男のためいき女の寝息

男のためいき女の寝息

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

人生の哀歓、人情の機微が滲む名エッセイ。男たちの惑いとあきらめ、女たちの怒りと秘かな夢が交錯する。わかっているようでも、わかっていない男と女の奥深い関係。悪友たちから「オマエは男のくせに、どうして女の肩ばかり持つんだ」といわれ続けた著者が、図らずも自分を語りつつ綴った雨彦流が冴える。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
電子版発売日
2011年11月04日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

男のためいき女の寝息 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    杉浦:追悼の意味で、青木雨彦さんの『男のためいき女の寝息』(講談社文庫)を。
    佐高:青木さんて、女のひとのこと大事にした人だったよね。
    杉浦:いつも怒って、真っ赤に酔っぱらっていらして……。
    佐高:素面で生きてられるか、っていう気持ちだったのかもしれないね。
    「『文庫』の大航海。」(杉浦日向子+佐高...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています