敗戦真相記 予告されていた平成日本の没落

敗戦真相記 予告されていた平成日本の没落

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

官栄えて 国滅ぶ 無気力国家ニッポン 昭和二十年九月、魂の講演録が提示する日本再生策。今蘇る異色経済人・永野護のメッセージ 日本はまた闘えるのだ!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
バジリコ
ページ数
192ページ
電子版発売日
2011年11月25日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

敗戦真相記 予告されていた平成日本の没落 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年08月16日

    終戦記念日なので読んでみました。
    戦争の事情や敗因を鋭くまとめており、何よりも、これが終戦の1ヶ月後の公演の中身であることに驚かされました。
    わかっている人はわかっていたけれど、止められなかったんですね。
    書かれている敗因は、今も変わらぬことばかり。
    自分自身がそうならぬよう、また少しでも周りを巻き...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月23日

    これだけ的確な分析をしている事に驚きを隠せない。恥ずかしながら、この方のことを知りませんでした。これらの事実は、戦争の歴史と共に知るべきである。
    日本が置かれた状況を何も知らず、精神論だけで戦うなんて、嗚呼何と愚かなことよ。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年12月09日

    昭和二十年九月といえば敗戦後一ヶ月にすぎず。その敗戦直後に、これほど的確に日本の敗因を指摘した人がいたとは驚いた。

    一部為政者の独善的思考と、多くの国民の無気力無関心、議会の軽視が国家を危機に追い込むとすれば、今の日本が置かれているのも危機的状況なのに違いない。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています