓によって、一歩の新型デンプシー・ロールは徐々に完成に近づきつつあった。鴨川も確かな手応えを感じ、新型の威力を確かめるべくスパーリングに臨む一歩!しかし、そこには意外な結末が‥‥!?
  • はじめの一歩(117)
    ボクシングから離れて一か月‥‥いよいよ一歩が動き出す!!会長からの厳命によって、ボクシングのトレーニングを禁じられた一歩が、また一つ成長を遂げ鴨川ジムに帰って来た!しかし、パンチドランカー疑惑は残ったまま‥‥。一歩は再びリングに上がることができるのか‥‥!?
  • はじめの一歩(118)
    鷹村の王座防衛戦とともに、ついに一歩の再起戦のカードが決まった!相手は一歩が初の経験となる、左利き(サウスポー)の若きフィリピン王者!一歩は経験のある板垣から、左利き対策の手解きを受け試合に臨む!!新型のお披露目となるか‥‥!?
  • はじめの一歩(119)
    ついにゴングが鳴った、一歩の復帰戦!鍛錬で培ったダッシュ力を活かし、ゲバラの懐に果敢に飛び込む一歩!その圧力は、フィリピン王者を絶望の淵へと追い込む!垣間見える“新型”の片鱗!剛腕が今にもゲバラを捉えそうだが‥‥!?
  • はじめの一歩(120)
    一歩対ゲバラ、クライマックス!一緒に作り上げた新型デンプシーロールを会長に見せるんだ!再起をかけた試合で、絶対の目標を自らに課した一歩。不慣れな左利きの相手に苦戦を強いられるも、チャンスを見出しダウンを奪った。しかし、ゲバラも負けじと一歩に決定打を浴びせる。両者譲らぬ打ち合いは‥‥予想外の結末を迎える!!
  • はじめの一歩(121)
    再起戦に臨んだ一歩は、ゲバラのカウンターの前に壮絶なダウンを喫する。これまでと違う身体と感覚。パンチドランカーの診断はまぬがれたものの、自分を心配してくれる母や久美ちゃんを振り返り、一歩はボクシングを離れる決断をする!
  • はじめの一歩(122)
    ボクシングを引退した一歩だが、鴨川会長の入院もあり、木村のセコンドを引き受けることに。そのセコンドデビュー当日、前の試合のリングに立つのは、かつて一歩と戦った天才・速水龍一。いまだ夢を追う「戦友」を、一歩は心の底から応援するが、待っていたのは悲しい現実だった。一方、練習を積み重ね、万全の態勢で初セコンドに挑んだ一歩だったが、なぜか会場内は笑いの渦に包まれる‥‥
  • はじめの一歩(123)
    宮田の8度目の王座防衛戦を観戦する一歩だが、意外にも宮田は大苦戦。それは、ずっと対戦を渇望していたライバル・一歩の不在のせいなのか?対して、セコンドとして日々を送る一歩の前に弟子入り志願者が現れた。それは、以前テルという少年をいじめていた「泰平」という不良。一歩は、かつて自分も挑戦した木の葉掴みを彼に課すのだが‥‥。幕之内一歩の新章が開幕する!
  • はじめの一歩(124)
    人外の境界線。その先へ消える宮田──。一歩の弟子となった泰平は、まじめに練習を続けていたが、それはケンカに勝つためだった!予想もしなかった裏切りを経験した一歩の前に、突然現れた宮田一郎。彼は一歩に対し、お前はパンチドランカーなのかと問うが‥‥。
  • はじめの一歩(125)
    ライト級日本人最強を決める死神・間柴VS.新星・伊賀戦。見つめる一歩は何を思う!?東洋太平洋ライト級王者の間柴了と日本ライト級王者・伊賀忍のタイトルマッチ。死神の鎌に対し、栗田トレーナーの指令通りに「3つの弱点」を攻める新星。激戦が予想された試合は、意外な決着に!!
  • はじめの一歩(126)
    鷹村VS.ゴートのミドル級世界タイトルマッチ。この試合で一歩が掴みかけた“左”の本質とは!?WBA・WBC世界ミドル級統一王座防衛戦──。鷹村と実力者ゴートとの攻防を通じて、一歩は「左の使い方」の深淵に近づく。一方、絶対王者への挑戦権を求め、浪速の虎・千堂武士も動き出した!
  • はじめの一歩(127)
    強いってなんだろう!?一歩が希求する答えは──。“死神(ミキストリ)”ゴンザレスとの試合を求めてメキシコに旅立った千堂武士が、伝説の王者リカルド・マルチネスとのスパーで奇跡のダウンを奪う。そして千堂、ゴンザレス、マルチネスが口にする一歩の名‥‥。再び一歩を中心に、運命の輪はまわり始める──。
  • はじめの一歩(128)
    一歩がチーフセコンドに就いた木村の試合。減量苦でフラフラの木村のため、一歩が考えた秘策、無謀とも思える「1RKO作戦」は成功するのか!?そして「勉強のため」という会長の指示で一歩は急遽メキシコへ飛ぶ、待っているのは千堂vs.ゴンザレス戦──。そこで一歩が見、掴み、学ぶものはなにか──!?
  • はじめの一歩(129)
    世界ランク2位ゴンザレスと3位千堂の激闘。冷静に戦うゴンザレスの本性を引きずり出しにかかる千堂にゴンザレスが見せた剥き出しの力。死力を尽くす打ち合いに観衆は大興奮し敵も味方も一つになって酔いしれる。メキシコ、熱帯夜の死闘の行方は!?
  • はじめの一歩(130)
    ゴンザレスvs.千堂戦の余韻醒めやらぬまま始まったWBAフェザー級世界王者リカルド・マルチネスvs.元WBCフェザー級世界王者ビリー・マッカラム戦。世界タイトルマッチにして事実上の王座統一戦の結末は……一歩は目撃する、神の闘いを、ボクシングの真髄を。その後東京に帰った一歩。見識を深めた一歩が知った、あるチャレンジ……!!
  • はじめの一歩(131)
    三階級制覇を目指し、S・ミドル級世界王者キース・ドラゴンに挑戦する鷹村。「なんでも叶い、手に入る」と豪語するキースに対し、鷹村は対戦決定以降なぜか縁起が悪いことが続いていた。一方キースには、来日にあたりもう一つ別の目的があった、それは‥‥。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

はじめの一歩 に関連する特集・キャンペーン