性愛英語の基礎知識

性愛英語の基礎知識

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

性愛に関する英語表現には、アメリカの文化が如実に反映している。「デートする」とは具体的に何を指すのか。なぜ正常位が「宣教師の体位」と呼ばれるのか。「ティーバッグする」とは何のことか……。その様は、滑稽で、エッチで、時に愛おしい。英語表現でたどるアメリカ恋愛模様。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮新書
ページ数
187ページ
電子版発売日
2011年10月21日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

性愛英語の基礎知識 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年12月08日

    表題が過度に catchy で、連載の題の「恋愛単語で知るアメリカ」が穏当なところ。
    時代の要求により significant other など新たな表現が生み出されたことも感じられ、米文化の一端を知るために興味深い。
    コラムにあった He's just not that into you...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月24日

    英語に関する読み物というよりは、アメリカの文化、とりわけ恋愛の文化に関する読み物であり、その点はタイトルのニュアンスはちょっと難しいかもしれない。
    しかし、現実的にアメリカ人の若者〜中年の恋愛がどのような形をとるのかということを真面目に書いた文献は貴重であり、筆者の経験も読者の参考となるように書いて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月09日

    ちょっと買うのが恥ずかしいタイトルだが、お気楽な英語学習の読本と思えば笑って楽しめる本。著者はアメリカ生活が長かったので、人種や性癖による言い方の違いなどを分かりやすく説明してくれる内容も興味深い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月30日

    タイトルからしてエロな本かと思われますが、エロ関連は5章「ベッドの中のあれこれ」のみで、全体としては恋愛関連の英語表現の解説です。アメリカ人の恋愛に対する価値観が分かります。
    読み物として楽しめると思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月01日

    恋愛や性にまつわる英語表現について、読者の興味を引く事例などを引きながら解説がなされており、コラムのような感覚で読める本です。

    オンライン・デーティングにまつわるさまざまな事例など、日本とアメリカの文化の違いについて紹介している箇所は、楽しんで読むことができました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月04日

    アメリカでは恋人たちはどういう言葉を使って会話するか、という観点から恋愛単語を各トピックに挙げ、アメリカ文化やアメリカ人の恋愛観を紹介した作品。
    日本語と比べると、恋愛に関する単語の量の多いこと。2人の関係のレベルや、恋愛に対する考え方・態度、異性を形容する言葉などなど。恋愛を感情的なものだけでなく...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月11日

     ハワイ大学でアメリカ文化を教える著者が、性愛にまつわる様々な表現(品定めをする、真剣に交際する、誘い文句と別れの言葉、セックスの表現など)を紹介しながら、その表現に現れるアメリカにおける恋愛の諸相を描いたもの。
     英語についても、文化についても、色々知らないことが知れたのが良かった。例えば、「今交...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年11月20日

    ほとんど使う機会がなさそうな英語ばかりだが、雑学の読み物として考えれば、なかなか切り口が面白いと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています