創られた「日本の心」神話~「演歌」をめぐる戦後大衆音楽史~

創られた「日本の心」神話~「演歌」をめぐる戦後大衆音楽史~

作者名 :
通常価格 628円 (571円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品は、Android端末と、他のOS端末の間でしおり同期ができません。

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「目からウロコ」「衝撃的」「出色」と各界から絶賛の嵐!2011年度サントリー学芸賞受賞!(芸術・文学部門)。2011年度国際ポピュラー音楽学会賞(非英語部門)受賞、2011年新書大賞10位。明治・大正期の自由民権運動の中で現れ、昭和初期に衰退した「演歌」。これが60年代後半に別な文脈で復興し、「真正な日本の文化」とみなされるようになった過程と意味を、膨大な資料と具体例をもとに解き明かす。【光文社新書】

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社新書
電子版発売日
2011年11月18日
コンテンツ形式
.book
サイズ(目安)
3MB

関連タグ:

創られた「日本の心」神話~「演歌」をめぐる戦後大衆音楽史~ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年11月12日

    そもそも「演歌の定義は?」と言われると、私も前からはっきりしないなと思っていた。
    例1:河島英五の「酒と泪と男と女」は演歌なのか?
    演歌の歌詞の要素として誰からも異論は出ないだろう「酒」「泪」「男と女」が凝縮され、タイトルから見たらこれこそ「ザ・演歌」なのに、この歌を「演歌」に分類するのにおさまりの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月18日

    これはむちゃくちゃ面白い。痛快といってよいかもしれない。「演歌」といえば「日本の心」という言説が、いかに虚構であるかをこれでもかと明らかにしてくれる。「日本の心としての演歌」とは、1960年代以降の反体制思潮を背景に、それ以前のレコード歌謡にあった「やくざ」「夜の蝶」といったアウトロー的要素と「下層...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年02月18日

    「演歌」の常識にかなり挑戦的。そして従来抱いていた「なぜ演歌はつまらないか」「規格的か」「美空ひばりは演歌か」「『頑張って歌って練習して下さいね』という訴求とは何だ」といった疑問・批判について、大変示唆に富むものだった。これは本当におもしろい本。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年02月08日

    非常に丁寧に書かれた本という印象。こういう主題の本の場合、著者の問題設定にそって資料を引いてきているようなものが多い中で誠実な印象を受けます。
    一点惜しまれるのは、参考文献から「学術論文」を排除している(と但し書きあり)のために、おそらく間違いなく参考にしていると思われる(文中にも出てきます)アドル...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年10月16日

    「演歌は日本の心」論には何となく違和感を感じてきましたが、そうと言って簡単に肯定も否定も出ない。
    あとがきにもあるようにこれが結論ですね(^^;)

    まあ、我々が「日本の伝統や日本的」に思ってる事って案外ここ数十年~百年くらいの歴史に過ぎない。ってえのも結構あるようですし・・・。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月19日

    「演歌」は昭和40年代になって成立した歌謡曲の一分野であった。演歌の歌い方には芸者歌や、いわゆる声楽系の歌唱法、ジャズなどさまざまな要素が取り入れられていて、民謡や浪曲などの要素はむしろ後付けであった。いわゆる「日本の心」を歌うものとしての演歌の意味づけは、昭和40年代に小説家・五木寛之とディレクタ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月25日

    演歌=日本的な歌。

     誰もがそう思っているようだがでは果たして演歌とはどのように生まれたのだろうか?

     明治・大正期に生まれたという「演歌」との関連は?

    という本

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年12月31日

    演歌は日本の心なのかを歌謡史を追いながらあぶり出していく。
    演歌の女王美空ひばりは本当に演歌の女王なのか。ある時点で評価が一転する。面白いです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年10月17日

    自分の子どもの頃、1960年代前半、流行歌はあったが演歌はなかった。

    少し時代は下って、「津軽海峡冬景色」を歌った頃の石川さゆりはドレス姿だった。

    演歌歌手の着物姿が定着したのと演歌というジャンルが確立したのは同じ頃ではないか?
    その誕生の時点ですでに演歌は形骸化し力を失っていたのではないか?
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月22日

    「演歌」をめぐる戦後大衆音楽史。明治の自由民権運動の中で現れ、昭和初期に衰退し、やがて「日本の心」、「真正な日本の文化」とみなされるようになった過程と意味を論じる。「演歌」は「日本の心」か?

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています