身代わり伯爵の告白

身代わり伯爵の告白

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

双子の兄・フレッドが行方不明になり、ミレーユはフレッドの『身代わり』として、『ミレーユ姫』のフリをする事に!! はじめは奇天烈なお姫様を演じていたが、大公の卑劣な行為にブチ切れ、ついに地を出し、大公の下に殴り込みをかける。だが待ちかまえていた大公に結婚契約を持ちかけられてしまい!? かくして身代わり伯爵の婚姻を賭けた駆け引きが始まる!! 第五師団にミレーユの正体もばれて──!? 急展開の第9弾!!

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川ビーンズ文庫
電子版発売日
2012年08月03日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

身代わり伯爵の告白 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2010年05月30日

    怒涛の展開! そして、全くミレーユのことに気付かなかった面々にも笑わせて頂きましたが(女を見る目がなさすぎる!)、何よりもリヒャルトのテンパりっぷりが……!! 悶える!(笑) フレッドも素敵。でも……暗示に関しては、ちょっとツッコミどころが満載に思えたんですけど……私が読み飛ばしただけ?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年12月19日

    私の年齢で読んでもいいのとても迷うものでしたが、読み始めたら一気に全巻読んでしまいました。
    とにかく、二人のせつない思いと相手を思う強い気持ちに引き込まれていきました。
    はやく続きが読みたいところです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年12月08日

    ミレーユに男気…いや、侠気がありすぎて笑った。身代わりの身代わりで花嫁役に納まったのも、大公に殴り込みかけるのも。
    それでも普通の女の子、って感じなラストの方の夢もいい。ラストがいやーな終わり方だから、次巻でリヒャルトがどう未来の奥様を取り戻すのかも楽しみです。
    第五師団の面々に、ミシェル=未来の大...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月21日

    今回も面白かった!ミレーユがどんどん可愛くて、応援したくなります。そしてフレッドもいい。色んな意味でいい。続き早く出てほしいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月21日

    ミレーユって結構頭が回る子なんだなぁ…。
    どこぞのウォルター伯じゃないですけれど、ただの猪突猛進がとりえの下町娘ではないのですね。

    ミレーユの印象が、ここまで来てやっと変わったのは、彼女が自分の恋心を自覚し始めたからなのではないかと思います。
    恋をすると女性は美しくなるといいますが、ミレーユの場合...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年02月12日

    恋心を自覚したミレーユがリヒャルトのために、敵の中枢シアラン王宮に単身残ったりと健気で可愛いです。
    そんなミレーユだから、リヒャルトも余計に引き付けられるというのがよくわかります。
    ウォルター伯爵や、オズワルトなどヤバげな人々に囲まれて、最後には暗示までかけられるという最悪の展開。でも本気になったフ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月18日

    シリーズ通してパワフルです。
    ラブあり、アクションあり陰謀ありですよ。本をよんで、おもしろっかた、と、気持ちよく読み終えることができます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    いよっ!カミングアウト、待ってましたー。
    予想通りの団長達の反応についニヤリとさせられます。
    リヒャルト大公位奪回劇に相対する大ボスは結局誰なのか。
    謎とき要素も深まってきて、物語はいよいよ佳境です。
    次巻でシアラン編完結って、うわあ、あとまだ数ヶ月待つのかあ。
    しんどいなー。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月28日

    いなくなった『自分』の代わりをする事になった自分。
    ここだけ聞くと、ものすごく妙な感じですが
    この『自分像』を貫くのは、かなり大変かと。

    まだまだ勘違いをしている所に投げ込まれた真実。
    阿鼻叫喚具合がものすごく面白かったです。
    ここまでばれていないのは…いっそ才能?w
    とりあえず、団長の女の見る目...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月30日

    双子の兄フレッドが行方不明になり、アンジェリカとユーシスと相談した結果ミレーユがフレッドの身代わりとして「ミレーユ姫」のフリをすることに。奇天烈なお姫様を演じるものの、ついに我慢できず地が出たミレーユは、大公に殴りこみをかけるが逆に結婚契約を持ちかけられてしまう。リヒャルトのために婚約のしるしとして...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています